こんにちは。

そろそろ20代こうはんで、生命保険に入ろうと
おもっています。
そこで、質問ですが、私は保険は商品内容で決める
つもりで、外務員の感じや付き合いで決めたくは
ありません。
まず、いろいろな資料を集めて、いいと思ったら
その保険会社の営業所(?)みたいなところの窓口へ自分でいって相談、契約したいと思ってます。
まず、単に資料だけほしい場合はどこにいえばいいか?
そういった土日、夜でも開いている窓ぐちみたいなのは
国内生保(通販ではなく)であるか?おききしたいのですが。

みなさんのお話をきくと、外務員との接触から
契約というパターンがおおいようですが・・・
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

abbaabbaです、補足や回答を見ました。



まずKUNISANが保険に入ろうとした切っ掛けは、「今まで加入していなかったから」だけですね。「相続税対策」や「(検査などで一度引っかかったりしたあとの)再契約」ではないので特別なところへ相談しに行く程ではないと思います。

とりあえず、定期付終身保険か単体終身を勧められるかと思います。商品としては、設定が違う/料金に多少誤差があるだけで各社ほぼ同じ内容だと思います。

どこかの保険会社の窓口(○○プラザも所詮、窓口でその手のスペシャリストが居るだけ)へ行くのが憂鬱なら、ヒイキなしの生命保険協会へ問い合わせるのはいかがでしょうか?電話でも良いと思いますよ。

参考URL:http://www.seiho.or.jp/
    • good
    • 0

多少、お金はかかると思いますが、


本当に内容で決めたいのなら、独立系のファイナンシャル・プランナーの事務所で説明を聞いてみてはいかがでしょうか?
これから長い期間掛ける保険ですから、しっかり自分の考え方を決めておいたほうが良いのではないでしょうか?
そう考えれば、相談料も安く感じるはず。。。。。。
    • good
    • 0

再びabbaabbaです。



保険外交員をやっているお友達とお話をしました。
hiromakahoさんの言うとおり、「保険に入りたいんですけど」と単に窓口へ行き加入の意思を示すと、怪しまれてしまいます。(保険を目的とした犯罪防止)また、そうでなくてもお客様が直接窓口に依頼に来た場合はその事を記録しなくてはいけないようです。

「加入したい」と言わず「プランを検討してる」とか「知り合いの外務員が要るけど質問しずらくて」とかと言うべきであとで加入すると言った方が良いみたいですよ。

この回答への補足

たびたびご丁寧にありがとうございます。

そうなんですか(^^;
しかし、不思議ですよね。確かに、町で見掛ける
生保の営業所はお客さんを迎えるような体裁ではないです
ね。なんかすごいはいりずらい。

窓口が、組織でなくて、個人的な担当営業っていうのも
独特ですね。まるで弁護士の世界みたい。
まったくつてがない場合はどうすりゃいいんでしょ(^^;

とりあえず、お話を総合すると、最終的には
外務員さんとの打ち合わせになると。
それでは、とっかかりは、各生保の本社か営業所に
電話して、~プラザを紹介してもらうか、外務員を
紹介してもらえばいいですか?

補足日時:2001/07/07 15:29
    • good
    • 0

もと、生命保険の外交員をしていました。



・・・ほんと難しいですね。自分で調べるには限度があると思います。
それに直接窓口にいって入るというのはほぼ、不可能に近いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですか。
車の保険て、だいたい各ディーラーが窓口になってますよね。私は、車の場合はふらっと近くのディーラーにいって
見積もりだしてもらって説明うけて、いやだったら
辞めればいいし、資料もいろいろもらえるのでじっくり検討できるし、営業の方もべつにひつこくないですし。
いいんですけど、生保でもこういう感じで決められれば
なと思ってました。

お礼日時:2001/07/07 15:28

保険の契約内容をご自分でお決めになるのには、ある程度の知識が必要となりますね。

外務員の方のオススメでなく加入したいのでしたら、○○ライフ・プラザというような窓口でファイナンシャルプランナーの方に説明を受けたら良いと思いますよ。外務員の方にも同じくらいの知識の方々がいらっしゃると思いますが、自己の利益を考えていないので、淡々としています。
色々な会社の資料(設計書)を集めて、それに教えて頂いたことをメモしておいたりじっくり検討すると良いと思います。各社それ程商品は同じようなものを揃えてると思いますが。
土曜・日曜・夜でも動いてくれるところが生保レディの良い所だと思うのですが、、、。
私は、「自分で決めたこのプランに入るからアドバイスは一切要りません。契約だけしたいのです。」と、外務員の方にはっきり言っておいて、手続き(審査もあればそれに同行してもらったり)だけお願いすると良いと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。


>○○ライフ・プラザというような窓口でファイナンシャルプランナーの方に説明を受けたら

そうですか。これはいいかもしれませんね。

私のようなど素人が初めて契約するにはどっから
スタートしていいかわかりません。
私の周りには知り合いの外務員とかいませんし、
会社に出入りしているひともいませんし。
でも、いきなり売り込まれても困りますし、どうせなら
ある程度腰をおちつけて選択したいんです。

わたしのようなのはとりあえず、各生保にTELして
おっしゃられたような~プラザを紹介してもらえればいいのでしょうか?

お礼日時:2001/07/07 15:22

生命保険会社の営業所は、土日・祝祭日は、私の知る限りでは、休みのはずです。

しかも、官公庁や会社と同じで、お盆や年末・年始の休みも十分にとります。損害保険会社は、銀行と同じ年末・年始の休みです。

保険を説明・契約の締結するには、資格が必要で生命保険会社の社員の方は、所有していないと思います。窓口での加入でも、最終的には、会社にいた外務員の方と契約を結ぶことになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですか。確かに、あまり土日オープン!とか
うたってるところはみたことがないです。

でも不思議な世界ですよね。保険業界って。
一括した窓口みたいのがあまりない。
気軽に相談できるような、コールセンターみたいのが
あればいいんですけど。ちょっとした相談即契約みたいな
感じがして。

お礼日時:2001/07/07 15:14

場所を限定してください。

この回答への補足

すみません。

場所は都内23区です。

よろしくおねがいします。

補足日時:2001/07/07 15:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険会社、保険外務員の方

終身保険、養老保険、定期付終身保険等生命保険には色々ありますが保険会社、外務員の方にとって最もおいしい保険(利益のある保険)は何でしょうか。

Aベストアンサー

保険金を支払うリスクが低く、掛け捨ての保険がおいしい保険です。
これ以上は一般の方には教えられません。こちらも商売ですから。

ちなみに、質問の主旨(なぜこのような質問をされるのか)がよくわかりませんので教えてください。

Q生命保険外務員の女性について

生命保険外務員の女性について教えてください。一昔前、私が自宅にいることが多かったせいもあると思うのですが、生命保険の勧誘の女性がよく自宅に営業に来ました。ところが最近、自宅への飛び込み営業の女性の数がめっきり減ったような気がします。気のせいなのでしょうか?もし業界的に自宅への飛び込み営業が減っていることが事実であるのならば、その理由を教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

倒産・解散・経営破たん・吸収合併等で、保険会社の実数が減り、
それに伴って外交員の数が減ったから。
というのが主な理由です。

すべての退職外交員を再雇用出来るだけの受け皿は無いので、
実質の外交員は減っています。

また、来店型保険ショップ(代理店)の発展・増加に伴い、
一人一人の外交員が飛び込み営業を行う機会が減っています。
実際には、来店型であっても2回目以降は顧客先へ訪問する事は必要な訳ですが、
それは(少なくとも)「飛び込み営業」とは言えないです。

一部の保険会社では飛び込み営業は行われています。
つい先日も私の自宅には訪問がありました。
「まったく行われなくなった」ということでは無いでしょう。

Q生命保険の外務員の勧誘について

生命保険(終身保険1000万)を契約者:義母(現在76歳) 被保険者:義母 受取人:娘 で義母66歳時(保険料年額約60万)に契約しました。保険外務員は「80歳満期です、その後年金で受け取る事も可能です」と言われ加入しました(80歳で1000万もらえると思ったらしい)。ところが証券をよく見ると(終身払い、80歳満期は医療保険のみだった。)結局解約しました。証券をよく見ない義母に落ち度はありますがなぜ外務員の方はこのような紛らわしい事を言いこの様な事をするのでしょうか、老人には言えませんがこれ詐欺行為じゃないですか?

Aベストアンサー

そもそも、終身保険には満期がありませんし、ましてや終身払いではいつになれば年金にできるのか解りづらいですね。
もしかしたら、短期払い(一定期間で保険料の払込が終わる事)にしたら、払込満了後に年金にできるという商品かも知れません。

僕が思う・体験した範囲で、かつての外務員の傾向として、不十分な説明が多かったんじゃないかと思います。
もちろん、ちゃんと説明できる人も以前からいるわけですが。

数年前まで、ある保険会社では、商品研修や営業テクニックを教える以前に、まず成績という会社がいくつか存在していたようです。
僕も初めて入った保険会社は、入社当時は研修が先でしたが、その後退職する頃には、研修より営業に行くことが先立っていました。
ほんの数年前の話です。

ご担当は指導員のような資格を持っていると言うことですが、僕がかつて居た保険会社(どことは言えませんが)では、成績が良い人=募集件数が多いとか、大きな契約を取ってくるとか
・・・推定半数程度?は、色々言いくるめて余計な保障を付けさせる人・・・
であれば、人間性とか、正しく説明できるとかに関係なく、位が上がり、指導員のような立場になれました。
優績者とか言いますが、ごく一部と思いますが本来の商品とはかけ離れた説明をする、そういう人が存在しています。

僕は、ベテランでありながらろくに説明もできないような人には、この保険業界から去って欲しいですし、せめて人として「間違ってました、ごめんなさい」くらいは言うべきですし、また保険会社は、常に商品知識が一定以上であることを確認するべきよね。

そもそも、終身保険には満期がありませんし、ましてや終身払いではいつになれば年金にできるのか解りづらいですね。
もしかしたら、短期払い(一定期間で保険料の払込が終わる事)にしたら、払込満了後に年金にできるという商品かも知れません。

僕が思う・体験した範囲で、かつての外務員の傾向として、不十分な説明が多かったんじゃないかと思います。
もちろん、ちゃんと説明できる人も以前からいるわけですが。

数年前まで、ある保険会社では、商品研修や営業テクニックを教える以前に、まず成績という...続きを読む

Q従業員退職金向け生保提案について教えてください

私は生命保険代理店です。今回ある企業に対して、従業員の退職金向けの保険を提案しようと企画しています。一般的には養老保険(ハーフタックス)かと思われますが、企業としては特に損金性は重視していないようです。そこでですが、いわゆる利率変動型終身や低解約返戻型定期などで退職年齢(例えば60歳)を払込年齢に設定することで提案できないでしょうか?また、仮に提案できそうな場合に想定されるデメリット等などありましたらアドバイスお願い致します。
養老はCVが良いですが、利率変動終身や低解約定期の方が退職金代わりに現物支給することで金融資産としての効果が大きい(年金移行特約、減額ができる)と感じるからです。

Aベストアンサー

ご丁寧なお礼ありがとうございます。

少し話が見えてきました。
会社としては従業員様の保障を重視しているのですね。保障が充実するならCVには拘らないと考えて良いのでしょうか?

 ある従業員様が退職される時に継続されている保険があればそれをそのまま現金化せずに契約者変更によって従業員様に引き継がせることを考えておられるのでしょう。
経理上は保険の現物支給はその時点での解約返戻金を退職金に計上しなくてはならないので 退職間近の人には少なく、遠い人には多くなる(ある種の矛盾が生じます)。低解約タイプですと証券の額面が高いだけで退職金代わりとするには理解が得られない。高額の保険料になると引き継いでも掛けれない。等が注意点になりますね。株式会社ですと役員会での承認が必要になります。労働組合があればその承認も必要です。『利率変動終身や低解約定期の方が退職金代わりに現物支給』となれば受け取り側は事実上の退職金減額となりますので従業員様の理解を得るのは難しいでしょう。

 損金性・返礼率は重視していないのであれば、退職金は貯金で対処すると言うことだと思うので、その会社に合った保障の保険を提示すれば良いのではないでしょうか?退職金代わりに現物支給ではなく、退職に合わせて契約者変更により従業員の物とするになりますね。

>現実問題として、従業員向けの退職金準備に低解約定期は向かないのでしょうか?
 退職金とはお金です、お金の準備にお金の貯まらない物で何をするんでしょうか? 

 法人契約とは簡単に言うと、子供の保険を親御さんに提案するのと同じで、積立金を重視するのか、子供の保障を重視するのか、親の保障を重視するのか、それぞれを組み合わせるのか?と同じです。今回も保障を提案するのか、退職金の準備を提案するのか、両方提案するのかで商品が変わってきます。ご自分の言ってることの矛盾に気づいて下さい。

 退職金の準備はお金を貯めること、保障はお金を掛けるものですから貯めると保障の2本立てで提案を考えてみてはどうでしょう。

ご丁寧なお礼ありがとうございます。

少し話が見えてきました。
会社としては従業員様の保障を重視しているのですね。保障が充実するならCVには拘らないと考えて良いのでしょうか?

 ある従業員様が退職される時に継続されている保険があればそれをそのまま現金化せずに契約者変更によって従業員様に引き継がせることを考えておられるのでしょう。
経理上は保険の現物支給はその時点での解約返戻金を退職金に計上しなくてはならないので 退職間近の人には少なく、遠い人には多くなる(ある種の矛盾が...続きを読む

Q生保の外交員さんが知りえる範囲が知りたいです

生保の外交員さんが知りえる範囲が知りたいです

保険の貸付を受けているのですが、その保険から違う保険に切り替えて・・と先日電話がきました。
貸付している内容は保険会社にいると容易に照会可能なのでしょうか?
もちろん私のほうから照会等依頼はしていません。

契約後の保険について どんな情報が照会できる状態なんでしょうか?
それは保険契約者の意思とは関係なく 容易に引き出せるものなのでしょうか?
 よろしくお願いしたします。

Aベストアンサー

一般論として、お読みください。

契約者の個人情報は、告知の内容以外は、
すべて担当者に分かると思ってください。

個人情報の中でも、告知は病歴に関するものですから、特に取扱が
厳重になっており、社員といえども、簡単にはわからないようになっています。

しかし、契約内容や貸付の内容については、新しい保険の提案、
特に転換を勧めるときに、転換価格に関係してくるので、参照可能と
なっています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報