大学のレポートで、18世紀から19世紀までの経済学者の中から2人選んで、その学説の違いを対比させ、考察するというレポートが出ているのですが、誰を選んだらいいのか悩んでいます。

全く違う考えをしている2人を取り上げるのが面白いと思うのですが、あまり経済学者について詳しくないので、誰を取り上げたら面白いか(レポートが書きやすいか)、皆さんの考えを教えて下さい。またその理由も教えてくれたら嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スミス、リカード、マルサス、ミル、マルクス。


この5人以外に誰かいますか?
(挙げれば、ぺティ、マン、ステュアート、リスト、エンゲルス、クールノーといますが)

19世紀でも、ワルラス・メンガー・ジェヴォンズを挙げたらペケでしょうね(理由は、mikegoさんがお考え下さい)。

例えば、リカードとマルクスについて、労働価値説の見解から比較するとか、リカードとマルサスの穀物法論争を論評するとか、スミスを継承したマルサスがどのようにスミスを継承したのか、いろいろありますね。
大学の講義で、そこはノートをお取りのはずですので、ご確認下さい。
20世紀経済学と違って、19世紀なら似通った2人を取り上げるのが無難です。
(20世紀ならケインズとハイエクで決まりでしょうが)

最終的にレポートを書くのは、mikegoさんですので(私は代筆できません!)、そこのところはご了承下さい。

参考文献になるものだけでも挙げておきましょう。
根岸隆『経済学の歴史 第2版』(東洋経済新報社)
美濃口武雄『経済学説史』(創世社)
三土修平『経済学史』(新世社)
松嶋敦茂『現代経済学史』(名古屋大学出版会)
西沢・服部・栗田編『経済政策思想史』(有斐閣)
大森郁夫『ステュアートとミル』(ミネルヴァ書房)
その他、経済学史の棚にある本で、お手に取りやすいものをお選びください。
    • good
    • 0

18世紀から19世紀の時代というと、アダム・スミスからマーシャルに至る、近代経済学が確立された時代ですよね。

ですからこの主流の中から1人を選び、これに異を唱えた1人を選べば面白いし、書きやすいと思うんです。

異を唱えた人では、シュンペーターが一番だと思うんですが、かれの生涯は1883ー1950ですから、活躍期が20世紀になってしまいます。

そうするとちょっと平凡ですが、やっぱりマルクス(1818ー1883)ということになるのでしょうか。彼の異論は言うまでもないでしょう。

それから、アダム・スミスとリッカードを対比させるのも面白いでしょう。スミスが国富というパイを大きくするのを論じたのに対し、リッカードは、そのパイの配分を論じたからです。

”入り口”となる参考書を挙げておきます。
■竹内靖雄『経済思想の巨人たち』新潮選書(03-3266-5111)
■日経『経済学の先駆者たち』日経(03-3270-0251)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済地理学・商業地理学のレポートテーマを下さい!

大学の講義「経済地理学(又は商業地理学)」でのレポート(テーマは自由)を提出しなければならないのですが、取り上げるテーマがなかなか見つかりません。書きやすいテーマやアイデアなどを教えて下さい。また経験者の方などはどんな物を書いたのか教えてください。

Aベストアンサー

研究して欲しいテーマを書きました。

1)産業集積の原因、仕事がし易い以外に理由はないのか、買い物は郊外から出るから面倒なのに店も都市部に多くなるのは何故?
2)日本は何故、東京に1極集中したのか。アメリカは何故、多くの都市が機能を分散しているのか。
3)ITの進展により都市部にオフィスを持つことはコストパフォーマンスを悪くしているのに、何故一向に分散しないのか、むしろ、何故 東京の一等地で再開発が続くのか。

Q経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

Aベストアンサー

経済物理学は、外国為替、金融ビッグデータ等、経済が大きく関わってきます。単なる物理学とは異なります。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/graspp-old/courses/2015/5123440.html

http://as2.c.u-tokyo.ac.jp/zentai-zou.html

Q今世紀のケインズ級の経済学者が登場したら、その人はどういう経済理論を提唱すると思いますか?

今世紀のケインズ級の経済学者がもうそろそろ登場するとしたら、その人はどういう経済理論を提唱すると思いますか?

Aベストアンサー

そうですね。全く逆の二つの可能性があると思います。

一つは、今の「経済学者」が必死に目指している方向、個々の経済主体のミクロな行動から、マクロな経済全体の動きを説明する、というのが本当にできるようになる、という道です。
ミクロ経済学とマクロ経済学の大統一と言えばいいかな。これは、すべての経済学者(だけではなく、全ての科学者)にとっての夢だと思います。


もう一つの、個人的にはよりあり得る可能性としては、ミクロの集まりでマクロを説明することは不可能という立場から、きちんとした実証にねざした新たなマクロな理論が出てくることです。
黒板で数式をこねくり回すだけの「黒板経済学」はもうたくさんです。風が吹けば桶屋が儲かる、塵も積もれば山となる、といくら主張したところで、もう誰も信じてはくれません。
ただ、一番のネックは「実証」ですね。経済学(とくにマクロ経済学)がいわゆる自然科学と一番異なるのは「実験ができないこと」です。
なんで、この方向で大きな成果が挙がるとしたら、理論の前に有効な実証の方法を見出さないといけません。
というか、「マクロな経済理論の現実的かつ強力な実証の方法論」が見出されたら、それこそが経済学の歴史上最大のインパクトを持つ新理論と言えるかもしれません。


ちなみに、私自身は、(メインの対象は経済学ではなくて工学系ですか)いわゆる複雑系の科学という、ミクロの集まりでマクロな現象を説明するという取り組みを長年やってきました。そして、その不毛さをイヤというほど感じています。。

そうですね。全く逆の二つの可能性があると思います。

一つは、今の「経済学者」が必死に目指している方向、個々の経済主体のミクロな行動から、マクロな経済全体の動きを説明する、というのが本当にできるようになる、という道です。
ミクロ経済学とマクロ経済学の大統一と言えばいいかな。これは、すべての経済学者(だけではなく、全ての科学者)にとっての夢だと思います。


もう一つの、個人的にはよりあり得る可能性としては、ミクロの集まりでマクロを説明することは不可能という立場から、きちん...続きを読む

Qミクロ経済学を学ぶ前にマクロ経済学を学んでもきちんと理解できますでしょ

ミクロ経済学を学ぶ前にマクロ経済学を学んでもきちんと理解できますでしょうか?

大学の履修上、ミクロの授業がとれず、マクロのほうはとれます。

両方興味がありますので、とりあえずマクロから履修しようかと思っております。
ただ、ミクロからマクロへと勉強したほうが理解しやすいというのを耳にしたことがあります。

この情報は確実ではないのでよくわかりませんが、もし本当なのでしたらやはり来年にミクロを取ってからマクロを取ろうかなぁとも思っております。


どちらがいいでしょうか?

Aベストアンサー

経済学履修経験者としての参考意見です。

>大学の履修上、ミクロの授業がとれず、マクロのほうはとれます。

つまりミクロとマクロは分化しているという前提のカリキュラムだと思います。

より実質的にも、ミクロ経済分析は個々の経済主体の合理的行動のありかたを分析するのに対し、マクロ経済分析は、全体としての経済の動きを分析する学問であり、分析方法に差異があります。いずれも丁寧な講義がなされるでしょう。一般論を言うなら、それほど心配しなくても良いのではないかと思います。

Q経済学の素人です。経済学の面白さって?

経済学部を目指している高校3年生です。
経済学を学びたいと思った理由は、アフリカ人が餓死している中、
日本などの先進国は食べ残しを何万トンも捨てている実態が許せなかったからです。
国際経済の実態を学んで、そういう矛盾を解決したいと思いました。

ただ経済学部は一般の経済学を知らない高校生から見ると、
「金稼ぎを学ぶの?なんかやだ~」なんです。(簿が意見聞いた限り)
でも僕は経済学は、もっとおくが深くて面白いんだろうなぁ。
と勝手に思っています。
でも実際は自分でもどこが面白そうなのかすらよくわかりません。
経済学は面白いですか?だとしたら具体的にどのあたりが?
たぶん人によって意見は違うと思うのですが、
参考にしたいので回答お願いします。

Aベストアンサー

>国際経済の実態を学んで、
開発経済学を専攻にしたいという希望のようです。
開発経済学部のある大学もあります。早稲田のように経済学部がないと、政治経済学部になります。しかし、経済学部があれば、開発経済を学ぶには、経済学部の方を選択しないと、進路の展望がひらけないと思います。

>そういう矛盾を解決したいと思いました。
ここを政治家になってと捉えるなら、#1さんのおっしゃるように経済学も学べる政治経済学に進学する方がいいかもしれません。

>「金稼ぎを学ぶの?なんかやだ~」なんです。
経営学と混同されているようです。経営学を学ぶなら、商学部系統に進学した方がいいでしょう。

>経済学は面白いですか?だとしたら具体的にどのあたりが?
開発経済学はマクロ経済学やミクロ経済学の応用にあたる学問ですから、これらの基礎ができていないと難しいです。数学が苦手なら向きません。
高校生でも理解できるような本を読んでみてはどうでしょうか?
例えば、アマルティア・センの書いた新書
『貧困の克服-アジア発展の鍵は何か』集英社
ちょっと背伸びをするなら、
鈴村興太郎訳『福祉の経済学――財と潜在能力』(岩波書店, 1988年)
あたりを読んでみてはと思います。
これらの著作に興味がもてないようなら、政治学系統の方がいいかもしれません。

>国際経済の実態を学んで、
開発経済学を専攻にしたいという希望のようです。
開発経済学部のある大学もあります。早稲田のように経済学部がないと、政治経済学部になります。しかし、経済学部があれば、開発経済を学ぶには、経済学部の方を選択しないと、進路の展望がひらけないと思います。

>そういう矛盾を解決したいと思いました。
ここを政治家になってと捉えるなら、#1さんのおっしゃるように経済学も学べる政治経済学に進学する方がいいかもしれません。

>「金稼ぎを学ぶの?なんかやだ~」な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報