なにせ、とうの本人はもちろん、当事者も、もう既に亡くなっているので、本当の本当は分からないわけですが、本当に衣川で殺されたのでしょうか??どうも怪しい、、、だって、死亡確認するまでに43日もかかって、しかも六月(夏)ですよ!そりゃ、死体なんて腐ってて誰が誰だか分からないはず。ほら、いろいろな説があるじゃないですか。モンゴルに行ったとか、京都で死んだとか、宇宙人だったとか、、、とにかく、妙に納得の行くと言うか、説得力って言うんですかね?そんな説を知っているあなた!話を(ロマンを)聞かせてください。では。

A 回答 (3件)

 新説としては蝦夷地(北海道)にわたってアイヌ民族の首領になるとか…


 もし万が一あるとすれば、これが有力かもしれません。

 チンギスハン説は、活躍年代が近すぎるので、まず不可能
 藤原3代のミイラは清衡、基衡、秀衡のものですので、死亡時年齢が違いすぎるのでありえないかと…
 4代目の泰衡もミイラになっていれば可能性あったんですけどね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいかも!!アイヌ民族の首領か、、、ちょっとかっこいい♪
それと、こんなのも本で読みました。。。藤原三代のミイラ(金色堂)の建立自体実は、秀衡ではなく、泰衡の手によって行われた、、それは、あれだけ秀衡に「義経を守れ」って言われてたのに、鎌倉にちくっちゃうし、しかも殺そうとまでしたため、先代の祟りを恐れた根性無し
お坊ちゃん、、金色堂にて怨念封印。。けっこうそれって、イケてますよね!!
アイヌ民族の首領、、、ホウガン様→判官、、、みたいな♪♪
うーん、、深いです。
ご協力ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/06 18:44

テレビで見たのですけど、金色堂の藤原3代のミイラありますよね。

あれの一つが源義経じゃないかと言う説があるそうですよ。

私はこのお話が気に入ってます。(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、、となると、やっぱり泰衡が金色堂を立ててそこに義経の怨念ごと閉じ込めちゃったのかなぁ、、、秀衡建立だと、なんか変になちやうものね。
なんか、当時は今以上に神仏、神懸り、祟り、占い、等の文化が人々に根付いていたらしいしね。。。
そもそも、この疑問が自分の中で生まれた理由が、あれだけの人物を、ただ殺して海に捨てるなんて事を神仏オタクの頼朝がするのかな??ってところから湧き出てきたんです。
本当に義経が居る場所に行ってみて、義経として参拝してみたいです。
ご協力ありがとうございました!!
(すると、誰のミイラが無いんだろう???)

お礼日時:2001/07/06 19:01

私の好きな話は仮に嘘っぽくても「蝦夷(北海道)からユーラシア大陸に渡り、蒙古高原でジンギスカンになったというの説です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

結構スタンダードな話だけど、私も好きです。(なんかかっこいいもん!)
ただね、もしこの偉大なヒーローを義経としてしまうってことは、モンゴル人最高の英雄は実は日本人だった、、、みたいな感じになるわけで、それを考えちゃうとモンゴルの人にすごく不快感を与えてしまっているような感じも受けてしまうんですよね、、、まぁ、考え方を変えれば、義経はこの小さな日本(日本人)よりも限りなく広大で自然のエナジーが溢れ出しているモンゴルの大地に魅入られそして、モンゴルの人々に魅入られた、、、その瞬間、彼はモンゴル人としての血(OS)が再び起動しだした。(ほら、日本人ってもともとモンゴルからきた人々説ってありますよね)って感じもあり?
そうそう、それと静の舞った歌。
  ~しずやしず しずのおだまき くりかえし
          むかしをいまに なすよしもがな~
「義経様!私は吉野山の誓いを忘れてないからね♪」って歌なんだけど
万葉読みにするとぉ~!、、、なすよしもがな → 成吉思汗(ジンギスカン)みたいな♪

お礼日時:2001/07/06 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源義経は、合戦の作法を守らなかったので、当時の人々には評判が悪かったのですか?

