これからの季節に親子でハイキング! >>

図書贈呈式があり、もらう側の司会進行について詳しく教えて欲しいのですが…

A 回答 (2件)

#1さんのおっしゃられているとおりです。



図書贈呈式のプログラムがどうなっているのか
もらう側の司会進行とあるが、いつどういう形で司会進行をするのか
もらう側があるということは渡す側の司会もあるのか

このあたりがわからないと回答のしようがありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/09/30 23:24

どういう段取りになってるかは主催者に聞くしかない。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!次第は、あるのですが、どのような言い回しをしたら良いのかハッキリとわからず質問しました。

お礼日時:2017/09/30 02:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「寄贈」と「 贈呈」の言葉の使い分け。

「寄贈」と「贈呈」の言葉の使い分けについてです。

意味はさほど変わらないとは思うのですが

どういう立場で使い分けることができるのか

教えてください。

Aベストアンサー

「寄贈」は、相手との関係が対等、または、格下。そして、あるいは、迷惑になってしまう可能性があるもの。例えば、公園内の遊具は、お年寄りの通行の邪魔になる可能性があります。

「贈呈」は、相手が格上、または、尊敬に値する間柄。で、迷惑にはならず、必ず入用なもの。例えば、研究者が先輩教授に贈る場合とか、テーマ対象が同様である同僚に贈る「献本」は、こちらになります。

Q式典における来賓の紹介方法

 式典のシナリオを至急つくらなければいけないのですが、来賓の紹介方法がよく分かりません。

 代理が出席された時は、どう紹介するのでしょうか。
(来賓本人を紹介?、または代理出席者を紹介?)

 また、そもそも、代理が出席された時、紹介自体が必要なのでしょうか?
(国会議員の秘書が代理出席した場合、秘書の紹介が必要?)

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本として、紹介する側は代理と言う認識は一切持ってはいけません。
胸のバラも名票も席の名札も全て来賓本人のものです。
○○様代理○○様などという紹介もいけません。
祝辞を読むときに代理なら自分で代理と名乗るだけです。

来賓紹介も上に述べた基本の通りです。
代理であろうが無かろうが、本来の来賓の序列、名前で紹介します。
秘書だから紹介しないなどとなると代理を出した方のメンツ丸つぶれです。
紹介されたときに、代理の場合「代理」と名乗るかどうかは、出席者の決める
ことです。(普通は、「代理の○○です」と自分でいいます。)

くどいですが、主催者はとにかく代理も来賓本人と思って扱えばよいです。

Q贈呈の反対語はなんですか?

贈呈の反対語はなんですか?

Aベストアンサー

受贈です。贈り物を受け取ること。

Q司会進行の台本

退職者の送別会の司会をすることになりました。

県内の同業者の方々も来られるパーティーですので、
それなりの司会進行をしなくてはと思います。

そこで、司会進行の台本などが書いてあるようなサイトをご存じないでしょうか?

花束贈呈の際の無難な言い回しや、終わり方(閉め)など、
まさにセリフが書いてあるようなサイトをご存知の方、教えてください。

また、得意だという方は、自分が司会をするつもりで書いてみていただけないでしょうか?

どうかどうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当然一般的な物とはなりますが、以下をご覧ください。

http://www.jp-guide.net/businessmanner/index.html

左脇に並ぶインデックス項目をずーっと下にたどると「送別会」と名のつく項目も沢山ありますが、事前の準備や確認事項なども一読されてください。

ご質問の「当時に流れとセリフ」については、これをさらにズーーーーと下に移動し、赤文字の「司会」にある「送別会・歓送迎会の司会」をクリックし、それで中央に開く情報をまたまたズーーーーと下に移動しますと、ご希望のセリフ例も2例ほど表になっています。

これをいかにアレンジするかでしょうか?

このサイト、今後も何かと使えるかと思います。
トップ画面をお気に入り登録しておきましょう。

Q講習会の司会進行方法

こんにちわ。
今度、弊社では、外部の講師を呼んで講習会を行なっていただくことになりました。

そこで私が司会進行役になったのですが、どのように進めていけばいいのですか?
ちなみにスケジュールは下記の通りです。

1.オリエンテーション (お客様説明)
 30分
2.オブジェクト指向の考え方 (お客様説明)
 1時間
3.これからのソフト会社  (お客様説明)
 1時間

ちなみにお客様の紹介等はいつどのタイミングで行なうのかもわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ひとつの事例として書きますので、これをベースに講習会の主催者(主催する部門の長)と、講師の方と打合せして進行要領を決めてください。

1)「これから○○の講習会を開催します」という宣言・・・出席者への儀礼的な参集お礼等が必要であれば一言添える。講習会のスケジュールと簡単な注意事項(携帯OFFとか、講習中の外部からの連絡、休憩等)を説明しておく。

2)主催者の長を紹介して、講習会の趣旨(どういう目的で、どういう成果を求めている等)を話してもらうか、事前に主催者からヒアリングした内容で、司会者が簡単に講習会の趣旨を述べて確認する。

3)講師の紹介。・・・講師から資料をもらって、話す内容を打ち合わせておく。

4)「それでは○○先生よろしくお願いします。」で講師にバトンタッチする。

後は、最後まで講師が進行してくれる(打合せ時にそのようにお願いしておく)ので、あなたは講習を受ける立場で、講師の話の要点をメモっておく。

5)講義が最後まで終わった後の質疑応答があるのであれば、やりとりを進行する。(講師にしてもらっても良い)

6)最後に、講師へのお礼の言葉を述べて、受講者に講師へのお礼の意味の「拍手」を勧める。・・・この前に、講習会の趣旨を踏まえて、講師の話のポイントを簡単に振替って話ができるようであれば、貴方の評価はグンと上がるでしょうが、それはおまけです。

ひとつの事例として書きますので、これをベースに講習会の主催者(主催する部門の長)と、講師の方と打合せして進行要領を決めてください。

1)「これから○○の講習会を開催します」という宣言・・・出席者への儀礼的な参集お礼等が必要であれば一言添える。講習会のスケジュールと簡単な注意事項(携帯OFFとか、講習中の外部からの連絡、休憩等)を説明しておく。

2)主催者の長を紹介して、講習会の趣旨(どういう目的で、どういう成果を求めている等)を話してもらうか、事前に主催者からヒアリングした...続きを読む

Q300名参加の会社主催の司会をすることになりました。そこでご教授いただきたい。

会社で主催する ある会の司会をすることになりました。
会の概要は弊社社員がお客様に対し開催するスタイルです。
そこで教えていただきたいのですが
・弊社社員の「挨拶」「発表」「総評」を紹介する際、
 どのように紹介したらよいか?スマートな言い回し方ができなく、
 はずかしながら困っております。
 恐縮ですが、どなたかご教授いただけないでしょうか。。

「続きまして、会長の○○より、挨拶を頂戴したいと思います」?
「続きまして、担当の○○より、・・・についての発表を」?
なかなか上手い言い方が見つからず。。。

Aベストアンサー

初めての司会経験なら不安があって当然です。どんな内容の会なのか想像も出来ないのでたいした助言は出来ませんが、いくつか。

>「続きまして、会長の○○より、挨拶を頂戴したいと思います」
これは間違いです。あなたは司会者ですが、会を主催する側の方ですから、お客様に会社の会長を紹介するときに「頂戴する」は不適切です。あなただけが挨拶を受けるなら「頂戴する」でもOKですが、会長が挨拶する相手はお客様。そのお客様に対して謙譲語の「頂戴する」はダメ。
「当社(弊社)会長の○○(必ずフルネームで)より皆様にご挨拶を申し上げます」が適切な表現です。

お客様が聴衆だからといってバカ丁寧、かつ過剰な敬語を使う必要はありませんが、主人公はお客様と考えればそう難しいことではありません。

数時間の会でも一番大事なのは事前準備、特に登壇者との事前打ち合わせです。発言、発表時間をしっかり決めておき、話す内容についても司会者は頭に入れておくことが余裕を生みます。進行は時刻とともに表にして手元に常に置いておきましょう。暗記する必要はありませんが、進行全体の把握はとても大事です。

そして
1.司会の自己紹介
来場に感謝し、氏名、役職、担当業務などを伝え、会の目的を再度明確にして聴衆に進行への協力を求めます。
2.会の進行概要
会長さんの挨拶が終わったら、登壇者のプログラムを簡略に説明する。途中休憩や質疑時間の有無についても説明する。これで聴衆も全体の流れをつかめ、安心に繋がります。
3.質疑
質疑の時間を最後に取りますが、「どなたかご質問を」と司会者が呼びかけても手が上がらないことが多いですね。2,3人ほど聴衆の中から事前にお願いして、司会者が呼びかけた時に質問をしていただくことも大事です。これを「仕込み」と呼びます。
4.締め
終了時間はきちんと守りましょう。
「本日の会はこれにて終了と致します。皆様におかれてはご多用のところ、また遠路ご来場をいただき主催者として厚く御礼を申し上げます。」
そして会社への支援、ご愛顧をお願いし、最後に「拙い司会でしたが、皆様のお陰で滞りなく進めることが出来ました。ありがとうございました」と締め括ります。

あなたのお年が分かりませんが、最近は司会者でなくても過剰なまでの敬語表現、くどいまでの謙譲語が溢れています。先日、ある会議で「私は今日の司会をやらさせていただく○○です」と言う人がいました。これはまったくの誤り。「私は本日の司会を務める○○です」で十分。その違い、分かりますか?

ご成功を祈ります。事前準備を丹念に、ね!

初めての司会経験なら不安があって当然です。どんな内容の会なのか想像も出来ないのでたいした助言は出来ませんが、いくつか。

>「続きまして、会長の○○より、挨拶を頂戴したいと思います」
これは間違いです。あなたは司会者ですが、会を主催する側の方ですから、お客様に会社の会長を紹介するときに「頂戴する」は不適切です。あなただけが挨拶を受けるなら「頂戴する」でもOKですが、会長が挨拶する相手はお客様。そのお客様に対して謙譲語の「頂戴する」はダメ。
「当社(弊社)会長の○○(必ずフルネー...続きを読む

Q「ご寄贈をいただいております」は正しい日本語ですか?

「ご寄贈をいただいております」は正しい日本語ですか?

先日、取引先から品物をもらいました。
それを社報に載せるのですが、
「ご寄贈をいただいております」は正しい日本語でしょうか?

間違いであれば、正しい日本語をお教えいただけると幸いです。

Aベストアンサー

正しくありません

尊敬語と謙譲語がごっちゃになっています

敬語とは動作の主体が他社の場合、尊敬語を使い
自分や身内の場合は謙譲語を使います

なので「いただく」はもらうの謙譲語です

「ご寄贈」と「寄贈」の丁寧語で尊敬を表すので

なので「ご」がつくのはおかしいです

また「AAから寄贈いただいた」としたばあいは
動作の主体が他者なので「いただく」の謙譲語でへりくだるのはおかしいです


日本語てきには
「寄贈された」が自然かとはおもいます
「される」は「する」の尊敬語であるとともに受身を表しますから

Q創立記念式典における社長挨拶時の司会進行について

お世話になります。
今度、弊社の創立50周年式典が挙行されることとなり、現在、司会進行要領を作成中です。
その中で、弊社社長が挨拶をするのですが、司会者はどのように進めればよいのか教えてください。

例えば
「○○○取締役社長より、式辞を申し上げます。」
というように、式辞という表現で良いのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

50周年記念行事が誰を対象にしたものかによっても変わります。社内の行事なら人事部長又は総務部長(或いは司会者)から本日の式典の趣旨と式次第を簡単に説明し「では社長より式辞をいただきます」で良いでしょうがお得意様を招待した席なら「ただ今より弊社取締役社長小泉よりご挨拶を申し上げます」となります。社員・取引先を交えた席なら、趣旨を明確にしておくべきです。本来は社内行事だが一部のお得意さまも出席いただいているのか、逆にお得意様中心だが社員も同席を許されているのかです。社長の挨拶内容もそれによって変わってくるでしょう。

