坂上忍が、覚せい剤か傷害事件をプライベートで起こし、急きょ1クールを放映できずにすごく無理な展開で最終回になっちゃったへんてこなドラマを覚えている人いませんか?不思議と周りの友人には誰1人知っている人がいません。ぜひ教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

坂上忍ではなく、木村一八ではないでしょうか?



恐らく1988年にTBSでやっていた「疑惑の家族」でしょう。風間杜夫、富田靖子、井森美幸も出演してました。

ヒロイン(富田靖子)が厳しい音大教授かつ父親(風間杜夫)の指導を受けていました。ヒロインは自分の出生の秘密を探るため、父親は自分が病に冒されていることを知り、娘が独り立ちできるようにスパルタ特訓をしていました。
また同じ音大の指揮者(木村一八)と恋愛関係であり、生まれた時からピアノを学ぶお嬢様(井森美幸)とは、ピアノでも恋愛でもライバル関係であり、いつも対立していた・・・という内容だったと思います。

しかしあの事件があってから、木村一八は「ヒロインの恋人」という重要な役にもかかわらず、最後に開催された「毎朝ピアノコンクール」、そして風間杜夫の死の場面にも全く姿を現さず、さらにそのことについて誰も何も触れない、まるで最初からこのドラマに出演していなかったかのように、残り2話は自然に放送されていました。

ドラマは自然に終了しても、観てる視聴者として、不自然感は拭えませんでしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば、木村一八だったんですね。疑問がすっきりしました!本当にどうも有り難う!!だけどこんなにマイナーなドラマをとってもリアルに知っているのですごく驚きました。このドラマって、大映テレビ製作でしたっけ?一昔前の大映は、奥が深くて少しわざとらしくて感動もので、最近のドラマよりもずっと良かったと思うのは、私だけでしょうか!?

お礼日時:2001/07/08 07:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