先日、源義経について、加来浩三氏のお話をラジオ放送で興味深く聞きました。
あの当時、合戦には作法があったそうです。
義経は、そのような作法に拘わらなかった、そうです。海戦では、漕ぎ手を射ることは、作法から外れていた、のだそうです。一ノ谷の鵯越では、周囲からこの戦を反対されたそうですが、その理由は、道が険しい、ということでなく、奇襲することは作法に違反している、ということだったそうです、
戦には強く、勝利するが、作法を守らぬ義経は、当時の人々には悪評だった、そうです。
源義経は、合戦の作法を守らなかったので、当時の人々には評判が悪かったのですか?

Aベストアンサー

その通り
「作法がどうのこうの言っても、負けてしまえばお仕舞い」
というのが明確になったので、それ以降の合戦では鏑矢を交わして名乗りを上げてという儀式をしてから合戦に及ぶと言うのが無くなった

Q「江戸時代、庶民も誰もが苗字を持っていた」という説は本当?

「庶民が苗字を名乗れるようになったのは、明治以降。江戸時代の庶民は
苗字が無かった」というのは俗説であり、最近の研究では、江戸時代の
庶民にも苗字があったとする説が一般的になりつつあります。
やはり、「家」を識別するためには、庶民と言えど苗字が無いと不便だし、
庶民にも「家格」はあったはずだと思います。
公には「苗字は武士だけ」とされていたため、農工商の庶民は、ひっそりと
苗字を持っていたそうです。

しかし、疑問が残るのですが、どうして今さらそんな新説が出てくるので
しょうか?
うちの大正生まれの祖父はもう死にましたが、生前そんな事は言って
ませんでしたよ。
祖父の世代から見れば、明治初期はそれほど昔じゃないから、「日本人は
江戸時代からみんな苗字があった」という事実を上の世代から教えてもらって
いても不思議じゃないと思います。

「江戸時代、庶民も誰もが苗字を持っていた」という説は本当なんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

NO3.の方、まあ、そう怒りなさんな。

takeshi95さんも、自分が納得した方へは、「きちんと」「お礼ポイント」で評価してあげましょうね。

>>「庶民が苗字を名乗れるようになったのは、明治以降。江戸時代の庶民は苗字が無かった」というのは俗説であり、最近の研究では、江戸時代の庶民にも苗字があったとする説が一般的になりつつあります。

まず、結論から言うと、全員ではありませんが「ありました」。

実際の「例」としては、私は、金銀山を調べるうちに、佐渡奉行所のことも調べました。
その中で、大崎村(現:新潟県佐渡市羽茂大崎)の「宇兵衛」と言う豪農が、文化年間(1818~)に金銀が産出されているにもかかわらず、「抜け荷(ぬけに=闇取引)」が横行し佐渡奉行所は火の車でした。そんな折、宇兵衛が金子50両(現在のお金に見積もると1,000万円位)を寄付しました。それにより、佐渡奉行から、
「以後、川口(家)を名乗るように」
と、苗字を賜りました。
このように、「功績」に対する「見返り的」なものが庶民にはありました。

また、全国的に有名なところでは、相撲とりなどで、大名のお抱えなどもあり、「小野川(喜三郎)」とか「谷風(梶之助)」など、「関取名(=芸名)」を名乗っています。さらには、歌舞伎での「市川団十郎」や「中村歌右衛門」なども「芸名」でもありましたが、「苗字」の分類にも入るものです。

あとは、小藩の下級武士が俸禄だけでは食べていけないため、武士を辞めて農民になったような場合も「苗字」を名乗ることができました。

ただし、武士以外の庶民の場合は、書類などに名前を記載する時は、「名前のみ」で苗字を持っていても、「ひけらかす」ことはしませんでした。

また、田舎などに行くと「屋号(やごう)」というものがあり、大概は、初代の人の名を屋号とし、「長太郎(家)」とか「平左衛門(家)」とか、同じ「長太郎」などの場合には、区別をするため、近くに「一里塚」などがあったりしたら「塚(家)」とか坂の下に家があるので「坂ノ下(家)」と、「屋号(やごう)」で呼ぶ風習が残っています。

