人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

庭に榊を植えては、いけないのですか?もし、植えてもよいのなら、何処に植えれば良いのか教えてください。

A 回答 (1件)

大丈夫ですよ


家に植わっています
真榊
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q榊を庭に植えるとよくないのですか

庭に榊が植わっています。以前挿し木をしてみたら発根してそのまま大きくなったもので、大きさは2メートルくらいです。

2年くらい前、地元の農家の方が別のことで、宅地内に榊は植えないものだというのを聴いたことがありまして、それ以来少し気にしていますが、神棚用に重宝しますのでそのままになっています。

昔からの縁起や言い伝えとか、まずいこととかあるのでしょうか。

地域で違うかもしれませんが、当地は千葉県市原市です。

過去ログに「神仏のものは屋敷内に植えてはいけないと聞いた」というのがありますけど。。。

Aベストアンサー

おはようございます。

榊は神の依代の神木だから、位の高い貴族や神官のような家にしか植えてはいけない・・・と言う事で、昔から一般の家には植えないようにするように言われているそうです。実家の神社から挿し木で持って来ている榊を見て、出入りの庭師さんから以前言われました。

でも今時、位も貴族も無いですから、特に気にされなくても良いと思いますよ。
虫も殆どよらないし、丈夫ですくすく育ちますし・・・
私も、榊を買わずに済むので重宝しています。

御参考になれば幸いです。

Q庭の榊を切っても大丈夫?

庭の榊を抜くか切るかしたいと思っています。

よく、むやみに庭木を切ってはいけないと聞きますが、
榊だけに、罰があたるか心配です。

榊を切った経験のある方に、教えていただきたいのですが、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

枝を思い切り深く切った事もありますし、根本から切った事もあります。勿論抜いた(掘り返した)事もあります。(植えた事もあります)
神社では玉串を作るために日常的に枝を切っています。
気になるなら、塩と酒などを回りにまいて切って下さい。それでも収まらないなら、神主を呼んできてお祓いしてもらいましょう。玉串料はあなたが納得する最大額。
庭に植わっているなら、他の木も植わって有るでしょうから、いらない榊は枯れても良いでしょうが、他の木が枯れるのは困るでしょうから、根本で切りましょう。
根を掘り起こすと他の木の根を傷めます。
地面から30~50センチ位上から。そして、切り口に根まで枯らす除草剤を原液か2倍液で塗っておけば、回りに影響なく枯れます。
何らかの工事で周りの木共々掘り返す時に枯れた根も掘り返しましょう。

Q庭に植えて良い木悪い木?

桜の季節も終わってしまいましたがこの季節に毎年思うんですが家の庭に桜の木があったらいいなって。でも、母親が桜は散るから駄目だと言います。もちろん迷信なんですが。神棚に榊を供えるんですがスーパーで買うのも馬鹿にならないんで家の庭に植えたら便利だし経済的だと思うんですがこれも駄目だと言います。梅は咲くだから良いそうです。迷信ですが他にに庭に植えて良い木や花。悪い木や花って聞いたことありますか?教えてください。このカテゴリーで質問して良かったのかな?

Aベストアンサー

『樹木に関する迷信(陽木、陰木)*すべて参考程度にお考えください!』
なんてHP見つけちゃいました。<下記URL>

*我が家を立てた時に占い?にくわし~い方に聞いた話を少し。

夾竹桃(キョウチクトウ・夏に綺麗な花を咲かせますよね)毒があるから庭木には向かない!

沈丁花(ジンチョウゲ・春に良い香りするんですよね)
これも毒があるから向かない。どうしても植えたいのなら南東の目立たない所に植える。

南西(女鬼門?)高くなる木は植えない。陰で家を暗くする。
(ちなみに西側に増築するのも昼からの日差しを遮るから良くないとか)
女鬼門に棘のある植物植えないように。(その家の女性が婦人科系の病になる!)

piro11さんもおしゃってますがビワも根が張って家の基礎を壊すから家の近くには植えたらいけないとも言われました。

まぁ言い出したらキリがないのですが・・・毒がある、日差しなどは昔からの千恵?教え?なんでしょうね。

参考URL:http://isweb32.infoseek.co.jp/shopping/ezyouhou/town/kurasikensaku/hana/meisin.htm

『樹木に関する迷信(陽木、陰木)*すべて参考程度にお考えください!』
なんてHP見つけちゃいました。<下記URL>

*我が家を立てた時に占い?にくわし~い方に聞いた話を少し。

夾竹桃(キョウチクトウ・夏に綺麗な花を咲かせますよね)毒があるから庭木には向かない!

沈丁花(ジンチョウゲ・春に良い香りするんですよね)
これも毒があるから向かない。どうしても植えたいのなら南東の目立たない所に植える。

南西(女鬼門?)高くなる木は植えない。陰で家を暗くする。
(ちなみに西側に...続きを読む

Q榊を育てたいのですが。

榊を育てたいのですが何処に行けば苗木があるのでしょうか。
ベランダで育てるには無理があるのでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

花屋さんで売っている枝でも根が出ると思いますよ。
挿し木で、発根促進剤を使えば間違いないです。

ベランダでも育つとおもいますけど・・庭に何年も植えてありましたけど、そんなに大きい木ではなかったです。

参考URL:http://www.alpha-net.ne.jp/users2/takt/zikken1.html,http://dictionary.bloom-s.co.jp/contents/sasiki.htm,http://www.yonem

Q庭の木を切ると何か災いがあるのでしょうか。

10坪ほどの箱庭に梅の老木があるのですが、これを切って違う木を植えたいのですが、
よく木を切ると災いがあると聞きますが、どうなのでしょうか。
方角として東側にその老木の梅があります。

Aベストアンサー

迷信です。
一木一草すべてに霊魂が宿ると言っていては
何もできません。
古代から宮殿や社寺仏閣を建てるために
木を切り払い巨木を伐採して来ました。
祟られた人はいません。
悪いことがおきてそのせいにするのは
心を落ち着けたいからです。

森羅万象に神が宿るのは、日本神道の考え方ですが
最近では洋式トイレにも神様がいるとか。
トイレ掃除を嫌う孫娘を諭す祖母のことを歌ったものですが、
このように臨機応変に考えれば良いと思います。
本当に神様がいたら落ち着いて用が足せません。

気になるなら、切った木を焼いてその灰を
お庭の土に返してやりましょう。

Q榊の育て方

榊の木が 枯れてきました。

幹の方から 枯れてきたので 掘り起こしてみると
根もずいぶん傷んでいます。

どのように対処したら 元気になるでしょうか?

Aベストアンサー

どうしてそうなったか説明がないのでなんともいえないですが、
榊は里山の案外日のあたらないところに生育します。
根は空気を含んだ腐葉土に近い所にありますから、
根ぐされしやすいかもしれませんね。

Q庭に植えて良いモノ悪いモノ

「香りが良い」「華やか」「手入れが大変」「大きくなりすぎる」「他の植物を駆逐する」というのではなく、民間伝承的な縁起が良い・悪いといわれている植物をお聞きしたいのです。当然、そう言われる裏には前述のような理由が潜んでいるのかもしれませんが、皆さんの知っているものを教えてください。地方限定でもかまいません。

私の知っているモノ

良い:もっこく(理由不明)、南天(「難を転ずる」から鬼門に)、ヒイラギ(「開き」に通じるので門の近くに)、ヤツデ(西に植えると金が出て行かない)、縁起ではないがトイレの側に葉蘭(毒消し)

悪い:枝垂れるもの&藤(家運が「下がる」に通じる)、びわ(びわは人のうめき声を聞いて成長する、との言い伝えから)

Aベストアンサー

こんにちは♪前に似たような質問がありました。その時に調べたHPです。

他には夾竹桃(夏にず~と花を咲かせてますが)毒があります。
沈丁花、同じく毒があります。
庭木には向きません。(これは迷信ではなく事実!)

あと西側(西南?裏鬼門)大きくなる木は家を暗くするからダメ!
 ヾ 棘のある植物はその家の女性が婦人家系の病になりやすい!

いちじく~根が張る。家の基礎を壊す!

そんなところでしょうか・・・?まぁ気にしだしたらきりがないかも?

参考URL:http://isweb32.infoseek.co.jp/shopping/ezyouhou/town/kurasikensaku/hana/meisin.htm

Qシキミとサカキの苗

副業というほどのものではないのですが、持ち土地の有効活用として
シキミとサカキでも少し植えて見ようと思っているのですが、
土作りや植え方、また苗の用意などまったくわかりません
ある程度まとまって欲しい場合、どのようにするのがコスト的に良いでしょうか?
親木の性質を受け継ぐようなので、山どりの場合、よほどいいものを選ばないと
あまりいい気にならないのかなぁと思いますし、
誰かにいい木を少し譲ってもらい、挿し木で増やすと山どりしたものを植えるのに比べ
数年遅れるような気もします
花木の展示場にあるようなものは良い葉でしたが、まとまった数を買える値段ではありませんでした
サカキも同様ですが・・・

何かアドバイスが有りましたら教えて下さい。数年かかっても挿し木で苗を育てるのが一番でしょうか?

Aベストアンサー

仏教で使われるシキミはお彼岸お盆お正月と出番が多いですが、神道のサカキは需要が少ないと思います。お住まいの地域で道の駅や直売所にどの程度出ているか、お盆前に市場調査をしてから始めるのが無難です。すでに栽培者がいると競合して新規参入は不利ではないかと考えます。

見込みがあれば苗を買うのが最短コースです。15年後ぐらいに出荷という段取りなら挿し木でもよろしいかと。苗で初めても10年以上育てないと出荷には至らないと思います。

苗は挿し木ではなく実生のものが多いと思います。それだけ年数がかかっているので割高の印象を受けるでしょう。苗を作っている方を突き止めて直接交渉で買い付けると卸値で手に入れることもできます。

ちなみに畑を花卉専用に変えました。シキミを苗で植えたり、自然の実生苗を移植したりして育てていますが5年では自家用に使っても心許ない大きさです。

参考になればと情報提供します。

Q神棚の榊が枯れたままですが、どうしたら良いですか?

妻と別居してから、妻が行っていた神棚の榊が枯れたままになっております。

神棚の手入れも全然やっていません。

さて、先ず榊の方ですが
1.そのまま放置すべき
2.榊を新しいものに入れ替える
※注意2.場合、入れ替える時の注意や枯れた榊の処分方法も教えて下さい。
尚、枯れた榊には、よく神社とかで見かける紙が付いてます。

神棚には毎日、米と塩を捧げ、ろうそくを灯してお参りするべきでしょうか?
神棚の中に御札がありますが、こちらは、どうするべきでしょうか?
そのまま静かに放置しておくべきでしょうか?

上記は妻がやっていたことをおぼろげに覚えていただけです。
全く無知なので、正しい神棚のことを ご存知の方、ご教示、お願いします。

Aベストアンサー

ずっと神棚を祀るつもりはあるのでしょうか? ないのであれば捨てればよろしい。
信じないのなら、維持する必要も畏れる必要もないでしょう。

以下はずっと祀るとしての最低限の話です。もちろんより以上という事になればいくらでも上がありますけど、まずは最低限でいいと思います。

榊は毎月31日と14日に新しいものを購入して、その晩か翌朝取り替えます。でも、最低限生気を失ったらでも構いません。勤め人なら都合よく1日・15日に取り替えることが難しいでしょうから。
最近ではスーパーやホームセンターでも置いてある所があります。近くに花屋でもあれば定期的に運んでくれるようにお願いしてはいかがでしょう。

神棚の前は米、水、塩を捧げます。酒を付け加えても構いません。広さに従ってどちらかにしましょう。
米を真ん中にして、向かって左に水、右に塩というのが基本で、三角に置くように神社本庁の冊子では示しています。酒を加える場合は米の両側に酒を置き、その手前に水塩を五角形になるようにしています。
しかし広さが取れない場合は横並びでも構いません。捧げる気持ちを最優先にして下さい。

祀り方は人それぞれのようです。
基本的に供物には生のものを捧げる場合と調理したものを捧げる場合があります。
神棚も同様で、毎日米を捧げ、拝礼した後に下げて自分達のご飯をたくときに一緒に炊く人。
ご飯が炊けてから神棚に捧げ、拝礼してから下げて食べる人、或いはご飯が終わったら最後に食べる人などそれぞれです。
水はご飯を炊くときに使ったり、お茶で飲んだり、そのまま飲む人も居ます。塩も調味料として使う人や外に撒く人も居ます。
お酒も同様に朝に捧げて調味料としたり、晩酌にしたり、外にまく人も居ます。
神棚に供えたものを頂くのは祭事の際の「直会(なおらい)」といって神様と一緒に食事をすることを意味します。
独りでは食しきれないので、また塩は取りすぎがよくないので、外に撒く人は清めの意味もあるのでしょう。
我が家では塩や酒は概ね撒きます。(食事制限が厳しくて、塩断ちしていますから)米は雀が喜びますしね。
ですからあまり多くても大変なので、専用の器でもいいですがなければ専用に決めた小皿でも構いません。
アルバイトで生計を立てている友人は月の最初と最後の土曜日にのみコップ酒を捧げて、晩酌にしています。

私が知っているもっともずぼらな人は、毎月1日15日にだけ全部を取り替えるという人です。
でもどれが正しくて、それが間違っているとは言いたくありません。作法に則っていても心を沿わせていなければ何の意味もありませんし、自分の生活様式に合わせて、ずぼらでいても毎日朝晩神様を意識している人のほうがはるかに信仰深いと私は考えるからです。その方は祠でも地蔵でも見かけると必ず頭を下げる人なのです。道の向こうやバスに乗っているときでもお宮が見えると頭を下げます。

神棚を祀るのはあくまでも神様を家の中に招く事、神様と共に暮らすことが第一ですから、あまり律儀に考えて無理すると長続きしなくなります。生活パターンにあわせて、慣れてきたら少しずつ替えていけばいいんです。昔の人だって全国統一などではなく、地域ごとに特色があったのですからね。

御神札は、ずっとそのままであれば、氏神様に行ってとりあえず新しい御神札を頂いてきましょう。あとは毎年暮れになったら新しい御神札に取り替えます。
取替え時期や古札の納め方は神社で聞いてください。これも地域によって多少の差がありますから。

氏神様は私達の土地と生活を見守って頂く神様です。氏神様が分らなければ、町内会の人や地元の人に聞けば分ります。

神社詣ではわざわざ拝殿まで行かねばならないわけじゃありません。通りすがりにでもちょこっと頭を下げる。見える場所から頭を下げることも立派な拝礼です。
参拝というのは本来は、今で言うところの昇殿参拝(拝殿に上がり祝詞をあげていただく参拝)をいい、日常私達が行っているのは自由参拝という略式の参拝法です。
敬神崇祖が神道の基本であり、あまり形式に固執せずに、常に神様の存在を感じることが重要です。儀礼などは昇殿参拝などの祭事だけが、明治時代までに定められたものなのです。

神道では祈願といい、祈祷とは異なります。災難や苦難は受け入れるべきものであり、避けるものではありません。人に限らず活けるもの全ては苦難を乗り越えることによってのみ進化や進歩を得ているので、避けていては進化しません。そこで、苦難を乗り越えるための助力を「大難を小難に、小難を無難に」と替えて頂く。これは神道の基本理念です。

灯明ですが、これはろうそくにこだわる人も居ますけど、私はやめました。
やはり火災は自宅だけではなく隣家などにも被害を及ぼしますから、自分の都合だけで考えることはできません。またろうそく型の電灯を使う人も居ます。これでもいいでしょうね。
いずれも「ろうそくは途中で消してはいけない」という言い伝えもありますけど、防災を考えれば拝礼が終わったら消しても構わないです。

拝礼というのは「再拝・二拍手・一拝」或いは「再拝・四拍手・一拝」することを言います。通常は“二拝”とか“二礼”といっていますけど皇學館大学名誉教授「鎌田純一」氏の書に因れば「再拝」が正式だそうで、二拝は一度完全に身を起こして(立位では完全に起き上がり)もう一度頭を下げるのに対し、再拝は続けて二度(立位では頭を下げてから膝まで掌が戻ったらまた下げる)の違いがあるそうです。二礼という言葉は使いません。
四拍手は出雲大社の拝礼というのも間違い、明治時代に神祗庁から離脱した神道のいくつかは四拍手をしています。今でも神祗庁の流れを汲む神社本庁に属さない神道は多く、この中には四拍手にこだわっているところも多いので、氏神様に拝礼法を聞いてみて下さい。
神社本庁と和解した神社でも出雲大社や宇佐八幡、弥彦神社など四拍手をしているところ、或いはどちらでも構わないとしているところも多いです。
出雲大社も自由参拝であればどちらでも構わないとしています。

ずっと神棚を祀るつもりはあるのでしょうか? ないのであれば捨てればよろしい。
信じないのなら、維持する必要も畏れる必要もないでしょう。

以下はずっと祀るとしての最低限の話です。もちろんより以上という事になればいくらでも上がありますけど、まずは最低限でいいと思います。

榊は毎月31日と14日に新しいものを購入して、その晩か翌朝取り替えます。でも、最低限生気を失ったらでも構いません。勤め人なら都合よく1日・15日に取り替えることが難しいでしょうから。
最近ではスーパーやホームセンターで...続きを読む

Qサカキに似ている植物の名前を教えてください。

20年以上前に実家から移植した南天の根元から、椿の葉の様な光沢のある木が生えてきました。
花や実はついた事がありません。
実家の裏庭には榊の木があり、亡き両親が神棚にお供えしていたのを思い出して、南天の根に付いて来たのかと考えています。
分かりにくいかも知れませんが写真を添付します。
何度切っても生えてくる、この木の名前を教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

樒のように見えますが…


人気Q&Aランキング