ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

SFの世界での話なので、その話に賛同して頂ける方の意見を募ります。
もし、現在米国が保有する最新鋭のニミッツ級の原子力空母、例えば「ロナルドレーガン」で、艦載機はFA18ではなく、垂直離着陸が可能なF35B、その他の哨戒機などは現状のままが一艘、加えて原子力潜水艦一艘、イージス艦一艘の体制を第二次大戦時の日本帝国海軍が保有しており、その他の戦力は陸軍も含め何も無かったと仮定した場合(核兵器は除く)、戦局はどうなっていたでしょうか?
映画の世界で言う「戦国自衛隊」に似た世界です。
あくまで空論の話なので、「バカバカしい」と思われる方が大多数だとは思いますが。
私の見解は、恐らくこの3艘体制があれば米国に対して圧倒的に米軍に優位に立ち、広島や長崎に原爆が投下される事もなく、日本が優位な立場で講話の道に進めたと思います。但し、軍国主義国家の道を突き進み、今のような平和は無かったとは思いますが。

A 回答 (3件)

こんにちは。



こういう話は最近架空戦記ものでよく見かけますが、それはそれとして私見を申し上げますと。
結果として、連合軍にかなりの損害は与えるものの、戦力がそれだけですと最終的には負けるでしょう。
理由としては以下の三点があげられます。
まず、それだけの兵力では、複数の場所に同時に展開できない。ということは、連合軍が太平洋の複数の戦線で作戦を開始した場合には当然ながら対応できないでしょう。
また局所的な戦闘でも、現代の兵器と太平洋戦争当時の兵器の性能差は歴然だとはいえ、米軍は昔も今も物量で押してきますので、消耗戦となった場合には性能的には圧倒的に有利でも数隻の戦力では徐々に押し込まれていくのではないかと思います。戦国自衛隊などはまさにそのような展開でしたよね^^;。
また、陸上兵力を全く伴わない戦力では、「占領」が出来ません。ということは太平洋島嶼部は、全て連合軍に押さえられてしまいますよね。そうなるとこのプチ機動部隊(この三隻は基本セットで運用せざるを得ないと思います)は、補給のためには必ず本土に帰港することになります。その間、太平洋全域は完全無防備・・ではやはり勝てませんよね^^;。

お役に立てば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。やはり物量ですかね。山本五十六が当時の政府に進言したように、物量では叶わないので、短期決戦で優位に立ち、講話を仕掛けるしか無かったのでしょうね。

お礼日時:2017/09/26 23:05

>第二次大戦時の日本帝国海軍が保有しており、その他の戦力は陸軍も含め何も無かったと仮定した場合(核兵器は除く)、



これは、核兵器は持ってたとの仮定ですか?
燃料、弾薬、保守設備の存否は?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。核兵器については、持っていなかったとの仮定です。燃料は原子力ですので補給は基本無しで、弾薬や保守設備については、当時のもので賄うとの前提です。

お礼日時:2017/09/26 22:49

第二次対戦中の記録をいろいろ読むと、情報戦や駆け引きでも様々な落ち度が日本側にあったことに気づかされます。



あなたの仮定をバカバカしいとは思いませんが、保持戦力で優位に立つだけで講和を優位に進めることができたとは思えません。

当時、軍国主義国家だった日本は様々な矛盾や非合理な作戦を常としていました。あなたの仮定下でさえ、破滅への道を突き進むのが目に浮かんでしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。私も同感です。山本五十六は、その事を十分に理解していたからこそ、最後まで米国との戦争に反対していたと思います。

お礼日時:2017/09/26 22:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング