『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

イエス・キリストは何をして生計を立てていたのでしょー。
イエス・キリストの父親ヨセフは大工だったらしいが、イエス・キリスト自身が大工をして生計を立てていたという記述は聖書にはありませんよね。
どーやらイエス・キリストには定職がなかったのでしょう。
ってことはイエス・キリストはルンペンだったのではありませんか。

A 回答 (7件)

イエスは自分をキリストと思っていたようですから。

自分は働かなくてもいいと思っていたのでしょう。

宗教にはあり勝ちな傾向ですが。ルンペンプロレタリアートでも働いています。

イエスは神の子でしたから(本当かな?)家々を訪問して食べさして貰ってたんじゃないかなあ?

乞食と言うと穏やかじゃないですが 精神障害者?だったのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/10/15 08:48

新約 良く読めば解るでしょう 12歳までが書いてあって いきなり布教を始める話になってます


この頃は30歳位と言われておりますが書いてないので正確には解りません
12歳~30歳位までが全く書かれておりません 完全に抜け落ちております 不思議ですね? 想像するほかありません
(父親ヨセフは大工だった事は書いてあるけれどイエスが父親の真似事した事すら 書いてありません)

ある本によると新約が編纂されたのはイエス亡き後90年も経ってからだそうで この時の直弟子は恐らく一人も居なかったでしょう
次期弟子によって編纂されたとみられますし 初めは何か書いてあったけれど削除されたのかも知れませんし確かな事は何とも~

勝手な想像は慎んだ方が良いのではありませんか? イスラム教なら刺客がやってくるかも?
何十年か前の事です 東南アジアのイスラム圏で布教時 余計な事 言った神父だか牧師だかが死刑になってます
日本って何でも言えて良いですね?。
    • good
    • 0

ルンペン


言葉に気おつけましょうね
          プータローさん
    • good
    • 0

麻原尊師と同じです。



宗教家、という定職がありました。
    • good
    • 0

イエスキリストはホームレス、5000人の群衆に5つのパンと2匹の魚を腹いっぱい食べさせた、しかも少年が頭に乗せていたかごのパンと魚

、神に感謝をささげると一気に増量、食べ残しのパンを集めたら5かご一杯、
    • good
    • 1

導師と違うのぷん

    • good
    • 0

キリスト教主義の学校に通っています。


授業で洗礼を受けたクリスチャンの先生から大工と教わりました。
その為、建物を建てる時に釘を刺すのが上手だったみたいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング