複素解析の本に
『複素数の絶対値の性質から明らかなように、複素数z, z'に対してd(z,z') = | z' - z | とすれば、dはC上の'距離関数'を与える:
(M1) d(z, z')≧0; d(z, z') = 0 は z = z' の時に限る
(M2) d(z, z') = d(z', z)
(M3) d(z, z'') ≦ d(z, z') + d(z', z'')
したがってCは距離空間となって、通常の方法で位相が定義され、それを元に極限、連続性などの議論を進めることが出来る。』

とあったのですが、位相ってなんですか?

実は前にもちょっと似た質問をしたことがあってその時はトポロジーの和訳、くらいに思っていたんですが、
この文脈からするとやっぱり分かってない事を改めて認識させられました。

「位相とは」について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

[位相の定義]



Sを一つの空でない集合とする。Sの部分集合系Dが次の3つの条件をみたすとき、DはSに1つの位相構造を定めるという。簡単に、DはSにおける1つの位相であるという。

(1) S∈D および Φ∈D
(2) Y_1∈D、Y_2∈D ならば Y_1∩Y_2∈D
(3) Y_λ:λ∈Λ をDの元から成る任意の集合族とすれば{∪Y_λ:λ∈Λ}∈D

[位相空間の定義]

また1つの位相構造の定められた集合S、つまり、1つの位相Dの与えられた集合Sを位相空間という。形式的にいえば集合Sとそこにおける1つの位相Dとの組(S、D)である。Dを位相空間の位相ともいう。位相空間(S、D)に対して集合Sを台集合という。Sの元を位相空間(S、D)の点といい、Sの部分集合をそのまま(S、D)の部分集合とよぶ。

[開集合の定義]

(S、D)を1つの位相空間とするとき、Dに属するSの部分集合をこの位相空間の開集合ないし開集合系という。

っととりあえず定義だけならべてみました。レスが多くてあまり見ていませんが、下の補足からするとまだ集合と位相の話しを習っていないようなので「集合・位相入門」:岩波書店:松坂和夫著をお勧めしておきます。距離空間の話しものっているので読みやすいかもしれません。数学の勉強をもしこれから先に進まれるのなら集合の話しは基盤となっているので読んでおいた方がよいかと思います。または、「多様体の基礎」:東大出版のはじめにも開集合のことは復習として書いてあるので参考にしてください。

この回答への補足

ありがとうございます。定義はこれで明確になりました。
ところで元の問題に戻って

> したがってCは距離空間となって、通常の方法で位相が定義され

という記述ですが、この場合集合SがCに相当しますよね?
Dとしては例えばどんなものが考えられるのですか?
(こんな質問してる事自体分かってない事を露呈しているのかな?)

それと、定義は明確になったとは言いつつ1つ分からない記号がありました。

> λ∈Λ

ってどう言う意味ですか?

補足日時:2001/07/11 13:17
    • good
    • 0
    • good
    • 0
この回答へのお礼

http://www.math.meiji.ac.jp/staffs/ahara/Kgairon/
はとても参考になりそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/12 13:40

アドバイスではなくお詫びです。



専門化でもなんでもないので余計な書きこみをグダグダ書いて申し訳ないと思っていました。
しかしながら、昨日は酔っ払っていたようで、なんか書いたような気がして
みてみるとやっちゃっていました。(こころからお詫びいたします。)
しかも
> 固有状態というのは物理的には束縛された状態を表し
> それ以外は束縛されていない状態を表すからです。
というのは間違いですね。
離散固有値を持つ場合は束縛された状態、
連続固有値を持つ場合は束縛されていない状態です。
いいたかったのは束縛された状態で
束縛されていない状態を表すことができるということです。
まともな関数というのは、物理的にいってしまえば、
エネルギーが有限な状態を表している
(2乗可積分)という意味です。

そして位相となにが関係あるかというと
離散固有値が無限個あるような系には
連続固有値の場合に出てくる関数の一部は含まれなくて
離散固有値の関数を無限個の和で表すとようやく
その状態を表すことができると
いったことをあらわすためには基本的に
極限操作をちゃんと扱わなくてはならない
そのためのお膳だてが位相空間なのではないの?ということです。

わたしもで独学で数学を勉強しています。
taropooさんのような方がいてくださると心強いです。
それでついついわけのわからんことを書きこみたくなってしまいました。
できごころです。許してください。
    • good
    • 0

No.13に対するお礼で位相とは距離のことかといわれいるのが気に掛かりました。


実際問題としては極限とそれを付け加えた空間をどれだけうまく扱えるかといったことが問題になると思います。

典型的な例かどうかわかりませんが
関数空間である演算子に対して無限個の離散固有値をもつ場合に
その固有関数をもちいて、まともな関数をすべて表すことができる(無限個の和もあり)
というのは不思議でした。固有状態というのは物理的には束縛された状態を表し
それ以外は束縛されていない状態を表すからです。こういう場合の
集合の概念は重要で、無権個の固有関数で表現できるかなどは
極限をどう扱うかによると思います。

距離という概念(線形空間的なもの)より
むしろ極限を考えるときにどんどん近づくというのを集合の包含関係に
置き換えて精密化したというのが本当のところだと思います。
極限の定式化という意味ではそれを超越的に記述する(極限をどんどんではなく
どんな場合でも適当なナンチャラが存在する)方法論で
数学オンチの立場から言わせてもらえばそのための言葉を勉強しているに過ぎないのではないでしょうか?

もっといえばご自分で位相空間論的な立場で問題意識をもたない限り、
距離空間の一部の性質の抽象化にしか過ぎないのではないでしょうか?
    • good
    • 0

自己レスというより訂正です。



>promeさんの補足の通りSの濃度は規定していません。Λもその通りです。

SではなくΛの濃度です。有限でも無限でもいいです。
回答は以下の本を参考にしています。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/qsearch
    • good
    • 0

私は数学を専門にしていないのであまり細かいことはわかりませんが(^^;



>> したがってCは距離空間となって、通常の方法で位相が定義され
>
>という記述ですが、この場合集合SがCに相当しますよね?
>Dとしては例えばどんなものが考えられるのですか

そうですね。CはSに相当します。
私を含めて距離空間と位相空間がごっちゃになっているかも知れません。(^^;
直感的にはDに相当するものはdだと書きたいのですが、DはSの部分集合系なので本当は違います。でも大体あっています。上の質問の場合dでよいです。

(M1) d(z, z')≧0; d(z, z') = 0 は z = z' の時に限る
(M2) d(z, z') = d(z', z)
(M3) d(z, z'') ≦ d(z, z') + d(z', z'') :三角不等式

で定義されるd「距離関数」は暗黙裡にdはS(1つの空でない集合)で定義された2変数実数値(z:実数値)関数、S×Sから実数Rへの写像であるということが考えられています。今の質問の場合だとzを複素数としてd(z,z') = | z' - z | と定義しているので、dはRへの写像となってます。(S、d)を距離空間(S、d)といいます。略して距離空間Sとも書きます。(S、d)においてdを距離と言います。

本当はSの以下の条件をみたす部分集合系D_d(距離空間(S、d)を与えている)を定義して、距離空間(S、d)にはいつも位相D_dが付随していると考えます。ですから位相空間は(S、D_d)です。このD_dを踏み台にして、距離空間(S、d)を位相空間とみなします。(ただし、離散位相空間・・・DをSの部分集合全体からなる集合系としたものです)

*条件*
(S、d)を一つの距離空間として、aをSの任意の1点、εを任意の正の実数
集合B(a;ε)={x|x∈S、d(a、x)<ε}:球体
を定義して、Sの空でない部分集合Yが∃aに対しB(a;ε)⊂YとなるBが存在するような部分集合Yの全体および空集合からなる集合系をD_dとする

こんなものでよろしいでしょうか?・・・ゼイゼイ
promeさんの補足の通りSの濃度は規定していません。Λもその通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり例を挙げるとなると距離になっちゃいますか。
下のほうでどなたかが「位相≒距離」みたいな事をおっしゃってましたが、
その微妙な違いとは何なのか気になっていましたが
この場でそれをご説明頂くのは大変なようです。

まずは「位相≒距離」でもちょっと違う、位相のほうが抽象的、くらいに捉えておいて、
やっぱり理解しないとまずいと言う場面になったらご紹介頂いた本で勉強しようと思います。

inukoroさん、promeさんを始め沢山の方々、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 21:43

>> したがってCは距離空間となって、通常の方法で位相が定義され


>
>という記述ですが、この場合集合SがCに相当しますよね?
>Dとしては例えばどんなものが考えられるのですか?
>(こんな質問してる事自体分かってない事を露呈しているのかな?)

inukoroさんが答えられるのかもしれませんが、ちょっと横から。
どうしても理解したいのなら、専門書をひもとくか、
御自分で考えられた方がいいのでは?数日かけて。
あるいはさらっと流しておくか。

大学レベルの数学関係の本にはよくこういう表現があります。
文中で深く論じることが、本来の目的から逸脱するとか、
(この場合だと複素解析がメインだから)
あるいは知っている人には退屈する議論になるなどの理由で、
一言でさらっと流してしまう。
私もそうでしたが、初心者にはこれがわからない。
詰まってしまうんですね。
私はさらっと流してしまったクチです。
位相の講義でもっと勉強して理解しようとしました。
でないとメインの複素解析が進まなくなるから。

>それと、定義は明確になったとは言いつつ1つ分からない記号がありました。
>
>> λ∈Λ
>
>ってどう言う意味ですか?

これは添字集合というものです。例えばn個の集合Y_1,Y_2,...,Y_nを表現する時、
S={1,2,...,n}として、Y_i(i∈S)と書く方法です。この時Sを添字集合といいます。
ここで書かれている添字集合Λは、ある特定の集合を示しているのではありません。
集合が有限個なら上記の通りで、無限個例えば自然数の個数と同じだけある
集合を表現する時は、N(印刷物ではよく太字のNになってます)を
自然数全体の集合とすると、Y_n(n∈N)と書きます。

なぜΛの文字を使うかは知りませんが、Nだと自然数、Rだと実数、
Cだと複素数、と暗黙のうちにそう解釈されるので、他の用途にあまり使わない
Λの文字を使っているのではないか、程度の認識しかありません。
多くの文献でΛを使っているので、数学を専門にやっている人は、
黙ってΛと書いても任意の添字集合だな、と理解します。

添字集合のことは集合論の本に書いてあると思います。
集合論は深入りすると結構大変ですが、
集合の濃度についてはさらっと勉強された方がいいかと思います。
実はinukoroさん記述の位相空間の定義の3つ目は、添字集合Λの濃度に
依存せず、成り立つということを言っているので。
(濃度とは集合の元の個数です。1,2,3と数えられない無限集合の場合
「個数」というと語弊があるのであえて「濃度」という用語を使います)

この回答への補足

> どうしても理解したいのなら、専門書をひもとくか、
> 御自分で考えられた方がいいのでは?数日かけて。
> あるいはさらっと流しておくか。

教えて!gooでは良くこう言った回答を目にします。
しかし僕はそれよりも教えて!gooで聞いた方がいいと思うからそうするのです。
きっと上のような事をおっしゃる方は大都市圏で専門書を扱ってる書店に手軽に足を向ける事の出来る方か、
大学や市立や区立の図書館が近くにあって内容が充実していると言う恵まれた環境にいらっしゃる方なのではないでしょうか?

そう言った事が出来ない環境にいる者にとって、教えて!gooはとてもありがたい存在です。
わざわざ交通費と時間を割いて探しに行かなくても情報を与えてくれる方が沢山いらっしゃるのですから。
もちろん、その回答の全てが内容に不備がないと言うわけではない事も知っていますし
そのために却って混乱させられる事もしばしばです。

それでも教えて!gooは自分にとって最善の選択なのです。


それはさておき、

>> したがってCは距離空間となって、通常の方法で位相が定義され
>
>という記述ですが、この場合集合SがCに相当しますよね?
>Dとしては例えばどんなものが考えられるのですか?

についてのinukoroさんの回答が待たれる所です。

補足日時:2001/07/11 16:36
    • good
    • 0

>>> a)有限個の開集合の積集合はまた開集合


>>> b)任意個の開集合の和集合はまた開集合
>
>「a)で言う所の開集合って何?」となると、Xの部分集合についてそのまた
>部分集合を考えなきゃいけなくて、定義が再帰的に見えるのですが。
>やはり開集合を定義するには開集合と言う概念を使わずに定義する必要がある
>ように思えます。

いえいえ、このa),b)の部分は、ユークリッド空間の開集合の性質を
説明したときに書いたものです。
混乱しないように書くと、

a)有限個のΘの元の積集合はΘの元
b)任意個のΘの元の和集合がΘの元

です。これにc)φ∈Θ,X∈Θという条件を付加して、
この3つの性質を持つΘをXの位相と定義します。
そしてΘの元をXの開集合と呼びます。
これでいいでしょうか?

現代数学の多くは定義や性質を抽象的に述べているので、字面だけを追っていると
何を言ってるかわかりません。しっかりと自分の頭で考えて、自分なりのイメージを
持たないと理解できません。本を読むのに1時間かかったとすると、自分の頭で
考えて理解するのに4~5時間、場合によっては何日もかかるつもりでいた方が
いいでしょう。特に最初のころは慣れてないので。

位相の定義を作った人だって、きっと20~30分で考えついたのではないでしょう。
先人の蓄積の上に自分の考えを重ねて、何日も何ヶ月も考えたのではないでしょうか。
もっとも数学者の中には稀有の大天才がいるので、一瞬で思いついたなんていう人も
いるのでしょうけどね。

>位相についてはそれ自体を突き詰める気はなく、何かと出てくる言葉として違和感なく
>接する事が出来れば程度に思っています。

それでしたら、あまり深入りせずにさらっと流せばいいのでは?
これまでのレベルの議論をするでしたら、本格的な位相空間論の本を読んでください。
読まずに位相の議論をしても、たぶん空回りでしょう。
私は読んでいらっしゃるとばかり思っていたので、上記のa),b)の部分で
端折って書きました。手元に本があるので端折っても理解していただけると...

この回答への補足

> a)有限個のΘの元の積集合はΘの元
> b)任意個のΘの元の和集合がΘの元
>
> です。これにc)φ∈Θ,X∈Θという条件を付加して、
> この3つの性質を持つΘをXの位相と定義します。
> そしてΘの元をXの開集合と呼びます。
> これでいいでしょうか?

もちろんこれならOKです。やはりAを定義する時にAを使ってはいけないと思います。それは古典数学だろうが現代数学だろうが同じだと思いますが。素人考えですか?

> それでしたら、あまり深入りせずにさらっと流せばいいのでは?

始めから下のinukoroさんみたいな回答が頂ければ長引かずに済んだのですがね。

補足日時:2001/07/11 13:27
    • good
    • 0

鋭い突っ込みに少しタジタジのpromeです。


一度実家へ帰って大学時代のテキストを見てみますが、
とりあえずわかる範囲で回答を。

>> 一般の集合Xで上記のa),b)の性質を持つXの部分集合を、
>> Xの開集合と定義します。
>> φ(空集合)とX自身もこの2つの性質をもちます。
>
>開集合の定義の中に開集合と言う言葉が出てきてはまずいんじゃないでしょうか?

Xの開集合の定義:上記a),b)の性質を持つXの部分集合
ですから、まずくはないです。

>それと、仮に開集合と言う言葉が定義されたとしてそれが上のa),b)を満たして
>いるとするならば
>
>> 開集合の族をΘとすると、
>> 1)φ∈Θ,X∈Θ
>> 2)有限個のОn∈Θに対し、∩Оn∈Θ
>> 3)任意個のОλ∈Θに対し、∪Оλ∈Θ
>
>は当然成り立つ条件なんじゃないですか?

これは私の書き方がまずかったのでしょう。この部分は改めて位相空間の定義を
書いたものです。「上記1)~3)の性質を持つΘをXの位相という」というのが
位相空間の定義です。

現代数学の抽象化のパターンとして、「ユークリッド空間の○○は△△なる性質
を持つ」場合、一般の集合で「○○の定義を△△とする」というのがよくあります。
今の場合、○○が開集合で、△△が条件a)とb)です。

>それ以前に、上の「X自身もこの2つの性質をもちます。 」ってどう言う意味ですか

これは私の間違いです。「X自身とφもΘの元とします」と書くのが正解でした。

ところでtaropooさんはどういう本で数学を勉強されているんでしょうか?
私は大学時代に、菅原正博著「位相への入門」朝倉書店刊で勉強しました。
図解がほとんど(全く?)なくて、当時の私にはとっつきにくい本でしたが、
抽象化に慣れる意味ではいい本だと思います。
ただ理解のためには図解入りの本をサブで読んだ方がいいかもしれません。

この回答への補足

> Xの開集合の定義:上記a),b)の性質を持つXの部分集合
> ですから、まずくはないです。

との事ですが、

>> a)有限個の開集合の積集合はまた開集合
>> b)任意個の開集合の和集合はまた開集合

「a)で言う所の開集合って何?」となると、Xの部分集合についてそのまた部分集合を考えなきゃいけなくて、定義が再帰的に見えるのですが。
やはり開集合を定義するには開集合と言う概念を使わずに定義する必要があるように思えます。

> これは私の書き方がまずかったのでしょう。この部分は改めて位相空間の定義を
> 書いたものです。「上記1)~3)の性質を持つΘをXの位相という」というのが
> 位相空間の定義です。

ということはΘは開集合の族である必要はないと言う事ですか?

> 現代数学の抽象化のパターンとして、「ユークリッド空間の○○は△△なる性質
> を持つ」場合、一般の集合で「○○の定義を△△とする」というのがよくあります。
> 今の場合、○○が開集合で、△△が条件a)とb)です。

は何となく分かる気がします。

> ところでtaropooさんはどういう本で数学を勉強されているんでしょうか?

質問に登場した『複素解析』(高橋礼司著 東大出版会)のほか、『微分積分学』(笠原晧司著 サイエンス社)、『線形代数入門』(斎藤正彦著 東大出版会)など、理系全般のの大学1年生が授業で使ってるような教科書です。
位相についてはそれ自体を突き詰める気はなく、何かと出てくる言葉として違和感なく接する事が出来れば程度に思っています。

補足日時:2001/07/11 00:33
    • good
    • 0

>>それとそもそもここでいう開集合ってどう定義されたものですか?


>>私は距離に基づいて定義された開集合しか知らないので。
>
>これ、教えてください。イメージは良いので定義を。

まずユークリッド空間の開集合から行きます。1次元ユークリッド空間Rは、
ご存知の通り実数の数直線です。
Rにはユークリッド距離(いわゆる通常の距離です)が存在するので、
点x∈Rのε近傍を(ε>0とする)
Vε(x)={y|y∈R,|x-y|<ε}
と定義します(簡単にいうとxを中心とした半径εの円の内部です)。
Rの部分集合(a,b)={x|a<x<b,a,b∈R}を考えた時、
(a,b)の各点は、十分小さなε近傍を作ってやると、
必ずVε(x)⊂(a,b)になります。
こういう性質を持つRの部分集合を開集合といいます。
(距離に基づいた定義をご存知なら、わかりますよね?)

ではRの開集合はほかにどういう形のものがあるかというと、
1)(a,b)
2)(-∞,b)
3)(a,∞)
4)(-∞,∞)
5)φ
です。これがRの開集合のすべてです。

Rの開集合はほかにどういう性質を持つかというと、
a)有限個の開集合の積集合はまた開集合
b)任意個の開集合の和集合はまた開集合
です。a)で任意個の積集合が開集合にならない例は
nを自然数とした時、可算無限個の積集合∩(-1,1/n)=(-1,0]
です。b)は上記の開集合の定義(ε近傍云々の部分)から証明できます。

ここからが現代数学特有の抽象化です。
一般の集合Xで上記のa),b)の性質を持つXの部分集合を、
Xの開集合と定義します(ここにはもはや「開いた」というイメージは
ありません)。φ(空集合)とX自身もこの2つの性質をもちます。

ここから位相空間の定義、すなわち、開集合の族をΘとすると、

1)φ∈Θ,X∈Θ
2)有限個のОn∈Θに対し、∩Оn∈Θ
3)任意個のОλ∈Θに対し、∪Оλ∈Θ

なる性質を持つとき、ΘをXの位相といい、位相空間(X,Θ)
あるいは単に位相空間Xという。

が出てきます。

この回答への補足

シンプルで無駄のない、それでいて飛躍のないご回答、ありがとうございます。
しかし済みません、taropoo、まだ分かってないです。(;_;)

> a)有限個の開集合の積集合はまた開集合
> b)任意個の開集合の和集合はまた開集合

> 一般の集合Xで上記のa),b)の性質を持つXの部分集合を、
> Xの開集合と定義します。
> φ(空集合)とX自身もこの2つの性質をもちます。

開集合の定義の中に開集合と言う言葉が出てきてはまずいんじゃないでしょうか?

それと、仮に開集合と言う言葉が定義されたとしてそれが上のa),b)を満たしているとするならば

> 開集合の族をΘとすると、
> 1)φ∈Θ,X∈Θ
> 2)有限個のОn∈Θに対し、∩Оn∈Θ
> 3)任意個のОλ∈Θに対し、∪Оλ∈Θ

は当然成り立つ条件なんじゃないですか?

つまり、Θが開集合の族である以上、Оn、Оλ∈Θは開集合であり、よってa),b)より、∩Оnも開集合 、∪Оλ も開集合、これらの開集合がΘの要素である事は自明に思えるのですが。

それ以前に、上の「X自身もこの2つの性質をもちます。 」ってどう言う意味ですか。Xは一般の集合だったはずです。それが開集合(??)。そもそも「X自身がa),b)を満たす」という意味が分かりません。

しつこくて申し訳ありませんがよろしくお願いします。

補足日時:2001/07/10 16:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乱視用のコンタクトレンズ

 私の視力は0.2程度で乱視もひどく、現在メガネを使用していますが、夏場大量の汗を顔にかくため、メガネに汗が滴り落ちて鬱陶しさを感じております。
 そこで、コンタクトレンズなるものに最近興味を持ち始めたのですが、一つ疑問があります。
 
 メガネの場合、レンズがフレームに固定されているので、常にレンズの位相は同じ位置で着用できると思います。でも、コンタクトレンズだと、着用時にレンズの位相なんて調整不可能ですよね?
 私のメガネの場合、メガネのレンズの位相を90度ずらす(縦にメガネを掛ける)と、ぼやけて全く見えないのですが、もしコンタクトレンズがメガネのレンズと同様の理屈で作られているとしたら、毎回同じ位相で着用しないと、見えたり見えなかったりという現象が発生すると思うのですが・・・。
 
 乱視用のコンタクトレンズって、その辺の問題をどのように解決しているのでしょうか?詳しい方、ぜひよろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

乱視は角膜の非球面性によって生じるのですが、乱視用コンタクトは
その面にあわせて落ち着くようになっているそうなので、だいたいの
向きを合わせて装着し、まばたきすれば勝手に適正位置に落ち着くようです。
http://acuvue.jnj.co.jp/product/ast/promo/about/index.htm
の乱視矯正のプロセスをご覧ください

Q複素数の三角不等式|z+w| <= |z|+|w|の証明について質問で

複素数の三角不等式|z+w| <= |z|+|w|の証明について質問です。
本に

シュヴァルツの不等式
(xu + yv)^2 <= (x^2 + y^2)(u^2 + v^2)
で、z = x+yi、w = u+viとすれば、
|Re(z w~)|   ←wだけ共役複素数
= |Re{(x+yi)(u-vi)}|
= |xu + yv|
<= √(x^2 + y^2)√(u^2 + v^2)
= |z||w|
と書くことができます。

…とあるのですが、
まず、そもそも何故、虚数Imのところは計算せずに
実数Reの部分だけを計算しているのか、意図が分かりません。

それと、|Re(z w~)|は何故いきなりwが共役複素数になってるんですか?
これは、|z|^2 = |z~|^2 = z z~ という性質と関係がありますか?
シュヴァルツの不等式が(xu + yv)^2と二乗していたので、こっちでも二乗した、ということですか?

そして、その後はRe z = (z+z~)/2を適用して|xu + yv|になるのは分かるんですけど、
<= √(x^2 + y^2)√(u^2 + v^2)
になった経緯が分かりません。
(xu + yv)^2 <= (x^2 + y^2)(u^2 + v^2) が二乗だったので
|xu + yv| <= √(x^2 + y^2)√(u^2 + v^2) は二乗をとって二乗根にした、ということですか?

三角不等式自体は別の教科書の複素数平面上に書かれた図で理解できているつもりです。
||z_1| - |z_2|| <= |z_1 + z_2| <= |z_1| + |z_2|
等号はO, OP1↑, OP2↑が一直線上にあり、
右の等号は、OP1↑, OP2↑が同じ向きのときであり、
左の等号は、OP1↑, OP2↑が反対向きのときである。
||z_1| - |z_2|| <= |z_1 - z_2| <= |z_1| + |z_2|
等号はO, OP1↑, OP2↑が一直線上にあり、
右の等号は、OP1↑, OP2↑が反対向きのときであり、
左の等号は、OP1↑, OP2↑が同じ向きのときである。
…というような図です。

いろいろ質問してすみません。どうか教えてください。お願いします。

複素数の三角不等式|z+w| <= |z|+|w|の証明について質問です。
本に

シュヴァルツの不等式
(xu + yv)^2 <= (x^2 + y^2)(u^2 + v^2)
で、z = x+yi、w = u+viとすれば、
|Re(z w~)|   ←wだけ共役複素数
= |Re{(x+yi)(u-vi)}|
= |xu + yv|
<= √(x^2 + y^2)√(u^2 + v^2)
= |z||w|
と書くことができます。

…とあるのですが、
まず、そもそも何故、虚数Imのところは計算せずに
実数Reの部分だけを計算しているのか、意図が分かりません。

それと、|Re(z w~)|は何故いきなりwが共役複素数になってるんですか?
これ...続きを読む

Aベストアンサー

落ち着きなさいな.

>|xu + yv|になるのは分かるんですけど、
><= √(x^2 + y^2)√(u^2 + v^2)

Schwartzの不等式を適用してるだけ.
A,B>=0のときは
A<BとA^2<=B^2は同値なんだから
そのままでしょう
#ちなみに,こういうのは「二乗をとる」とはいいません
#「二乗をとる」というと「二乗する」という逆の意味に解釈されえます.
#まあ、気持はわかる(指数を「除去」するという意味で「とる」といってるんだろうから)けど

>実数Reの部分だけを計算しているのか、意図が分かりません。
>
>それと、|Re(z w~)|は何故いきなりwが共役複素数になってるんですか?

意図も何も明らかで
どうにかして「xu+yv」をzとwから構築しようとしただけ.
z=x+iy, w=u+ivなんだから
xuを作るにはzwを計算することが自然にでてくる.
けどそれだと,iyiv=-yvがでてきてしまって符号が逆になるから
zw~という風に共役を使うとうまくいく.
そしてでてきたxu+yvはzw~の実部だから,Re(zw~)ってわけ.
これをきちんと整理して書けば
最初からいかにも見通してましたというように
Re(zw~)から天下り式に記述する.
数学の証明の常套手段です.
これからたくさんみるでしょう,この手の
「その最初の一歩どうやってみつけたんじゃ」という類の証明を.
どうやって見つけたかを考えるのも勉強です.
#ちなみに,xu+yvのように「掛け算」したものを「足す」というのは
#(a+b)(c+d)のような展開を巧妙に使うことで処理することが多い.これも常套手段.

自分で実際に手を動かして計算してないでしょう?
計算してたらすぐ意味はわかるはず.
計算してたら zz~=|z|^2と関係があるなんて思わないと思うなあ.

落ち着きなさいな.

>|xu + yv|になるのは分かるんですけど、
><= √(x^2 + y^2)√(u^2 + v^2)

Schwartzの不等式を適用してるだけ.
A,B>=0のときは
A<BとA^2<=B^2は同値なんだから
そのままでしょう
#ちなみに,こういうのは「二乗をとる」とはいいません
#「二乗をとる」というと「二乗する」という逆の意味に解釈されえます.
#まあ、気持はわかる(指数を「除去」するという意味で「とる」といってるんだろうから)けど

>実数Reの部分だけを計算しているのか、意図が分かりません。
>
>それと、|Re(z w~)|...続きを読む

Q凸レンズ 時間のギャップ

凸レンズは光を一点に集められるように厚みを調整してありますが,
位相差まで考慮して作られているのでしょうか?
つまり同時刻に出た光は,レンズの中心を通った光も,レンズの端っこを通った光も同時刻に観測面に集まるのでしょうか?

どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらお教えください.

Aベストアンサー

難しいことは解りませんが、レンズの外周に近いところから像に
至る経路と、レンズ中心から像に至る経路は、後者の方が短いですよね。
(光軸上に結像しているとして)

長い距離を通ってくる経路では当然位相が遅れるのではないか、
というのが質問の意味でしょうか。

レンズの中は光のスピードが遅いので、レンズ中心をとおる光と
周辺を通るひかりは同時に像に届くようです。

証明はわかりませんが、現象としてはこのような現象のようです。

Q不等式 |a-b|<(1/2)|b| ならば |a|>(1/2)|b| (a,b:複素数) の証明

解析の本で
ある複素数列がある複素数に収束するとき
その逆数の数列が収束値の逆数に収束する証明で使われています。
なんか自明のように使われていました。

虫のいいお願いですが、
複素平面を利用した幾何的な証明と
代数的な(式による)証明と
いただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

幾何的証明は図を描けば明らかなので、代数的証明を。


|a-b|≧|b|-|a|が成立すれば、
|a|≧|b|-|a-b|>|b|-(1/2)|b|=(1/2)|b|
となるので、|a-b|≧|b|-|a|を証明することにします。


a=a1+ia2、b=b1+ib2、とおくと、
(|a-b|)^2-(|b|-|a|)^2
=(a1-b1)^2+(a2-b2)^2-(a1^2+a2^2+b1^2+b2^2-2|a||b|)
=2(|a||b|-a1b1-a2b2)

ここで、
(|a||b|)^2-(a1b1+a2b2)^2
=(a1^2+a2^2)(b1^2+b2^2)-(a1^2*b1^2+a2^2*b2^2+2a1a2b1b2)
=a1^2*b2^2+a2^2*b1^2-2a1a2b1b2
=(a1b2-a2b1)^2≧0
なので、
(|a-b|)^2-(|b|-|a|)^2≧0

∴|a-b|≧|b|-|a|



なお、|a||b|-(a1b1+a2b2)≧0 は、
内積 a・b=a1b1+a2a2=|a||b|cosθ≦|a||b|
からでも証明可能です。

幾何的証明は図を描けば明らかなので、代数的証明を。


|a-b|≧|b|-|a|が成立すれば、
|a|≧|b|-|a-b|>|b|-(1/2)|b|=(1/2)|b|
となるので、|a-b|≧|b|-|a|を証明することにします。


a=a1+ia2、b=b1+ib2、とおくと、
(|a-b|)^2-(|b|-|a|)^2
=(a1-b1)^2+(a2-b2)^2-(a1^2+a2^2+b1^2+b2^2-2|a||b|)
=2(|a||b|-a1b1-a2b2)

ここで、
(|a||b|)^2-(a1b1+a2b2)^2
=(a1^2+a2^2)(b1^2+b2^2)-(a1^2*b1^2+a2^2*b2^2+2a1a2b1b2)
=a1^2*b2^2+a2^2*b1^2-2a1a2b1b2
=(a1b2-a2b1)^2≧0
なので、
(|a-b|)^2-(|b|-...続きを読む

QAF精度について コントラスト検出と位相差検出での画質の変化

私はデジタル一眼レフカメラのニコンD90を所有しています。レンズはタムロン17-50mmF2.8(A16)です。このカメラを使い始めたときから気になっていたのですが、
ファインダーをのぞいてAF(位相差検出式)で撮影したときの写真と、ライブビューでAF(コントラスト検出)で撮影した写真に違いがあります。コントラスト検出で撮影した写真のほうがジャスピンで詳細な描写です。

購入したレンズが前ピン、後ろピンとかいう話はよく聞きますが、
コントラスト検出式では合焦して、位相差検出式では合焦しないなんてのはあるんですか?低感度での撮影ではまったく気にならないのですが、高感度ISO3200常用するので、もしコントラスト検出の精度で撮影できてれば、もう少しきれいな写真になるのかな、といつも頭を悩ませます。さらに最近知った、ニコンのRawは純粋なRawじゃないということもショックで、天体撮影はしませんが天体撮影では勝手な処理を施すニコンはダメとかなんとか。

余談が入りましたが、AF方式の違いで比較するとこうも違うのかと驚かされます。一体、カメラ本体の不良なのか、レンズの不良なのか、それともこれがデフォルトなのかまったく判断できません。これら2つの合焦方式の違いは大体分かるのですが、それにより画質に変化が起こることがあるのでしょうか?

よく精度が高いコントラスト検出式でマクロ撮影するとか聞きますが、一般的な撮影では、多くの方はAFは位相差検出式を使用します。ということは、
コントラスト検出式の画質を基準に考えると、位相差検出式のほうが精度がよくないから、画質(詳細な描写)は悪いということですよね?
つまり上記に示したものは、レンズの問題じゃなくてAF方式の問題ということになるんですか?

私はデジタル一眼レフカメラのニコンD90を所有しています。レンズはタムロン17-50mmF2.8(A16)です。このカメラを使い始めたときから気になっていたのですが、
ファインダーをのぞいてAF(位相差検出式)で撮影したときの写真と、ライブビューでAF(コントラスト検出)で撮影した写真に違いがあります。コントラスト検出で撮影した写真のほうがジャスピンで詳細な描写です。

購入したレンズが前ピン、後ろピンとかいう話はよく聞きますが、
コントラスト検出式では合焦して、位相差検出式では合焦しないなん...続きを読む

Aベストアンサー

AF検出方式と画質は無関係です。
貴方が思っていることは画質に関する現象ではなくピント精度によるピンボケ。ピンボケと画質は基本的には無関係です。

位相差検出方式とコントラスト検出方式の違いはご存じですか?
概要説明を添付しました。
上がコントラスト検出方式、下が位相差検出方式。

コントラスト方式は検出エリア内の画像のコントラストが最大になる位置を探り当てるのでピント精度としては最も高い方式です。
位相差方式はズレ量を測定する方式なのでAFセンサーとレンズの収差の性能に依存します。レンズ収差は色収差が主な原因だと思いますがキヤノンのEOS 30D/40Dではこれが原因で日中と室内照明とではピントがズレるという現象が指摘されていました。光というのは光成分(赤や青)によって屈折率が異なります。

合焦しないケースもあります。
コントラスト方式はピント検出面が広く(面検出)、位相差方式は狭い(ライン検出)ためそういう現象が起きる場合もあります。
ラインセンサーは縦や横に配置されており、ラインに対して直角に対象物が配置されているときに最大の精度が発揮されやすくなります。コントラスト方式はそういう制約がありません。
上級機のラインセンサーはそういう現象に対処すべく縦横が重なったクロス配置になっていたり斜めのX配置にしたりと工夫されています。入門機は価格を抑えるためにクロス配置になっていない場合がほとんど。更に上級機では精度を上げるためにラインセンサーが千鳥配列になっている機種もあります。

高感度撮影でコントラスト方式の方がジャスピンになると言うことは室内がほとんどだと思いますが、その場合は光源が原因かもしれませんし、浅い被写界深度も関係し日中の屋外と暗い室内と差が出るのだと思います。
そういう場合はライブビューでのAF(コントラスト方式)がピント精度という点では有利でしょうね。
たぶんですが、ピント調整に出してもどうしようもないレンズでもコントラスト方式ならピントズレは起きないのではないでしょうか?

これは知っている人にとってはある意味常識で、ピント検出方式の特徴。
AF速度を取るかAF制度を取るか…状況と要求に合わせて使い分けましょう。

AF検出方式と画質は無関係です。
貴方が思っていることは画質に関する現象ではなくピント精度によるピンボケ。ピンボケと画質は基本的には無関係です。

位相差検出方式とコントラスト検出方式の違いはご存じですか?
概要説明を添付しました。
上がコントラスト検出方式、下が位相差検出方式。

コントラスト方式は検出エリア内の画像のコントラストが最大になる位置を探り当てるのでピント精度としては最も高い方式です。
位相差方式はズレ量を測定する方式なのでAFセンサーとレンズの収差の性能に...続きを読む

Q異なる4点A(α)、B(β)、C(γ)、D(δ)で、|α|=|β|=|γ|=|δ|、α+β+γ+δ=

異なる4点A(α)、B(β)、C(γ)、D(δ)で、|α|=|β|=|γ|=|δ|、α+β+γ+δ=0のとき、A、B、C、Dを頂点とする四角形が長方形になることの証明を、どなたかお願いします。

Aベストアンサー

(1) 2次元ユークリッド平面上のベクトルの話だという限定を付けないと、長方形にはならない。(3次元なら、たとえば原点に重心がある正四面体の頂点がα,β,γ,δでも条件を満たすでしょ。)
(2) |α|=0の場合は例外だし、α,β,γ,δのうちに同じものが含まれる場合も例外。
ということに注意した上で
(3) |α|=|β|=|γ|=|δ|=1の場合に証明すれば、他の場合は自明なので、=1の場合だけ考える。
(4) x = (α+β) とすると、αとxがなす角θはxとβがなす角と同じ。
(5) (γ+δ) = -xでなくちゃならない。で、γとxがなす角ξはxとδがなす角と同じ。
あとはθ=ξを示せばよかろ。

Qレンズでビームを絞ったときの焦点付近における干渉はあるのか

平面波の平行ビームをレンズで絞ったとします.その際,近軸の光とそれ以外の光が焦点付近で干渉して,焦点付近の強度が落ちることはないのでしょうか?光路の違いにより,多少位相差が生じるような気がしてふと気になりました.光路によってレンズ厚に違いがありますので,その分補正の効果もあるとは思うのですが,対物,アクロマティックなど,レンズの種別によっては,(特に,NAの大きいものなどは)干渉してしまうものがあるのでしょうか.どうかご教示ください.

Aベストアンサー

「レンズ中心と周辺とでは焦点までの距離が異なるので干渉するのではないか」…(1)
「しかしレンズ内では光の速度が遅いため多少緩和されるのではないか」…(2)
というご意見ですね。
レンズの収差や回折の問題を別にすれば、焦点においては、(1)と(2)の効果が相殺して位相は完全に一致しています。これはフェルマの原理<光は一番短い時間で到達できる道をとって進む>から理解できます。と言うかむしろ、経路によらず時間距離が等しくなるような特別な点が焦点なのです。
ご質問文では焦点「付近」と書かれていますが、焦点からずれた部分では、回折現象により#1さんのおっしゃるようなリングが観察されます。それに関しては「参考URL」の2.などに図示されています。

参考URL:http://www.geocities.jp/mtnsuzuki/kaisetu1.htm

Q複素数z,wについてlog(z,w)=ln(w)/ln(z)(底の変換公式)が成り立つそうですが、こ

複素数z,wについてlog(z,w)=ln(w)/ln(z)(底の変換公式)が成り立つそうですが、これはどのようにして証明されるのですか?

Aベストアンサー

<<ln(e^XY)=XYは多価性を考えると成り立たないような気がするのですが正しいのでしょうか?>>

ln(e^XY)はe^u=e^XYとなるようなuと定義されてるので、(e^u)/(e^XY)=1,e^(u―XY)=1より
u―XY=2(パイ)ni, u=XY+2(パイ)ni (nは任意の整数、i は虚数単位)となるので
u=ln(e^XY)は、いわれるとおり一通りには決まりません。ただlnの意味を主値とすれば
e^(u―XY)=1よりu―XY=0 u=XYつまり ln(e^XY)=XYです。

log(z,w)は、おなじように、z^u=wで定義される関数ですが、z^u=e^(ulnz)と定義されてるので
この場合もlnを主値にとれば e^(ulnz)=w、ulnz=lnw、u=lnw/lnzつまりlog(z,w)=lnw/lnz
と一通りには決まる。
ということで、多価関数lnのどれかの枝(えだ)をひとつに決めたうえで成立つ式と
考えるべきでしょう。

以下はぼくの聞き捨てにすぎませんが.....

しかしこれはlnを普通の複素平面上の関数と考えるから生じる問題で、何ですかそのう
リーマン面とかいう面を考えて、lnをその上での1価関数と考えれば、表題の式は
完全になりたつのかも知れません。
くわしくは、複素多価関数論とかリーマン面とかいう題の本を参照されたらとおもいます。

<<ln(e^XY)=XYは多価性を考えると成り立たないような気がするのですが正しいのでしょうか?>>

ln(e^XY)はe^u=e^XYとなるようなuと定義されてるので、(e^u)/(e^XY)=1,e^(u―XY)=1より
u―XY=2(パイ)ni, u=XY+2(パイ)ni (nは任意の整数、i は虚数単位)となるので
u=ln(e^XY)は、いわれるとおり一通りには決まりません。ただlnの意味を主値とすれば
e^(u―XY)=1よりu―XY=0 u=XYつまり ln(e^XY)=XYです。

log(z,w)は、おなじように、z^u=wで定義される関数ですが、z^u=e^(ulnz)と定義さ...続きを読む

Q理想的なフィルタの位相特性

ローパスフィルタ、ハイパスフィルタ、バンドパスフィルタを実験で実際にくみ、利得や位相特性を実際に読み取りグラフなどにしました。
~位相特性についてて~
入力と出力で位相差が生じて、通過域においては位相差は小さく
阻止域においては位相差は大きくなっていました。

僕の考察では、理想的なフィルタの
通過域において位相差は0[deg]
阻止域において位相差は180[deg]
と考察したんですが間違っているでしょうか。

しかし、直感的に答えただけで根拠がありません。
位相差が生じると出力が弱まる性質があるのでしょうか

どなたかヒントだけでもいいんで教えてください><

Aベストアンサー

>理想的なフィルタの位相特性

(1) 理想的なフィルタの位相特性 = 望ましい「フィルタの位相特性」という意味なら、「フィルタで付加される
位相量(移相)」は少ないに越したことはありません。しかし、フィルタの減衰量を大きくしていくと、移相は増大
するのを避けられません。

(2) 理想的なフィルタの位相特性 = 「理想フィルタの位相特性」という意味なら、遮断帯域に近くにつれて移相
の傾斜が急峻になります。

たとえば、下記ページ参照。
 http://www.national.com/JPN/an/AN/AN-779.pdf

Q|a|=2,|b|=1,a・b=√2 を満たす2つのベクトルa,b,が

|a|=2,|b|=1,a・b=√2 を満たす2つのベクトルa,b,があたえられている時、次の極限値を求めなさい。lim_(x→0) {|a+xb|-|a|}/x
多分間違えていると思いまっすが、|a+xb|^2を |a|=2,|b|=1,a・b=√2を代入して、(x+√2)^2+2 としてみましたが、この後、どうしていいか、まったくわかりません。よろしくお願いします。解答は、√2/2でした。途中式もお願いします。

Aベストアンサー

(|a+xb|-|a|)/x
=(|a+xb|+|a|)(|a+xb|-|a|)/(x(|a+xb|+|a|))
=(|a+xb|^2-|a|^2)/(x(|a+xb|+|a|))
=(|a|^2+2x(a・b)+x^2|b|^2-|a|^2)/(x(|a+xb|+|a|))
=(2(a・b)+x)/(|a+xb|+|a|)
=(2√2+x)/(|a+xb|+2)

lim_(x→0)(|a+xb|-|a|)/x
=lim_(x→0)(2√2+x)/(|a+xb|+2)
=√2/2


人気Q&Aランキング