仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!

遠藤周作の「沈黙」の一番後ろにある「切支丹屋敷役人日記」が読めません。
なんとか全文の意味が知りたいのですが、「この単語の意味が分かれば読みやすくなる(宗門=キリスト教とか)」とか、「ここに訳が載ってます」とか、どなたかアドバイスいただけませんか。このままでは中途半端で気持ち悪いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たしかに,「役人日記」の直前の,「たとえあの人は沈黙していたとしても,私の今日までの人生があの人について語っていた」という終わり方は,スッキリした結末という感じはしませんね。

「役人日記」まで読み通したとしても,その印象はあまり変わらないと思います。これは,キリスト教についての物語ではなくて,キリスト(教)を信じて生きた男の人生の物語ですから,作者は,予定調和的に完結する形ではなく,矛盾や不条理に満ちた現実をそのまま提示する形でしめくくり,あとは読者に考えさせようとしたのではないでしょうか?

物語の本編はだいたい1640年ごろ。「役人日記」の最初の寛文12年は1672年ごろ。その間の30年,ロドリゴ=岡田三右衛門がどんなふうに,何を考えながら生きてきたか,を想像させるのが,「役人日記」の役割(の少なくとも一部)だと思います。いったい,ロドリゴ=岡田三右衛門は,死ぬまで「主」を愛しつづけることができたのでしょうか?

能書きが長くなりました。すみません。

「拾人扶持」の「拾人」は「十人」,「扶持」は給料のことです。つまり「十人が養えるだけの給料(米)」をもらっていたということ。つまり彼は,幕府から給料をもらいながら30年間生きながらえてきたわけです。

「宗門の書物を相認める」とは「キリスト教の本を書く」。彼はキリスト教や教会組織の内情についてだれよりもよく知っているわけですから,幕府側としては,彼は貴重な情報源です。だから本を書かせた。たとえば,彼らが日本に布教に来る際,「日本人からこんな質問を受けたらこう答えなさい」みたいな公式のマニュアル的なものが準備されていたはずです。キリスト教の矛盾をつくような意地悪な質問にも堂々と答えられなくてはなりませんから。だから,ある意味で,彼はキリスト教の矛盾とか弱点とかにも精通しているわけです。そんな彼だから,いったん弾圧側に回れば「キリスト教はここがおかしい」みたいな本だって書けるわけです。幕府のねらいはそのあたりにあったのでしょう。(このへんはうろ覚え+推測ですが。)

延宝4年,キチジロー=吉次郎がキリシタンの「本尊」を所持していることが発覚した。その出所をめぐっていろいろ詮議があったようですね。ロドリゴ=岡田三右衛門からもらったのかと聞かれて「そんな隙はない」と答える吉次郎。また吉次郎に信仰を働きかけていないかと聞かれて「そんなことはしていない」と答える三右衛門。本当のところはどうだったのか,事実関係は私にもよく読みとれませんし,はっきり書かれてもいないようですが,そんなことがあり,また他にも周囲の人々が入牢させられたり拷問を受けたりしている,でも岡田三右衛門自身はその渦中には巻き込まれていないようですね。

最後に,岡田三右衛門のモデルになった「岡本三右衛門」と,井上筑後守こと「井上政重」については百科事典でも調べられますし,ネットで検索してもあまり多すぎない程度にヒットします。小説の内容はかなり史実に近いものがあるようですから,そのあたりを調べると,背景的な理解は深まりそうです。キリシタン弾圧に関するURLをひとつだけあげておきます。

以上,専門家ではないので誤解などもあるかもしれませんが,参考になれば幸いです。具体的な部分に関するご質問があればまたどうぞ。

参考URL:http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な解説をありがとうございます! なるほど「理解」というよりは「感じ取る」といった方向なのでしょうか。全部の意味を分からなきゃ! って身構えたのもいけなかったのかも。ちょっと光が見えた気がします。
先がなんとなく見えて、気力がわいてきました。モデルとなった人たちやその時代のことなども、色々調べてみようと思います。
本当にありがとうございました。とってもとっても助かりました。

お礼日時:2001/07/08 00:41

いい本ですよね。

何度読んでも感動します。

最初に読んだときは私もめんどくさくて読み飛ばしました。^^;
2回目にはなんとか解読を試みたような記憶があります。3回目はやっぱり飛ばしましたが。

具体的にここがわからないという点をあげていただければ,お手伝いできる「かも」しれません。でもあんまり期待しないでくださいね。もう細部は忘れていますから。

この回答への補足

ありがとうございます。私は今回初めて読んだのですが、恥ずかしながら、結末がちゃんと分からなかったのです……
「切支丹役人日記」の部分を読めば方向くらいはつかめるかしらん、と思ったのですが、分かったのは岡田が病死したことと、キチジローが取調べを受けたらしいこと…… 岡田三右衛門はどんな役目をしていたのでしょうか? 最初の「拾人扶持」が役目(身分?)を表しているのでしょうか??? キリスト教の本を「相認める」ってどういう意味? 書くってこと? それを日本人が命令したのですか???
もーう分からないことだらけで、英語の授業を思い出してしまいました(^_^;) 分からない単語ばかりだと大意もつかめなくってどこが重要かも分からなくって大弱り…… という状態です。もう「だいたいこんな意味」というのでもけっこうですので、教えていただけるとありがたいです。お手数おかけします。m(_ _)mペコリ

補足日時:2001/07/06 00:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【沈黙】は 芸術作品で 日本人の一部 ヨーロッパの一部にしか 理解できない映画だと 結論したのですが

【沈黙】は 芸術作品で 日本人の一部 ヨーロッパの一部にしか 理解できない映画だと 結論したのですが。 理解しようと努力する映画はヒットしますか??

Aベストアンサー

監督が28年間温めてて何度も企画を練り直しただけあって、いわゆる「ヒット」は狙っていないのではないかと思うんですよね。そもそも宗教をテーマにした映画がヒットするなど、ハリウッドでは誰も期待していないでしょうし、実現にこぎつけるだけでも大変だったようで、プロデューサーには世界一のお金持ちなど、来歴を読んでいるだけで楽しめる面々が名を突慣れています。それを見越して、のっけからグロいシーンを持ってきて、「べつにGレートにしなくてもいいよ」というスタンスで撮ったのでしょう。

で、理解しようと努力する映画は、それなりに根強いファン層を惹きつけると思います。米国の映画産業が巨大なだけに、米国人映画ファンが日本人映画ファンや欧州人映画ファンに比べて理解する努力を放棄しがちだとお思いなのかもしれませんが、さにあらず。

日本でもシネコンが台頭してきた今は、理解する努力を要する映画を好まない映画ファンは大勢いますが、どこの国にも、深く掘り下げるのを楽しむファンはいて、それは米国とて同じです。

ただ、『沈黙』に限っていえば、理解しようと努力しなくても、それなりにじゅうぶんに楽しめると思います。表面的には、お坊ちゃんが苦難の旅をしながら、貧民の優しさや、権力の横暴に触れながら、自分が想像もしなかった価値観に行き着く物語は時系列にわかりやすく描かれていますし、米国で今をときめく若手人気俳優や娯楽大作の数々で名をはせたベテラン俳優を起用して飽きさせないようにしていますし、少し映画を見慣れている人なら、加瀬や浅野やイッセー尾形を見つけて喜ぶでしょうし、ロケや衣装や美術にもものすごく力が入っています(余談ながら日本で撮っていないのが極めて残念ですが)。

わかりにくさとわかりやすさのバランスで言ったら、同監督の作品の中でも語り継がれる名作『タクシードライバー』といい勝負だと思います。『沈黙』も「ヒット」するかどうかはわかりませんが、世界中で注目されて、映画史にその名を刻み、DVD化や放送に伴う権利で、もとをとるでしょう。大学の教材としても使われるかも。

監督が28年間温めてて何度も企画を練り直しただけあって、いわゆる「ヒット」は狙っていないのではないかと思うんですよね。そもそも宗教をテーマにした映画がヒットするなど、ハリウッドでは誰も期待していないでしょうし、実現にこぎつけるだけでも大変だったようで、プロデューサーには世界一のお金持ちなど、来歴を読んでいるだけで楽しめる面々が名を突慣れています。それを見越して、のっけからグロいシーンを持ってきて、「べつにGレートにしなくてもいいよ」というスタンスで撮ったのでしょう。

で、理解...続きを読む

Q遠藤周作の小説で

遠藤周作の本にハマっています。『海と毒薬』『沈黙』『白い人・黄色い人』は読んだのですが、それ以外でおすすめのものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私も愛読書が遠藤周作です。
NO.1の方と同じで、「私が棄てた女」「深い河」はいいです。あと、「王妃マリー・アントワネット」も異色な歴史小説っぽくて面白かったですよ。それから「侍」とか・・・。短編集もたくさん出てますよ。
ぐうたらシリーズ は読まれましたか?エッセイなので、好き嫌いがあるかと思いますが、私はぐうたらシリーズも面白いので大好きですが・・・。

Qかわぐちかいじ原作「沈黙の艦隊」ご存じのかた

かわぐちかいじ原作「沈黙の艦隊」で、海江田艦長の名セリフ?「・・・~するよりも、荒れた海を自由に・・・」をご存じのかた、全文を教えてください
またコミック何巻でしょうか?

Aベストアンサー

牢獄の庭を歩く自由より 嵐の海だがどこまでも泳げる自由を 私なら選ぶ

コミックスか文庫コミックかで巻数が違うと思います。
ちなみにこんなサイトはいかがですか。

http://freett.com/take_the_a_train/tinnmoku.htm

かわぐちかいじ作はどこまでも人間くさく、私は好きです。
ムダな登場人物がほとんどないってすごいと思います。

Q宮城谷さんの「沈黙の王」

宮城谷さんの「沈黙の王」
の表題作の沈黙の王
を読んだことのある方へ
この本の感想を教えてください
またこの本の中の心に残った場面や
心に残った言葉などもあれば教えてください

Aベストアンサー

感想文でも書くの?
短編集なんだから自分で読んで見ましょうよW
甲冑文字を作ったと言われる、言葉を発せなかった王の物語です

Q沈黙シリーズって…

こんにちは~
今日、沈黙シリーズを見てて思ったんですけど…
知ってる人には、簡単すぎる質問なんですが

主人公の人って役者は同じだけど
役は同じなんですか?
沈黙の艦隊とか沈黙の要塞とか他いろいろと、皆.同じ役なんですか?

シリーズは好きで見てるんですが
そこの所よくわかってなくって見てたもので(--;
シリーズによって
主人公の姪っ子とか娘(?)とか、いろいろと、でてくるから…
気になってしまって…

よかったらお答えお願いします~★

Aベストアンサー

こんばんは。
確か、2作目までは設定上の共通点があったように思いますが、
(出身部隊とか名前とか)
それ以降は別の作品です。
制作サイドにも意識はないでしょう。
多分、ですけど、日本での配給元、
本国での映画会社が同一の場合に使用しているのではないでしょうか?
スターの出世作の印象が強い場合、似たような邦題を無理矢理つけるのは
昔から良くあることです。
確証はないですが、まずこの線ではないかと思います。
セガールも早く「沈黙の」が取れるともっと扱いが良くなるんでしょうねえ。

Q日記と創作日記の違い

文章のスタイルとして、「日記」というのと「創作日記」というのはどう違うのでしょうか。
「創作日記」というと、私のイメージとしては、フィクションの物語を、日記風の構成で描いたもの、
というように思っていたのですが、どうも確信が持てません。
webでざっと見たのですが、的確な説明が見つかりませんでした。辞書で「創作日記」を探しても、
私の辞書では出てきませんでした。皆さん、どうかよろしくお願いいたします。それと、
大変贅沢な希望なのですが、回答者さまの回答の根拠というか、ご自分ののイメージをもとにお答えくださったのか、
あるいは何かの資料、文献に出ていたことなのかもあわせてお教えくださると大変助かります。

Aベストアンサー

「創作日記」と最初に聞いて思い描いたイメージは、「創作というテーマで書かれた日記」でした。
思いついたアイディアや進み具合、創作の上での悩みや気になったことなどを書き留めておくノート・日記のことです。
「日記風の物語」ではなく、あくまでも現実の日記のひとつのジャンルです。

根拠というほどのものはありませんが、良くブログなどでも「○○(←趣味)日記」というタイトルを見かけます。「園芸日記」「文鳥日記」「お菓子日記」などなど……思いついた言葉に日記をつけて検索しただけでもたくさん出てきます。
ブログ以外にも日常をつづったエッセイ系の小説や漫画で「○○日記」というタイトルのものは多いですよね。
また、「○○ノート」という言葉も良く見かけます。

一般的に、「創作日記」と言われた時に思い浮かべるのはやはり「日記風の物語」ではなく「創作について書かれた日記」ではないかと思います。
土佐日記だとか蜻蛉日記だとか、そうした歴史的な日記も盛り上げるためのフィクションが入っていたとしても基本は実際にあった出来事をつづったエッセイですよね。

「日記風の物語」ならば日記とは呼ばれずに小説と呼ばれることの方が多いのではないかと思うんですが、いかがでしょうか。

「創作日記」と最初に聞いて思い描いたイメージは、「創作というテーマで書かれた日記」でした。
思いついたアイディアや進み具合、創作の上での悩みや気になったことなどを書き留めておくノート・日記のことです。
「日記風の物語」ではなく、あくまでも現実の日記のひとつのジャンルです。

根拠というほどのものはありませんが、良くブログなどでも「○○(←趣味)日記」というタイトルを見かけます。「園芸日記」「文鳥日記」「お菓子日記」などなど……思いついた言葉に日記をつけて検索しただけでもたくさん...続きを読む

Qつらい話を打ち明けられた

この間、最近仲良くなった友達から、初めて家庭の話を聞かされました。ハプニングでした。
話の成り行きで、「○○のお母さんってどんな人?」って聞いたら、「…あれ?まだ話してなかったっけ?私の両親は私が小さい頃に離婚したから、お母さんの記憶ないんよ」と云われました。
心の深い所にある傷にふれてしまった気がしました。何でもないことのようにさらっと云っていましたが、父親を嫌って今は会話がないとか、学費は全部自分で払っているとか、早く家を出て一人暮らししたいとか、後日聞く話の節々からも、相当親に関する話はデリケートな話だったことが伺えます。
私は、そんな話を聞くたびにどう反応していいかわからず「そうだったんだ…」としか云えませんでした。
あとは、しばらくお互い沈黙してしまいます。
私の勝手な想像ですが、友達は誰かに自分のつらいことを話して、受け止めて欲しいんじゃないかと思うんです。つらいことを話すのってすごく勇気がいると思うんです。誰にでも話せることじゃないし…。だから、つらいことを私に話してくれることは、嬉しいんです。
でも、どう言葉を返せばいいか、わかりません。下手なことを云えば、友達を傷つけそうで怖いです。
どんな風に言葉を返せばいいんでしょうか?

この間、最近仲良くなった友達から、初めて家庭の話を聞かされました。ハプニングでした。
話の成り行きで、「○○のお母さんってどんな人?」って聞いたら、「…あれ?まだ話してなかったっけ?私の両親は私が小さい頃に離婚したから、お母さんの記憶ないんよ」と云われました。
心の深い所にある傷にふれてしまった気がしました。何でもないことのようにさらっと云っていましたが、父親を嫌って今は会話がないとか、学費は全部自分で払っているとか、早く家を出て一人暮らししたいとか、後日聞く話の節々からも、...続きを読む

Aベストアンサー

そういう場合って、ただ聞いてほしいっていう時もあると思うんです。あなたを信頼して聞いてほしい相手だと思って、自分の中にあることをシェアすることで、楽になっていることもあるかもしれません。

私も障害を持つ妹の話を友人にさらっとすることがありますが、何を求めているわけでもありません。そうなんだ、と受け止めてもらえればいいときが多いのです。

本当にその方が行き詰まった時に、そばでどうしたらいいか相談に乗って、一緒に考えてあげられる姿勢さえあればいいと思います。もしもつらそうな時があったらそばにいて、正しいと思うことは正しい、どんなに傷があってもそれは正しくないと思うことについては正直に質問者様の思うところを伝えてあげればいいのではないでしょうか??

物足りない答えになってしまったかな。^^そうだったら、ごめんなさいね。

Q『沈黙』 踏み絵

遠藤周作の小説、『沈黙』について質問です。
踏み絵の場面のことで僕が思いあたるのは
ロドリゴが信徒に踏み絵を「踏め」と叫ぶ場面。
キチジローは自分だけ踏み絵を踏み彼の家族はそれを踏まずに殺された場面。
フェリイラが踏み絵を踏んだ事実。
ロドリゴが踏む場面です。
この小説のなかで踏み絵の場面は他にありますか?
お願いします。

Aベストアンサー

うろ覚えですが。

・モキチとイチゾウが踏まず、キチジローが踏んだ場面
・片目の男が踏まず、役人に切られた場面

踏み絵については作品を通して語られていると思いますが、
直接踏むかどうか書いているのはこれくらいだったと思います。

Q映画「東京オリンピック」はなぜヒットしたのでしょうか

映画「東京オリンピック」はなぜヒットしたのでしょうか

市川崑監督の「東京オリンピック」という映画は、東京オリンピックが開催された翌年(1965年)に公開されて、なぜ大ヒットしたのでしょうか。

Aベストアンサー

観客動員数が多かったのは,
映画館のみならず,
全国の学校や公民館などで上映会が行なわれたことが
大きな要因となっていることは確かでしょう。
ただ,それ以外にも人々を引きつけた理由があると思います。

私の記憶の中の東京オリンピックでは
真っ赤なブレザーを着た日本選手団が
大歓声に迎えられて国立競技場を行進していました。
ところがよく考えると,
小学生の私がオリンピックの放映を観ていたとき,
家のテレビはまだ白黒でした。
真っ赤なブレザーの記憶がリアルタイムのものではなく,
映画『東京オリンピック』に由来するものであると
気づいたのは大人になってからのことです。

1964年当時,
テレビの世帯普及率は90%近くにまで達しており,
国民は自宅の茶の間で手に汗握って観戦したのですが,
その大半は白黒テレビだったのです。
カラー放送は行なわれましたが,
カラーテレビの世帯普及率は1%未満で,
リアルタイムでそれを楽しむことができたのは
ひと握りの人たちでした。

そんな背景の下,
まだ大衆娯楽の殿堂だった映画館で,
あるいは近所の学校や公民館の講堂で,
天然色(!)のワイドスクリーンを前にして
前年の熱狂を思い起こしながら観客は手に汗握ったのです。

超望遠レンズやハイスピードカメラを駆使し,
説明を極力排した演出は記録映画の概念を超越していました。
その後のスポーツドキュメンタリーに
大きな影響を与えたとも言われています。
ただ,当時の観客がその芸術的価値を認めたから
ヒットしたというのは事実ではないと思います。

観客動員数が多かったのは,
映画館のみならず,
全国の学校や公民館などで上映会が行なわれたことが
大きな要因となっていることは確かでしょう。
ただ,それ以外にも人々を引きつけた理由があると思います。

私の記憶の中の東京オリンピックでは
真っ赤なブレザーを着た日本選手団が
大歓声に迎えられて国立競技場を行進していました。
ところがよく考えると,
小学生の私がオリンピックの放映を観ていたとき,
家のテレビはまだ白黒でした。
真っ赤なブレザーの記憶がリアルタイムのものではなく,
映画『東京...続きを読む

Qハリポタの屋敷僕(やしきしもべ)ドビーの元ネタに覚えはありますか?

以前、映画のカテゴリで質問をしたのですが、もう少し意見を聞きたいと思いまして、カテゴリを変えて再度質問させていただきます。

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」に出てくる屋敷僕(やしきしもべ)ドビーについて質問です。

ドビーは、ハリーが仕組んだとはいえ、仕え主であるマルフォイさんから靴下をもらい彼から開放されましたよね。

これと同じような話を昔聞いたことがあると父(54)が言うのですが、「自分もそう思った!」という方はいらっしゃいますか?

父が言うには、「主から虐げられている仕え妖精のようなものがいて、主から衣服などをもらえると自由になれる。もらえるよう巧く手助けする者も登場する」というストーリーに覚えがあるのだとか…。

いつ頃知ったのかは分からないのだそうです…。
何か思いつくことがありましたら、宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

映画を見た当初は気が付きませんでしたが、ずっと昔にそのような話を聞いたことがある一人としてレスさせてもらいました。私の記憶では海外の童話だったと思うのです。それも、その話が主体ではなく何かの話の途中に出てきた・・という記憶が。読んだ本の出版社の違いだと思いますが。。
ところでハリポタといえば、出てくる人間以外の生物はほとんど(というか全て)が伝説上に出てくる生物ばかりです。ドラゴンやヒッポグリフはもちろん、今回の秘密の部屋でのストーリーである「バジリスクを怖がるクモが主人公に知恵を貸してバジリスクを倒させた」という内容も童話の一つとして存在しています。
そうなるとやしきしもべ妖精なども作者が見聞きした童話や昔話などをオリジナルバージョンとして書き直したものと考えられますよね(結局なんだったのか思い出せませんが^^;)。


人気Q&Aランキング