あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

男性型脱毛の対策をしなければ、考えています。20代後半です。
「あるある大辞典」の「抜け毛」の回を見ました。(←Web上で閲覧できます)
そこでは、髪のためには亜鉛が必要で、そのためにイワシやそばが良く、また海藻類に特に効果は無い、と記されていました。

他方、All about Japan で髪に良い食べ物を検索していたところ、海藻類こそは髪に良い、と書いてあるものも多数ありました。

結局のところ、何を食べれば髪、特に男性型脱毛に効果があるのか、混乱しています。どなたかご存知の方おられましたら、分かりやすく説明していただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

アドバイスの内容が栄養の話ですので,一般人に印をしていますが,髪の毛については専門家の理容師です。



まず,サプリメントに逃げてはいけません。
栄養は,食品(食事)として摂取するのが大切なのです。
そして,栄養にとって,一番大切なのが,栄養バランスです。
つまり,亜鉛ミネラルだけを一所懸命摂取しても,まったくと言っていいほど,意味がないのです。
3日間で完璧な栄養バランスになる食事を目指してください。
ちなみに,亜鉛ミネラルのサプリメントですが,含有量の1/10以下しか摂取されていないと聞いています。

栄養バランスがとれている上で,亜鉛ミネラルに注目するのでしたら,なんといっても,牡蠣をお勧めしたいですね。
100gの牡蠣の中には,13.2~14.5mg含まれています。
牡蠣100gでしたら,たぶん,毎日でも食べられるのではないかと思いますよ。(嫌いな人やアレルギーがある人は他の食品で摂るようにしてくださいね)

ちなみに,食べられる状態のそばは,100g中0.4mgです。(意外と少ないですね)
ただし,「そば粉」でしたら,2.4mg含まれています。
ということは,そば粉を買ってきて,「そばがき」(そば粉を熱湯で練ったもの)として食べる方が良いですね。(嫌いな人やアレルギーがある人は他の食品で摂るようにしてくださいね)

イワシについてですが,どの数値を見て,亜鉛ミネラルが多いといっているのか,私にはわかりません。
たぶん,丸干し,煮干し,田作り,タタミイワシ,みりん干しなどの数値を見て,亜鉛ミネラルの含有量が多いといっているのではないかと思いますが,これらを100g食べる勇気,誰があるのか,疑問です。
まぁ,オイルサーディンでしたら,可食部100g中2.1mg含有していますが,毎日は,食べられそうにないと思うまですが・・・。
まぁ,焼いたマイワシ(可食部100g中1.6mg含有)を100g食べるのでしたら,ウナギの蒲焼き(可食部100g中2.7mg含有)を100g食べる方が亜鉛ミネラルは摂取出来るみたいですよ。

手に入りやすく,ある程度の量を食べることが可能な食品としては,その他に,アーモンド(4.4mg),カシューナッツ(5.4mg),カボチャの種(7.7mg),いりごま(5.9mg),ひまわりの種(5.0mg),松の実(6.0mg),バターピーナッツ(3.1mg)とおやつとして,また,サプリメント的に摂取出来るものがあります。(括弧内の数値は,食品の可食部100g中の含有量です)

海草類についてですが,これ,ミネラルの含有量が低下しているとかという前に,現実味がない数値で話をしていると考えてください。
海草類は,確かに,ミネラルバランスが良いですから,髪の毛に良さそうなのですが,「食品成分表」に出ている含有量は,乾物です。
つまり,のりを除いて,必ず,水などで戻してから食べなければならないものばかりということなのです。
そして,水で戻したとき,その戻し水へと,意外と多くのミネラルが出て行ってしまうのです。
また,乾物のままで食べる「のり」ですが,まぁ,のりを扱っているお店で,100gののりを見せてもらってください。
それを毎日食べることを想像しますと,きっと,食べる気がなくなるはずです。
ちなみに,のり100g中の亜鉛ミネラル含有量は,3.7mgです。