Q祝賀会などの司会で、

祝賀会などの司会で、
A、B、Cの来賓に祝辞を頂いた後に、来賓紹介する場合、
D、E、F・・・大勢来賓がいる場合、どこまで紹介すれば良いものでしょうか。
また、紹介しない場合、省略方法(席次表はあります)のことばを教えてください。
よろしく、お願い致します。

Aベストアンサー

現役司会者です。

来賓の方は、基本的には全員ご紹介しますが
あまりに多いときは、もし、よい、とされるのであれば、ですが、
肩書きと下の名前を省き、苗字だけご紹介する。もしくは、肩書きだけを省いてフルネームだけ。
でも、多いといっても、20名ほどではないんですか?

司会者の立場で勝手に判断してはいけないです。
主催者なりに、必ず確認を取ってください。

私は今までに数多くの司会をしてきましたが、
たとえご来賓の数が多くても、省略などということは
一度もなかったです。



本日は、多くのご来賓の方々にお越しいただいておりますが、
代表して、3名の方々に、ご祝辞をいただきます。

A、B、Cの方に祝辞をいただいたあと、
「・・・・どうもありがとうございました。
 それではここで、本日お越しいただきましたご来賓の方々を
 あらためて(or、今一度)ご紹介させていただきます。」と述べて
祝辞をいただいたAの方から紹介していきます。

お名前を紹介していくとき、ご来賓の方々はひとりひとり起立されて、
頭を下げられると思いますので、それを確認しながら
ご紹介してくださいね。

現役司会者です。

来賓の方は、基本的には全員ご紹介しますが
あまりに多いときは、もし、よい、とされるのであれば、ですが、
肩書きと下の名前を省き、苗字だけご紹介する。もしくは、肩書きだけを省いてフルネームだけ。
でも、多いといっても、20名ほどではないんですか?

司会者の立場で勝手に判断してはいけないです。
主催者なりに、必ず確認を取ってください。

私は今までに数多くの司会をしてきましたが、
たとえご来賓の数が多くても、省略などということは
一度もなかったです。



本日は、多く...続きを読む

Q「初旬」と「上旬」の意味の違いとその使い分け方は?

NHKのTV番組を見ていて気になったことです。
2012/10/21放送の「小さな旅」で、アナウンサーが「11月上旬、湖畔を訪れました」と語っていました。
2013/01/19放送の「にっぽん百名山」で、画面に「撮影:10月上旬」と表示されました。
2013/02/27放送の「新日本風土記」で、画面に「2012年 12月初旬」と表示され、アナウンサーが「12月初旬、木ノ芽峠のある鉢伏山の山頂がうっすらと雪化粧しました」と語り始めました。

「初旬」と「上旬」は僅かながら違いがあるのだろうと期待していたけど、手元の辞書を参照してもよく分かりません。

若干なりとも意味の違いとか、使い分け方とかを教えてください。

ちなみに、goo辞書( http://www.goo.ne.jp/?ST=2 )では次のように出ます。
上旬 → 月の1日から10日までの10日間
初旬 → 月の初めの10日間

Aベストアンサー

上旬も、初旬も、指している期間は同じなのでしょう。
 
使い方、意味も同じと考えて構わないと思います。
 
ただ使う人が、どんな気分を持って時期を指し示そうといるかで、言葉遣いを選ぶことはあると思います。
例えば、
単に撮影時期を明示する目的ならば、2012.10.04 06:35:00 ⇒ 10月上旬 とするかも。
“ようやく冬景色に変わる”という季節の変節点がどの時点でという気分があると、⇒ 12月初旬 とするかもしれません。
ただ、そんなのは、表現手、受取手の問題でしかないから、10月初旬、12月上旬でも、おかしいということはないと思います。 そもそも、中旬、下旬はそのような言い方しかないです。
 
月初、月初め、月なか、月半ば、月末、月末(つきずえ)と同じような感覚で、○月初旬を使っても構わないので、そうした感覚で「○月の初めに」という気分は、何となくわかる気がします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング