統計の公式なのですが数学音痴の僕には全く分かりません。

n個の物からr個を取る組み合わせ=n!/r!(n-r)!
 
上の式の意味はどういう意味なのでしょうか?
そしてこの公式を使って、
「A,B,C,D,Eの5個から3個を取る組み合わせの数を求めなさい。」という問題があって、答えは10らしいのですが、どうして10
なのかも分かりません。どなたか教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

順列組み合わせですネ



nCr =n!/r!(n-r)!

n個から任意のr個を取り出す方法の数です。

n=5
r=3

5C3 = 5!/3!(5-3)!
=5*4*3*2*1/3*2*1*2*1
=10
です。
これを並べて見ますと次のようになるでしょうか?

ABC
ABD
ABE
ACD
ACE
ADE
BCD
BCE
BDE
CDE

このように並べて調べるのも大変です。
そこで、上のような公式があります。この公式の導き方は高校の数学の教科書に書いてあるでしょう。それを参考にして下さい。
    • good
    • 0

5個から1個目をとるのは、5通り。


残り4個からもう1個取るのは、4通り。
残り3個からさらに1個取るのは、3通り。
ひっくるめて、5×4×3=60通り。
ここまでが取る順番を考慮した場合の数、
「順列」です。
n!/(n-r)! の部分です。

5×4×3を
(5×4×3×2×1)/(2×1)
と表しているのです。


「組み合わせ」は順序を無視した場合の
数ですから、3個のものの並べ方の数で
順列の数を割ってやればいいわけです。
3個の並べ方は3×2×1=6通り
これはr!の部分です。

最終的な答えは60/6=10通りとなります。
公式としては n!/r!(n-r)! です。
    • good
    • 0

!は、階乗の記号です。

階乗は、その数を含めて1までの数を順に掛け合わせた
ものです。

例えば、5! は 5×4×3×2×1 です。

> 「A,B,C,D,Eの5個から3個を取る組み合わせの数を求めなさい。」

を、公式にそのまま当てはめます。n=5、r=3 です。

    5!
 ─────────
 3! (5-3)!

   5!
=─────
 3! 2!

 5×4×3×2×1
=────────────
 3×2×1 × 2×1

約分して

 5×4
=────
 2×1

=10

となります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10^nの正の約数を小さい順に並べ、a1 a2,,,,,,,af(n)

10^nの正の約数を小さい順に並べ、a1 a2,,,,,,,af(n)とします。これらの約数の10を底数とする対数をとり、さらにそれらの和を計算したとき、2010を超えるのは、nがいくつのときでしょうか

Aベストアンサー

10^n=2^n*5^n
なので、10^nの約数は、
2^i*5^j (i=0,1,2,・・・,n、j=0,1,2,・・・,n)

それら約数の対数の和Sは、
S=Σ[i=0~n]Σ[j=0~n]log(2^i*5^j)
=Σ[i=0~n]Σ[j=0~n]{i*log2+j*log5)}
=(Σ[i=0~n]Σ[j=0~n]i*log2)+(Σ[i=0~n]Σ[j=0~n]j*log5)
=(n(n+1)^2*log2/2)+(n(n+1)^2*log5/2)
=n(n+1)^2(log2+log5)/2
=n(n+1)^2/2

n=15のとき、S=1920
n=16のとき、S=2312
より、求めるnは
n=16

QR^∞とR^NとR^ωと∪[n=1,∞]R^nの違いは?

1次元空間をR、
2次元空間をR^2とします。

それを続けて、先にある空間を考えたいとします。
そのとき、

R^∞とR^NとR^ωと∪[n=1,∞]R^nの違いはなんですか?

たしか微妙な違いがあったと思いますが、整理できていないので、ご教示ください。

Aベストアンサー

> R^∞とR^NとR^ωと∪[n=1,∞]R^nの違いはなんですか?

記号は分野によっても使い方に違いがある場合があるので、それぞれの具体的な定義を書き下してください。
ついでに、自分で具体的な定義を書き下せば、それらの違いは明白になると思います。

Q数列 0,r,2r^2,……,kr^k,…… の初項から第n項までの和

数列 0,r,2r^2,……,kr^k,…… の初項から第n項までの和 Sn を求めよ。

という問題で、一般項 an=(n-1)r^n-1 になると考え

初項 (n-1) 公比 r なので

Sn = (n-1)(1-r^n)/(1-r)

になると考えたのですが答えは全く違っていました。

根本的に考え方が間違っていると思うのですが、どこが悪いのか分かりません。
どなたか詳しく教えていただけますでしょうか。

問題と答えは↓にあります(一番最後の問題です)
http://www.kwansei.ac.jp/hs/z90010/sugakua/suuretu/touhisum/touhisum.htm

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>最初の(n-1)が初項の等比数列だと思っていましたが、
>これは、定数ではないので等比数列ではないと言う考えで良いのでしょうか?

 等比数列というのは、隣り合う項の比が一定(nによらない)だと言うことです。

 ここで具体的にその比を計算してみます。

a_n/a_(n-1) ={(n-1)r^(n-1)}/[(n-2)r^(n-2) =(n-1)/(n-2) r

 すると、隣り合う項の比にnが含まれ、一定ではありません。
 従って、数列{an}は等比数列ではありません。

 解法については、質問に貼られた問題サイトに良い解説が掲載されていますね。

Q数列{a_n}、{b_n}が、a_n=s^n, b_n=r^n(n=1

数列{a_n}、{b_n}が、a_n=s^n, b_n=r^n(n=1,2,3,,) 0<s<r<1 で与えられている時、
Σ∞_(n=1) a_(n)b_(n) = 1/3 , Σ∞_(n=1) a_(n)/b_(n) = 3
を満たすとする。この時、s+rの値を求めよ

Aベストアンサー

  a[n] = s^n
  b[n] = r^n
より、
  a[n]*b[n] = (s*r)^n
  a[n]/b[n] = (s/r)^n
もまた等比数列となる。

等比数列の和の極限は公式により求められるから、
  Σ[n=1~∞]{a[n]*b[n]} = 1/3
より
  s*r = 1/2
が分かり、
同様に
  Σ[n=1~∞]{a[n]/b[n]} = 3
より
  s/r = 3/4
が分かる。

二つの未知数s,rに対して、二式
  s*r = 1/2
  s/r = 3/4
が得られたから、あとはs<rという条件を加え、連立方程式を解くことでs,rの値が求まる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報