さて,実は,亜鉛ミネラルは,摂れるだけ摂れば良いのかというと,そうではありません。
亜鉛ミネラルを摂りすぎますと,大変危険な状態になってしまうことがあるといわれています。
ということで,1日に摂取する量としては,最低12mg以上,30mg未満としてください。
なお,亜鉛ミネラルは,新陳代謝を活発にする効果がある栄養です。
ですから,男性型脱毛を予防するといわれているのは,実は,「ついでに」なのですよ。

ここまで,亜鉛ミネラルだけを取り上げてきましたが,亜鉛ミネラルによって,髪の毛を作り出す毛根部の細胞が,いくら新陳代謝を活発にしても,髪の毛を作るための「材料」がなければ,意味がありません。
また,「男性型脱毛」には2種類あり,それぞれ原因が違います。
そのため,それぞれを予防しようとしますと,亜鉛ミネラルだけでは意味がなくなってしまうのは当たり前として,結構な数の栄養について,気を配る必要が出てきますよ。
例えば,

エネルギー(カロリー)
アミノ酸(タンパク質)
ビタミンB2
ナイアシン
ビタミンB6
リン(摂取過多になる可能性が高いそうです)
亜鉛(さんざん書いてきましたが,一応,入れておきます)

が,髪の毛にとって,不足すると困るものです。
もう一つ,髪の毛に知って不足すると困るものとしては,「銅」があり,もし,不足している状態が長く続きますと,白髪になりやすいです。

で,不足だけに気をつければいいのではなく,摂りすぎに注意するべきだと考えられるものとしては,

脂肪
ビタミンE
セレン

が,挙げられます。

どのくらい摂取するべきか,また,どのくらいから摂取過多になってしまうのかを知りたい場合は,

第6次改定日本人の栄養所要量について
http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s9906/s0628-1_11.h …

を,見てください。
なお,このページに書かれている所要量とは,「1日に摂取するべきだと定められている量」で,許容上限摂取量とは,「1日にそれ以上摂取すると,危険な状態になる場合がある量」(摂りすぎとは違います)という意味だと考えてください。

また,食品(食材)それぞれに含まれている栄養それぞれの量を調べたいのでしたら,

食品成分データベース
http://food.tokyo.jst.go.jp/



江崎グリコ
http://www.glico.co.jp/index.htm

のサイトから,「栄養成分ナビ」をクリックして調べるとわかりやすいと思います。

なお,栄養に限定した話としては,やはり,「3日間で摂取した栄養それぞれの1日平均が,所要量以上,許容上限摂取量未満となる食事」(つまり,「3日間で完璧な栄養バランスになる食事」)に勝る男性型脱毛の予防法はありません。
というのは,

1.
栄養は,体のどの場所にも均等に分配されているのではなく,生命維持にとって重要な場所から分配されていて,生命維持に関係のない髪の毛は一番最後にまわされている
2.
栄養は,それぞれ単独で活躍するのではなく,必ず,2つ3つといった組み合わせによって活躍するもののため,ひとつでも所要量を下回る栄養があると,足りない栄養の所要量に対する割合と同じ割合だけ他の栄養が使用され,残りは一時的にはストックされるが,その後,そのほとんどが捨てられてしまう

という理由があるからです。

ですから,多少の好き嫌いはOKとして,極端な好き嫌いと食わず嫌いをしない限り,何でも食べることと,よく噛んで食べることです。
それと,出来るだけ同じ時刻に食事を開始することと,ストレスは出来る限り早く解消してしまうことです。
そうすることで,栄養という観点から男性型脱毛を予防することが可能になりますよ。

あと,睡眠について触れておきますが,毎日,同じ時刻に起床し,6時間半,8時間,9時間半のいずれかひとつの睡眠時間を毎日とっていれば,実は,いつ寝ても良いですし,いつ起きても良いです。
「10時から2時までが髪がよく伸びます」といわれているのは,このサンプルが成人サラリーマンだからです。
その平均は,起床時刻が朝7時です。
ですから,「10時から2時までが髪がよく伸びます」という話は,毎日朝7時に起床する人の話で,毎日朝9時に起床する人(この場合は+2時間)や毎日朝6時に起床する人(この場合は-1時間)などは,その分,時間がずれるのです。
もちろん,毎日同じ時刻に起きることが一番肝要ですよ。

この回答への補足

※お礼が1000字までしか出来ないと言うことでしたので、分割しました。

akushanekoさん
ありがとうございます。他のスレッドでも毎回丁寧に回答してくださっているのを拝見していました。おそらく今回も相当時間を割いて調べてくださったものと思います。恐縮です。

●亜鉛ミネラルを含む食品について
・まず、サプリメントについては、私も従来極めて否定派で、積極的に勧めてくる親戚としばしば舌戦になったりしました(こちら曰く、表示量を摂ればいいというものではない、最終的にいくら吸収されるかが大事で、そのためには食物の食べあわせが大事で、、昔からの食事にならった食べ物を、旬を大事に食べることが大事だ←塩分除く、とか、そもそも人工的な栄養分は信用できない、とか、また親戚曰く、今は昔と同じ量を摂っても摂取できる栄養価は激減している。その分はサプリメントで補わなければならない、等々・・・)。
しかし現在、まともに自分で食事を作って食べられるのは朝食だけという身になってみて、外食にはさらに不信感を抱いており、せめて少しでもあがいてみよう、とサプリメントを視野に入れた次第です。できれば、食物中から摂取したいものです・・・。
・牡蠣については全く同意です。特に、クエン酸とビタミンCを同時摂取すると吸収効率が大変上がるらしく、牡蠣フライにレモンなんて理想的だと思います。また秋ですし。これに関しては、ケチくさいですが、イワシと比べたときの費用的な問題で敬遠してしまった、という面が強いです。しかし、私も牡蠣は大好きですので、安いときにでも買って食べようと思います。
・そばについては、正直ショックでした。最近の朝食はイワシそば(+レモン、ネギ、のり、気分によって納豆)になっており、これを常食にしようと喜んでいたところだったので・・・。これは、亜鉛が水分中に逃げてしまうということなのでしょうか。今は、煮汁でつゆをとるように変えましたが、これだけ栄養価(亜鉛)が低いと考え直す必要もありそうですね・・・
・イワシについては、あるある大辞典http://www.ktv.co.jp/ARUARU/ 第260回亜鉛、第326回抜け毛、の項を参照し、 イワシ2尾3,4mg、で缶詰にしても栄養素はほとんど落ちない、と書いてあったので、安くて楽に摂れると喜んで買い込んできています。(そばの件もあるので不安になってきましたが)
・海藻類については、他の方のご意見を伺っても、体に悪くは勿論ないが、頭皮や髪にとてもよいかと言われれば、他の栄養素、食材の方が優れている、という結論に落ち着きそうですね。
・ピーナッツ類に関してはとても意外でした。むしろ油で頭皮に悪いのかな、くらいのイメージでしたので、ちょっとした間食に食べてみようと思います。

補足日時:2004/09/13 17:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

●複合的に摂取すべき栄養素/摂取過多に注意すべき栄養素について
・最近、亜鉛の他にもビタミンB6とアミノ酸が必要だと見て、これは魚類等や飲料で普通に取れそうだからまあいいか、と多寡を括っていたところでしたので、こちらで更に指摘されて、まだまだだったか・・・と思い直しているところです。さすがにこれら全部をサプリメントでとろうとは思えませんが、この辺りからはプロに料理の例を提示してもらわないときつくなってきたかな、という印象です。食べ合わせによる吸収効率の問題も別にあるはずですし・・。
・一つ気にになったのは、「男性型脱毛には2種類ある」とおっしゃって下さった点です。私は単に男性ホルモンの影響で頭頂部や額から脱毛することで、リンパ異常であり病気である円形脱毛症とは全く別物だ、くらいの理解しかありませんでしたが、もう少し調べてみる必要がありそうです。

また、参考リンクについても、栄養素について大変詳細に書かれておりました。ご紹介くださりありがとうございます。

●睡眠について
最後に、睡眠についてですが、正直こちらも驚きました。0時前後の時間に入眠していなければならない、という頭をずっと持っていたものですから、リズムさえ整えれば大丈夫とおっしゃってくださると、大変うれしいです。

多方面にわたるご意見、本当にありがとうございます。
少しでも生活に活かせるよう、日々考えていきたいと思います。

お礼日時:2004/09/13 17:26

誤解を与えてしまう書き方をしてしまったようです。


申し訳ありません。

O型脱毛の主な原因として,「髪の毛の栄養失調」と書きましたが,これは,体内から髪の毛へと与える栄養についてです。
ですから,トリートメントやリンスをされても予防にはなりません。
まぁ,「毛根の栄養失調」と書いた方が良かったかもしれませんね。

> アルコール分の分解に際して、育毛に必要な栄養素を
> 多量に使ってしまう、という記憶があります

私もそういうことを聞いたことはありますが,確か,適量までの飲酒でしたら,問題はないとも聞いた記憶があります。
また,ゆっくりと飲むことが,効果を大きくする秘訣らしいです。

また,毛細血管を拡張する方法としては,他に,40℃のお風呂に15分入浴するのも良いらしいですよ。
ということで,ちょうど,毛細血管を拡張したり丈夫にしたりということが書かれているページがありましたので,紹介しておきます。

おもいッきりテレビ(9月8日水曜日 放送分)
http://www.ntv.co.jp/omo-tv/01/0908/main.html

なお,このページは,約1ヶ月後くらいに消滅してしまいますので,読まれるのでしたら,お早めに・・・。

O型脱毛してしまった場合は,リアップという発毛剤が有効です。
このリアップの有効成分であるミノキシジルは,米国アップジョン社が高血圧症の治療薬,つまり,血圧降圧剤(経口薬)として開発していたものです。
この薬の治験中,多くの人に発毛が見受けられたため,ロゲインという発毛剤として開発し直したという経緯があります。
実は,血圧降下剤のほとんどは,血管を拡張させているのだそうです。
ということは,ミノキシジルが浸透した皮膚では,毛細血管が拡張していると考えられるのです。
毛細血管には,血液が流れていて,酸素や栄養を細胞に与えています。
ということは,髪の毛(毛根)に充分な栄養等が届くことで,ミノキシジルは発毛を促していると考えられるのです。

このことから,予防と言うことを考えますと,やはり,髪の毛(毛根)に充分な栄養等を届ける必要があるといえるようになってきました。
あとは,その方法をどうしたら良いのかということになりますね。

マッサージについてですが,血管をマッサージするのですから,優しくするようにしてくださいね。
軽くつまむくらいが良いかもしれません。
また,肩や首のコリがありますと,頭部へと向かう血液の流れが悪くなると言われています。

最後に,つい,いろいろと書いてしまいましたが,すべてを一度に始めてしまうのではなく,出来るところから始めるようにしてください。
もし,無理をしてしまうことがありますと,それが新たなストレスになってしまいますから・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gakushanekoさん

度重なるアドバイス、ありがとうございます。
思いっきりテレビのWebページを見ました。入浴法など、大変役立つと思います。ありがとうございます。

今回は育毛・発毛剤に関してですが、二十代にして購入するとは夢にも思いませんでしたが、「今日の健康」9月号に抜け毛対策特集が組まれていたので読んでみたところ、やはりミノキシジルが効果があると書かれていました。店頭で噂のリアップを見てみましたが、120mlで1万円近く・・・これは、さすがに無理でした。まだ覚悟が出来ていなかったのでしょう・・・。そのうち四の五の言っていられない時が来るかもしれませんが。

しかし、それよりショックだったのは、以下のサイトです。
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/goahair/
ここの、「脱毛の対処方法」を見てみると、

>ミノキシジル2%を使って外見上問題ない程度までに
>毛髪が再生する成功率は男性でおよそ10%です。

と驚くべき数字が書いてあり、日本のリアップはミノキシジル1%で更に効果は低く、結論としては日本の育毛・発毛剤で現状で効果があると前向きに評価できるものはない、とのことでした・・・。

現状では、おっしゃるとおり、様々な方法のうち実行できそうなものから少しずつ着手する以外ないように思います。髪の毛ひとつでも、本気になれば食生活全体を見直す必要があるもので、それをストレスにしていては本末転倒ですものね。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2004/09/17 09:34

体の中に入る栄養の量が大切だと言うことを理解していただいたので,もう少し,書かせていただきます。



栄養バランスにたいへん優れた食事を続けていたとしても,実は,受けたストレスを解消しませんと,摂った栄養が生かされませんし,また,栄養の吸収効率が低下してしまいます。
これは,ストレスを受けてしまいますと,毛細血管が収縮してしまうためです。(もちろん,毛細血管以外も収縮しますけどね)
もぉ,おもしろいぐらいに,キュッと収縮します。(拡張する方は,結構ゆっくりですけどね)
そして,この状態は,ストレスが解消されるまで続いてしまいます。
ついでに,腸の動きも悪くなってしまうという話ですから,吸収効率はどこまで低下するのか,医師でない私には,想像出来ません。
ただ,胃は,異常に動きが激しくなるそうです。

で,(ここでは栄養についての質問ですから)ついでに書けば,体の外へと分泌するものが,量はストレスの度合いによりますが,増加してしまうそうです。
ですから,ストレスを受けてしまいますと,皮脂の分泌は増加してしまうことになります。
男性ホルモンの分泌は低下しますので,それでは差し引き同じと安心してしまうかもしれませんが,髪の毛の成長を促している卵胞ホルモン(女性ホルモンの一種)の分泌まで低下してしまうのですから,これは問題です。

さて,栄養に関係した問題を出してみたいと思います。
「胃の中は,体の内側でしょうか?それとも体の外側でしょうか?」
答えは,「体の外側」です。
その証拠に,ストレスによって,胃液の分泌量が増加します。
問題となるのは,空腹時にストレスを受けてしまったときです。
先ほども書いたように,ストレスによって,胃は異常な動きをします。
その上,胃液もそこそこな量を分泌してしまいます。
ということは,「胃壁が溶けない方がおかしい」という状態になってしまうのです。
胃壁は,胃を保護する壁ですが,ストレスが解消されないままになっていたり,何回か,空腹時にちょっとでも強めのストレスを受けてしまうようになりますと,その胃壁が薄くなっていき,よくて胃弱,下手をすれば胃潰瘍になってしまいます。
栄養の吸収と言うことだけで言えば,胃潰瘍も胃弱も同じことで,胃での消化が不充分になってしまいますので,結果として,栄養の吸収効率を低下させてしまう結果になりやすいのです。

ここまで書いてきますと,ストレスって,万病の元と言いたくなります。
髪の毛に限定して言っても,食品は消化されにくい,栄養は吸収されにくい,そして,その栄養が届きにくいで,もう,三重苦です。
いや,髪の毛には栄養が最後にまわされてくるのですから,四重苦と言っても良いかも?

ストレスの解消方法は,人それぞれですから,具体的なことは書きませんが,積極的にストレスを解消する方法のヒントだけを書いておきます。

ストレスによって収縮した血管は,ストレスを解消することでゆっくりと拡張します。
実は,おもしろいことに,ストレスを解消する前に,血管を拡張することをしますと,ストレスが解消されてしまうのです。
やりすぎてしまいますと,肉体的ストレスを受けてしまうため,また,血管が収縮してしまうので,逆効果になってしまいますが,適度な運動や適量までの飲酒などは,血管を拡張する作用がありますよ。
どうしてもストレスを解消出来ない場合に,このヒントから得たストレス解消法をしてみてはいかがでしょう。

> 今は、煮汁でつゆをとるように変えましたが、これだ
> け栄養価(亜鉛)が低いと考え直す必要もありそうで
> すね

うん,この方法は,たいへん良い方法だと思いますよ。
確かに,そばに含まれている栄養は,煮汁(そば湯)に出ちゃいます。
でも,それも利用しているのですから,そう心配するほど,摂取量の低下はないと思います。(「つゆ」に利用しているのですから,ちょっとは低下しているかも・・・)
ただ,そば湯をつゆに利用しますと,そばの味がおかしくなりやすいですから,出来ましたら,つゆは普通に作り,そば湯はそば湯として飲まれる方が良いと思いますよ。
まぁ,慣れませんと,なかなか飲めませんが・・・。
ちなみに,食べ終わったつゆにそば湯を入れて飲むのが正しい方法らしいですが,私は,そば湯オンリーで飲んでいます。

さて,ひとつ訂正です。

ナッツ(種実)類についてですが,アーモンドは削除してください。
というのは,アーモンドは,ビタミンEが他のナッツ類に比べて豊富なのです。
ビタミンEは,脂肪の吸収を助ける栄養ですので,ナッツ類に含まれている脂肪を吸収しやすくしてしまいます。
と言うことで,たいへん申し訳ないです。
ただ,ビタミンEが足りないときには,アーモンドを食べることをお勧めします。
ちなみに,ビタミンEの所要量をクリアするアーモンドの量は30gくらいですから,10粒程度ですかね。(もちろん,アーモンドだけでクリアする量ですよ)

男性型脱毛には2種類あると書いたのは,いわゆる「M型脱毛」と「O型脱毛」です。(正式な名称ではありませんが,わかりやすいですから,この表現を使用しますね)
M型脱毛の主な原因は,男性ホルモンと皮脂(1日以上経った古い皮脂)と言われています。
O型脱毛(正確には,「薄毛」なのですが,現在,脱毛症として扱われています)の主な原因は,髪の毛の栄養失調と考えています。
また,亜鉛ミネラルが予防として,より有効なのは,O型脱毛だと考えています。
と言っても,M型脱毛には,まったく効果がないというわけではありませんから,栄養について気を配ることは,無駄にはならないはずですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gakushanekoさん
度重なるアドバイス、ありがとうございます。
先日も鏡を見て頭頂部の頭皮が透けて見えるのを目の当たりにし、俺もこのまま枯れてしまうのかと、しばらく憂鬱になってしまったばかりです。

ストレスに関してですが、この一年、仕事で生産しなければならない事に対して、おそらく過去最高と言って良いほど、非常にストレスがたまってきています。それにつれて、生活のリズムも乱れ、食欲も低下し・・・と健康な生活から一直線に遠ざかりつつある体制をどうにか立て直さなければ、と思っています。

ストレスは遠ざけたい、これ当然しかし総上手くはいかないのが厄介なわけですが、まず血管を拡張させればよいという逆転の発想には、「なるほど!」と思いました。頭皮へ向かう血管の多くは耳たぶの前後を通るらしく、こちらをマッサージすることが意味があるそうで、そうしたことならなんとかやっていけるかな、と思います。

飲酒についてですが、これは微妙なところですね。確かアルコール分の分解に際して、育毛に必要な栄養素を多量に使ってしまう、という記憶があります。(うろ覚えですが)しかし、ストレスフルになってしまうよりはほろ酔い気分になるほうがよさそうです。この辺は加減が大事だと心得ておきます。

そば湯については、これもなるほど、と思いました。少しでも利くかもしれないならば、出来る限り、実践していきたいと思っています。

アーモンドの件につきましては、了解しました。訂正の書き込みまでご配慮いただきありがとうございます。

脱毛の種類は、なるほど、私はO型脱毛ということになります。髪の毛の栄養不足ですか・・・私は頭皮のためにと、ここ数年間全くリンスやトリートメントをしていませんでしたが、少し気になるところです。

とにかく、直接の食べ物や栄養素の話から、生活全般に至るまで、幅広くご回答くださり、改めてありがとうございます。あとは実践あるのみ、机上の空論に止まらないよう、日々勤めてまいりたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2004/09/15 01:39

確かにそばは良いと思います。

実際にそばの産地はヘアーカラー消費量がよその地区に比べると歴然と低いそうです。亜鉛と鉄分がたぶんそうさせるのだとおもいますが、daitan3さんの言う通りにシャンプーと睡眠が一番ひつようだと思います。
最近のシャンプーは洗浄力が低いのでそちらのほうが問題が多いと個人的には思います。

海藻に含まれるミネラル分は確かに含有量が減っていますのでこの食べ物がではなく、動物性たんぱく質ばかりを摂取しなければ問題ありません。

特に質問者が質問している時間がもっとも髪にとって重要な時間で10時から2時までが髪がよく伸びます
この時間には眠っているのがベストではないでしょうか?がんばって挑戦してみませんとね。
という私もこんな時間まで起きていてはいけないのですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tktさん
ありがとうございます。
そばにそんな調査結果があったとは、驚きました。また、シャンプーについても色々調べてみたりもしました。石鹸シャンプーがよいとか、ラウレス硫酸等の界面活性化剤(うろ覚え)の残留がよくないとか・・・高いシャンプーのスレッドなども見てみましたが、もう、何がなんだかワケが分からなくなり、結局いつも使っているモッズヘアですすぎを念入りにするだけにとどまっています。
動物性たんぱく質は、昔から健康のためにと牛乳や卵をたくさん摂ってきたので、頭皮のためにはあまりよくなかったのかなと、複雑な気持ちです。こちらを摂ればこちらが摂れず(吸収阻害)のような・・・。
睡眠のリズムは、本当に身につまされます。仕事の都合上、食生活のリズムの維持が大変ですが、これが基本だと信じて頑張ってみます。アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2004/09/13 16:49

こんばんは、一般の食べ物の栄養が昔より、含有量が減ってるみたいですし、食べ物から摂取するよりサプリメントを活用した方がいいのではと思いますが、それと、毎日のシャンプーとマッサージと睡眠これに尽きますよ!継続は力なりです、頑張ってください。

この回答への補足

すいません、「参考になった」のボタンを押してもなぜか反映されません。。。とても参考になりました。ありがとうございました!

補足日時:2004/09/12 10:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

daitan3さん
お返事ありがとうございます。はい、私も食べ物からのみとるのは難しいと思い、あまり高くないところを見つけて亜鉛、ミレートエキスのサプリメントを購入して併用しようと思っています。(←今のところDHCが一番お手ごろです)
あとは、おっしゃるとおり睡眠とマッサージとシャンプーを良く洗い流すこと、ですね。
ありがとうございます、継続できるよう頑張ります!

お礼日時:2004/09/12 10:40

とってもうろ覚えで」申し訳ないのですが・・・


海藻類は(見た目も含めて)いかにも髪の毛に良さそうだけど、実はそうでもない、というのは最近よく耳にします。
でも海藻自体は体に良いものなので、摂取してソンはないと思います。

「トマト」が髪の毛には良いと聞きました。理由は分かりません、聞いただけなので・・・
リコピンがどうのこうの・・・」と言っていた記憶が。
たしか、そのテレビ番組に出演していた大江千里さんがトマト大好きだそうで、
大江さんの頭を見て納得した気がします。
と言っても、大江千里さん、そんなお年でもないですよね^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mari0505さん
ありがとうございます。
実は、私もあるある大辞典を見るまでは、どこかの他の番組で、実は、海草ではない、トマトが一番よい、と言っていた(昔はトマトは精力増強剤くらい力がある食べ物として見られていたとか何とか・・)のを覚えています。最近までは何とかトマトを食べようと考えてもいました。
あるあるでトマトについて全く触れられていなかったので、「あれっ?」と思ったのを覚えています。
髪に良い食べ物で検索すると、確かにトマトが筆頭に挙げられているところもありました。
結局、全部摂るのが一番なのでしょうが・・・なかなか大変です^^;
私は頭頂部は大江さんより薄いくらいです。ご助言ありがとうございました!

お礼日時:2004/09/12 10:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング