遠藤周作の「沈黙」の一番後ろにある「切支丹屋敷役人日記」が読めません。
なんとか全文の意味が知りたいのですが、「この単語の意味が分かれば読みやすくなる(宗門=キリスト教とか)」とか、「ここに訳が載ってます」とか、どなたかアドバイスいただけませんか。このままでは中途半端で気持ち悪いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たしかに,「役人日記」の直前の,「たとえあの人は沈黙していたとしても,私の今日までの人生があの人について語っていた」という終わり方は,スッキリした結末という感じはしませんね。

「役人日記」まで読み通したとしても,その印象はあまり変わらないと思います。これは,キリスト教についての物語ではなくて,キリスト(教)を信じて生きた男の人生の物語ですから,作者は,予定調和的に完結する形ではなく,矛盾や不条理に満ちた現実をそのまま提示する形でしめくくり,あとは読者に考えさせようとしたのではないでしょうか?

物語の本編はだいたい1640年ごろ。「役人日記」の最初の寛文12年は1672年ごろ。その間の30年,ロドリゴ=岡田三右衛門がどんなふうに,何を考えながら生きてきたか,を想像させるのが,「役人日記」の役割(の少なくとも一部)だと思います。いったい,ロドリゴ=岡田三右衛門は,死ぬまで「主」を愛しつづけることができたのでしょうか?

能書きが長くなりました。すみません。

「拾人扶持」の「拾人」は「十人」,「扶持」は給料のことです。つまり「十人が養えるだけの給料(米)」をもらっていたということ。つまり彼は,幕府から給料をもらいながら30年間生きながらえてきたわけです。

「宗門の書物を相認める」とは「キリスト教の本を書く」。彼はキリスト教や教会組織の内情についてだれよりもよく知っているわけですから,幕府側としては,彼は貴重な情報源です。だから本を書かせた。たとえば,彼らが日本に布教に来る際,「日本人からこんな質問を受けたらこう答えなさい」みたいな公式のマニュアル的なものが準備されていたはずです。キリスト教の矛盾をつくような意地悪な質問にも堂々と答えられなくてはなりませんから。だから,ある意味で,彼はキリスト教の矛盾とか弱点とかにも精通しているわけです。そんな彼だから,いったん弾圧側に回れば「キリスト教はここがおかしい」みたいな本だって書けるわけです。幕府のねらいはそのあたりにあったのでしょう。(このへんはうろ覚え+推測ですが。)

延宝4年,キチジロー=吉次郎がキリシタンの「本尊」を所持していることが発覚した。その出所をめぐっていろいろ詮議があったようですね。ロドリゴ=岡田三右衛門からもらったのかと聞かれて「そんな隙はない」と答える吉次郎。また吉次郎に信仰を働きかけていないかと聞かれて「そんなことはしていない」と答える三右衛門。本当のところはどうだったのか,事実関係は私にもよく読みとれませんし,はっきり書かれてもいないようですが,そんなことがあり,また他にも周囲の人々が入牢させられたり拷問を受けたりしている,でも岡田三右衛門自身はその渦中には巻き込まれていないようですね。

最後に,岡田三右衛門のモデルになった「岡本三右衛門」と,井上筑後守こと「井上政重」については百科事典でも調べられますし,ネットで検索してもあまり多すぎない程度にヒットします。小説の内容はかなり史実に近いものがあるようですから,そのあたりを調べると,背景的な理解は深まりそうです。キリシタン弾圧に関するURLをひとつだけあげておきます。

以上,専門家ではないので誤解などもあるかもしれませんが,参考になれば幸いです。具体的な部分に関するご質問があればまたどうぞ。

参考URL:http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な解説をありがとうございます! なるほど「理解」というよりは「感じ取る」といった方向なのでしょうか。全部の意味を分からなきゃ! って身構えたのもいけなかったのかも。ちょっと光が見えた気がします。
先がなんとなく見えて、気力がわいてきました。モデルとなった人たちやその時代のことなども、色々調べてみようと思います。
本当にありがとうございました。とってもとっても助かりました。

お礼日時:2001/07/08 00:41

いい本ですよね。

何度読んでも感動します。

最初に読んだときは私もめんどくさくて読み飛ばしました。^^;
2回目にはなんとか解読を試みたような記憶があります。3回目はやっぱり飛ばしましたが。

具体的にここがわからないという点をあげていただければ,お手伝いできる「かも」しれません。でもあんまり期待しないでくださいね。もう細部は忘れていますから。

この回答への補足

ありがとうございます。私は今回初めて読んだのですが、恥ずかしながら、結末がちゃんと分からなかったのです……
「切支丹役人日記」の部分を読めば方向くらいはつかめるかしらん、と思ったのですが、分かったのは岡田が病死したことと、キチジローが取調べを受けたらしいこと…… 岡田三右衛門はどんな役目をしていたのでしょうか? 最初の「拾人扶持」が役目(身分?)を表しているのでしょうか??? キリスト教の本を「相認める」ってどういう意味? 書くってこと? それを日本人が命令したのですか???
もーう分からないことだらけで、英語の授業を思い出してしまいました(^_^;) 分からない単語ばかりだと大意もつかめなくってどこが重要かも分からなくって大弱り…… という状態です。もう「だいたいこんな意味」というのでもけっこうですので、教えていただけるとありがたいです。お手数おかけします。m(_ _)mペコリ

補足日時:2001/07/06 00:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遠藤周作の小説で

遠藤周作の本にハマっています。『海と毒薬』『沈黙』『白い人・黄色い人』は読んだのですが、それ以外でおすすめのものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私も愛読書が遠藤周作です。
NO.1の方と同じで、「私が棄てた女」「深い河」はいいです。あと、「王妃マリー・アントワネット」も異色な歴史小説っぽくて面白かったですよ。それから「侍」とか・・・。短編集もたくさん出てますよ。
ぐうたらシリーズ は読まれましたか?エッセイなので、好き嫌いがあるかと思いますが、私はぐうたらシリーズも面白いので大好きですが・・・。

Q新書で戦国時代や武将を扱ったものをできるだけ教えていただけますか?

新書で戦国時代や武将を扱ったものをできるだけ教えていただけますか?

Aベストアンサー

・「戦国武将」大和田哲男 中公新書
・「戦国の群像」大和田哲男 学研新書
・「戦国の城」大和田哲男 学研新書
・「織田信長合戦全録」谷口克広 中公新書
・「信長の司令官」谷口克広 中公新書
・「信長の親衛隊」谷口克広 中公新書
・「戦国武将の「政治力」」瀧澤中 祥伝社新書
・「武士の家計簿」磯田道史 新潮新書
・「室町の王権」今谷明 中公新書
・「刀と首取り」鈴木眞哉 平凡社新書
・「渡部昇一の戦国史入門」渡部昇一 PHP研究所新書
・「秀吉を襲った大地震」寒川旭 平凡社新書
・「百姓から見た戦国大名」黒田基樹 ちくま新書
・「敗者から見た関ヶ原合戦」三池純正 新書y
・「軍需物資から見た戦国合戦」盛本昌広 新書y

今、私が手元にあり、お薦め出来る新書はこのぐらいです。

Q宮城谷さんの「沈黙の王」

宮城谷さんの「沈黙の王」
の表題作の沈黙の王
を読んだことのある方へ
この本の感想を教えてください
またこの本の中の心に残った場面や
心に残った言葉などもあれば教えてください

Aベストアンサー

感想文でも書くの?
短編集なんだから自分で読んで見ましょうよW
甲冑文字を作ったと言われる、言葉を発せなかった王の物語です

Q『沈黙』 踏み絵

遠藤周作の小説、『沈黙』について質問です。
踏み絵の場面のことで僕が思いあたるのは
ロドリゴが信徒に踏み絵を「踏め」と叫ぶ場面。
キチジローは自分だけ踏み絵を踏み彼の家族はそれを踏まずに殺された場面。
フェリイラが踏み絵を踏んだ事実。
ロドリゴが踏む場面です。
この小説のなかで踏み絵の場面は他にありますか?
お願いします。

Aベストアンサー

うろ覚えですが。

・モキチとイチゾウが踏まず、キチジローが踏んだ場面
・片目の男が踏まず、役人に切られた場面

踏み絵については作品を通して語られていると思いますが、
直接踏むかどうか書いているのはこれくらいだったと思います。

Qハリポタの屋敷僕(やしきしもべ)ドビーの元ネタに覚えはありますか?

以前、映画のカテゴリで質問をしたのですが、もう少し意見を聞きたいと思いまして、カテゴリを変えて再度質問させていただきます。

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」に出てくる屋敷僕(やしきしもべ)ドビーについて質問です。

ドビーは、ハリーが仕組んだとはいえ、仕え主であるマルフォイさんから靴下をもらい彼から開放されましたよね。

これと同じような話を昔聞いたことがあると父(54)が言うのですが、「自分もそう思った!」という方はいらっしゃいますか?

父が言うには、「主から虐げられている仕え妖精のようなものがいて、主から衣服などをもらえると自由になれる。もらえるよう巧く手助けする者も登場する」というストーリーに覚えがあるのだとか…。

いつ頃知ったのかは分からないのだそうです…。
何か思いつくことがありましたら、宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

映画を見た当初は気が付きませんでしたが、ずっと昔にそのような話を聞いたことがある一人としてレスさせてもらいました。私の記憶では海外の童話だったと思うのです。それも、その話が主体ではなく何かの話の途中に出てきた・・という記憶が。読んだ本の出版社の違いだと思いますが。。
ところでハリポタといえば、出てくる人間以外の生物はほとんど(というか全て)が伝説上に出てくる生物ばかりです。ドラゴンやヒッポグリフはもちろん、今回の秘密の部屋でのストーリーである「バジリスクを怖がるクモが主人公に知恵を貸してバジリスクを倒させた」という内容も童話の一つとして存在しています。
そうなるとやしきしもべ妖精なども作者が見聞きした童話や昔話などをオリジナルバージョンとして書き直したものと考えられますよね(結局なんだったのか思い出せませんが^^;)。


おすすめ情報