その後、明治になってから、全ての人が苗字を付けるようになってからは、これまでに苗字を持っていた者は、その苗字を。また、苗字を持たなかった者たちは、領主だった人の苗字を「あやかって」名乗ったり、池が近くにあるので「池端」とか、林の中に家があったから「林」などと、思い思いに「苗字」を付けて名乗るようになりました。

しかし、明治以前には、前書きにも記したように「全員」に「苗字」があったわけではありません。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

NO3.の方、まあ、そう怒りなさんな。

takeshi95さんも、自分が納得した方へは、「きちんと」「お礼ポイント」で評価してあげましょうね。

>>「庶民が苗字を名乗れるようになったのは、明治以降。江戸時代の庶民は苗字が無かった」というのは俗説であり、最近の研究では、江戸時代の庶民にも苗字があったとする説が一般的になりつつあります。

まず、結論から言うと、全員ではありませんが「ありました」。

実際の「例」としては、私は、金銀山を...続きを読む

Q源義経について

初めまして、宜しくお願い致します。

私は最近源義経に興味があります。
源義経に関する面白い書籍を是非とも紹介して頂きたいです。
小説が一番の希望ですが、源義経に関するものなら何でも構いません。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

司馬遼太郎さんは時代小説家の中では絶大な人気があるので、義経の本もきっと面白いと思います。
この本は読んだことはないのですが、ほかの作品はとても面白かったので。
http://www.amazon.co.jp/%E7%BE%A9%E7%B5%8C%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8F%B8%E9%A6%AC-%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4167663112/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1233726741&sr=1-1

Qモンゴル帝国を築いたチンギスハンがいたのに何でモンゴル後進国?

 チンギスハンからのハン一族がモンゴル帝国を築き、日本にも遠征をするほどの勢いがあったモンゴル帝国、

 しかし、今となっては遊牧民中心の後進国です。
 あれほどの勢いが何故近代にも継続されなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

モンゴルですが、チンギスハンの時代に世界帝国になりますが、その死後、オゴタイハン国・中央アジアのチャガタイハン国・ロシアのキプチャクハン国そしてイラン方面のイルハン国の4国に事実上分裂し、彼の息子や孫たちも徐々に分かれていきます。
モンゴルのリーダーを決めるのをクリルタイと言い、伝統的には末の息子が継ぐことになっています。
ただチンギスの長男ジュチは妻が略奪された時に身ごもった子なので血筋に疑問があって、次男のチャガタイと不仲という理由もあり、両者を巧く調停できる3男のオゴタイが継ぎます。
その後この4家はお互いに争ったり同盟したりしますが、フビライがその武力を背景にクリルタイを開いてハン(モンゴル族のリーダー)になり、彼の時代に中国の南宋を滅ぼし、中原の国すなわち中国になります。
中国の王朝は通例では1字ですから、国名も「蒙古」から「元」として、ご存知のように日本にも攻め寄せてきます。
ところがこの元も歴代王朝と同様徐々に中国化し、遊牧民の質実剛健な気風は影を潜め、一方でモンゴル族に従っていた他の遊牧民の心も離れ衰退していきます。
やがて1368年明により首都が落ち、元は滅亡します。
因みに日清戦争の清も同様に遊牧民の国でしたが、中国化して衰退しました。
尚ハンというのはモンゴル族の王の称号であり、一族の名前ではありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%B3

モンゴルですが、チンギスハンの時代に世界帝国になりますが、その死後、オゴタイハン国・中央アジアのチャガタイハン国・ロシアのキプチャクハン国そしてイラン方面のイルハン国の4国に事実上分裂し、彼の息子や孫たちも徐々に分かれていきます。
モンゴルのリーダーを決めるのをクリルタイと言い、伝統的には末の息子が継ぐことになっています。
ただチンギスの長男ジュチは妻が略奪された時に身ごもった子なので血筋に疑問があって、次男のチャガタイと不仲という理由もあり、両者を巧く調停できる3男のオゴ...続きを読む

Q源義経公のお墓

大河ドラマで源義経公に興味をもちました。すこし、インターネットで調べたのですが。源義経公のお墓は、実在しないのでしょうか。

Aベストアンサー

諸説あるようですが、神奈川県の藤沢市に、義経の首を井戸で洗い清めた後に祭った神社というのがあります。

http://www.st.rim.or.jp/~success/link2.htm

参考URL:http://www.st.rim.or.jp/~success/link2.htm

Q真珠湾攻撃陰謀説って本当?

真珠湾攻撃はアメリカの陰謀だったって言ってる人がいますよね
ドイツに負けそうなイギリスを助けるために、ドイツの同盟国の日本をけしかけて先に攻撃させて、アメリカ国内の厭戦世論を変えようとしたってやつです
私も少しそんなふうに思った時もあったんです、

1898年の米西戦争は、アメリカの軍艦がスペインに攻撃されたって言うアメリカの陰謀から始まった可能性が高く、
戦う気のないスペインを圧倒して、もっぱらフィリピン原住民ゲリラを殺しまくってました

でも、アメリカが日本と戦争する気だったら、あんなに簡単にフィリピンを占領されたりするでしょうか?
朝鮮戦争は韓国が先に攻撃したなんて言ってた人もいたけど、先に攻撃した方があっという間に占領されるわけないのに、真珠湾陰謀説はそんな北朝鮮と同じ言い訳なのか?
でも当時はアメリカにとってフィリピンは重要ではなくなってたので(1946年に独立する予定だった)たいした守備隊がいなかったのか?
今でも在韓米軍を撤退させるのは、北朝鮮と戦争を考えてるからだって意見もあるくらいだし、朝鮮半島でこれから何か陰謀が起きるのか…ま、無いわなそれは

真珠湾攻撃はアメリカの陰謀だったって言ってる人がいますよね
ドイツに負けそうなイギリスを助けるために、ドイツの同盟国の日本をけしかけて先に攻撃させて、アメリカ国内の厭戦世論を変えようとしたってやつです
私も少しそんなふうに思った時もあったんです、

1898年の米西戦争は、アメリカの軍艦がスペインに攻撃されたって言うアメリカの陰謀から始まった可能性が高く、
戦う気のないスペインを圧倒して、もっぱらフィリピン原住民ゲリラを殺しまくってました

でも、アメリカが日本と戦争する気だ...続きを読む

Aベストアンサー

 真珠湾攻撃陰謀説はありえないですね。いわゆるトンでも本・珍説の類として楽しんでください。

 フィリピン占領については、アメリカはアメリカ的発想をしていて、ありえないと思っていたのでしょう。具体的に言うと・・・
 
 「中国が日本を攻める」という話のように、大国を相手にして渡海して攻めると言うのは、兵器・物資を多量に消費する戦いとなり、補給の面で、極めて困難を伴います。
 アメリカの太平洋艦隊が健在なら、日本軍が上陸してフィリピンのコレヒドール要塞を攻めても、補給が続かず全軍降伏となっていたでしょう。
 日本軍が攻めてきても陸軍力だけで壊滅させることの出来る兵力を、フィリピンに常に置いておくのでは軍事費が膨大に膨れ上がります。アメリカは海軍の協力の元で、フィリピンを守り抜ける陸上戦力を置いていたわけです。
 また、ナチス=ドイツとイギリスがヨーロッパで激しい戦いをしていて、イギリス側に立った武装中立政策を取っていた状況では、ヨーロッパへの派兵も視野に入れており、フィリピンに過大な兵を置くわけには行きません。

 ところが、真珠湾攻撃でアメリカ戦艦部隊が壊滅、日本が太平洋の極東海域の制海権を掌握し、フィリピンに対する安全な海上補給が可能になったので、放棄せざるを得なくなったのです。

 アメリカは戦略上、残った部隊で主力が無傷でそろっている日本軍と積極的に戦うより、東太平洋の制海権維持を選んだのです。
 残った部隊で戦って主力空母を失えば、ハワイも失いかねない状況ですから、新造艦船が完成するまで最低1年程度は積極策をとらなかったわけです。
 経済力で日本を大きく上回るアメリカにとって、時間を掛ければ必ず勝てる戦争でしたから。
 

 真珠湾攻撃陰謀説はありえないですね。いわゆるトンでも本・珍説の類として楽しんでください。

 フィリピン占領については、アメリカはアメリカ的発想をしていて、ありえないと思っていたのでしょう。具体的に言うと・・・
 
 「中国が日本を攻める」という話のように、大国を相手にして渡海して攻めると言うのは、兵器・物資を多量に消費する戦いとなり、補給の面で、極めて困難を伴います。
 アメリカの太平洋艦隊が健在なら、日本軍が上陸してフィリピンのコレヒドール要塞を攻めても、補給が続か...続きを読む

Q「源義経が生きていた」と言う説

東北方面に旅行するたびに、とても気になることがあるんです。

源義経は、兄である源頼朝に文治年間だかに平泉で殺害されたはずですよね。偉大なる兄弟喧嘩の末に。

平泉や遠野、八戸なんかの観光名所に行けば必ず「義経北方説」とか言う看板が立っていて、「源義経は平泉で戦死せずに蒙古に渡ってジンギスカンになった」というようなお話が書かれているんですが、あれは単なる伝説なんでしょうか?

伝説が残っている処を辿ると、確かに平泉から青森方面まで源義経の足跡が残っているらしく、その上、かの地の看板を見れば、義経が逃げる途中、各地に置いていった鎧や太刀や直筆の書状等の遺物が残っているとそうです(看板によると教育委員会のお墨付きみたいです)が、逃亡しえた可能性はありえたんでしょうか?

素人の私からすると、チンギス・ハンになったらしいと言うお話は飛躍が大きすぎる気がしますけど・・・。

Aベストアンサー

古来有名人というのはなかなか死ねないものです。
何とかして生かしておきたいという後人の願望が伝承や異説となってのこるものです。

後世はっきりした証拠が出て死亡が確認されるまではこのような伝承は生き続けるものです。
アレキサンダー大王しかりアーサー王伝説しかり洋の東西を問わずこのような事実は存在します。

しかし冷静に考察すれば義経伝説はあり得ぬ事とおもいます。
当時義経は藤原氏の頼人といえどちらかといえば望まれぬ存在でした。
既に頼朝の威令が確立し藤原氏もその埒外に居ることは許されない程の時勢でした。
この為藤原氏の延命を図る為義経暗殺を計画したのですから藤原氏側に準備の遺漏はありません。  十分な兵力を集め包囲し脱出を防いだと思われます。

義経に心酔していた弟国ひらも殺している位です。  このような状態で足弱な妻子をつれて逃げることは不可能と考えるのが普通です。
義経に忠実な郎党らも討ち死にしています。  東北地方は藤原氏の領地で命令は行き届いたでしょう。

義経関連の遺物というのは想像の産物に過ぎないでしょう。

古来有名人というのはなかなか死ねないものです。
何とかして生かしておきたいという後人の願望が伝承や異説となってのこるものです。

後世はっきりした証拠が出て死亡が確認されるまではこのような伝承は生き続けるものです。
アレキサンダー大王しかりアーサー王伝説しかり洋の東西を問わずこのような事実は存在します。

しかし冷静に考察すれば義経伝説はあり得ぬ事とおもいます。
当時義経は藤原氏の頼人といえどちらかといえば望まれぬ存在でした。
既に頼朝の威令が確立し藤原氏もその埒外に居る...続きを読む

Q「海軍善玉説」「陸軍悪玉説」

皆さんこんにちは。

先の大戦で、「海軍善玉説」「陸軍悪玉説」
と言うのをよく耳にしますが、どういった理由で
善玉、悪玉と評価されているのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この場合善玉も悪玉もありません。
大体参謀本部が陸軍と海軍に分かれていて事有るごとに対立してました。普通は陸主海従が基本であり海軍国のイギリスだってそんなアホな事はしてません。この辺りは日露戦争での活躍した海軍の増徴が原因なんですけどね。

それに開戦にしたって確かに陸軍は満州抑えるだけで良しとしてれば良かったのに支那本土まで出張ってますから愚かの極みなんですが海軍にしたって山本五十六提督からして「1~2年は暴れ回って見せますがそれ以上は・・・」と言ってる側から真珠湾へ出張ですからこれ以上の猪突猛進は無いでしょう。しかもこれはアメリカ留学経験者が率先しての話ですよ?
陸軍は玉音放送盤を奪おうと叛乱寸前までいってますが海軍は海軍で食料その他物資を運ぶ輸送船団護衛部隊の燃料使ってまで何やったかご存知ですか?戦艦大和の特攻ですよ!燃料無くてまともに船も動かせないし食料は底を尽いて国民の大量餓死及び叛乱一歩手前までいってる状態で「水上部隊の誇りを示す!!」とか言ってるわけです。これには流石に同じ海軍で輸送船団の護衛部隊の参謀は電話口で「大バカヤロー!!」と絶叫するほどにイカレていたんです。まぁ陸軍は陸軍で竹やりでB-29を本気で打ち落とすつもりだったらしいのでどっちもどっちもですけどね。

笑えないジョークとして
ドイツ軍はソ連軍とアメリカ軍とイギリス軍と戦争した。
イタリア軍はイギリス軍と戦争してからドイツ軍と戦争した。
日本軍は陸軍と海軍がそれぞれ互いに戦争しながら暇を見つけて米・英・中・ソと戦争した。
なんて事も一部で言われています。

海軍善玉説は戦後に海上自衛隊を創設するときに専門性が高く旧海軍士官をリクルートするのに悪玉だと余計な邪魔が入るからと後付けした話というのが私の見解です。

この場合善玉も悪玉もありません。
大体参謀本部が陸軍と海軍に分かれていて事有るごとに対立してました。普通は陸主海従が基本であり海軍国のイギリスだってそんなアホな事はしてません。この辺りは日露戦争での活躍した海軍の増徴が原因なんですけどね。

それに開戦にしたって確かに陸軍は満州抑えるだけで良しとしてれば良かったのに支那本土まで出張ってますから愚かの極みなんですが海軍にしたって山本五十六提督からして「1~2年は暴れ回って見せますがそれ以上は・・・」と言ってる側から真珠湾へ出...続きを読む

Q源義経

源義経の使っていた刀に名前はありますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

有名なのは膝丸ですね。
源氏の母を持つ権現という人物から譲られた刀を源義経が受け継ぎ、それを喜んだ義経は刀の名を薄緑と改めます。
義経が討たれた後、薄緑(膝丸)はその兄、源頼朝のもとに渡ります☆

Q五行説。陰陽五行説の英訳?

タイトルの英訳文を求めております。
御存知の方はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

英語版の Wikipedia を見てください。

五行:Five Movements, Five Phases, Five Steps/Stages, Five Elements など数種類の訳があるようです。

陰陽:yin-yang (またはハイフンなし)と中国音で書いてあります。

なお,日本語の「説」を theory と直訳していいかどうか,迷います。上述のページでは concept と書いてあるからです。また,両者をくっつけた「陰陽五行」といういいかたが英語でもあるかどうかも疑問です。まあ,ヒントは出てきましたから,いろいろ検索をかけて実際の用例を探してみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報