人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

脊椎動物では主に哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類が挙げられますが魚類ではない無顎類は脊椎動物と原索動物との中間形態なので主な脊椎動物として考えなくてもよいのですか?

A 回答 (1件)

主な脊椎動物・・・どこまでが主なのかが判りませんが、


無顎類はすでにほとんどが絶滅し、現在生息しているのはヌタウナギ類とヤツメウナギ類(円口類)の 2系統のみであり、
非常に原始的であり特異であり分類が難しいことから、「主な」という中には含めなくても 当然良いのでしょうね。

そもそも魚類ではない無顎類、っていうのもね
これら円口類を魚類と呼ぶのか 呼ばないのか・・・?
Wikipediaでは、円口類のことを「原始的な無顎魚類」と説明する項目もあります。
日常用語としてはフツーに魚と呼んでO.K. ではあるが、科学用語としては魚類はそもそも分岐分類学の立場では分類群ですらないので狭義の意味で魚ではない、のですよね。

過去には、ヌタウナギが脊椎骨を持たないことなどから、ヤツメウナギとはそれぞれ別グループとみなされ、一時 円口類という分類群は消滅したのだそうです。
ヤツメウナギと顎口類とを単系統としてまとめて「脊椎動物」と呼び、ヌタウナギをその外群とし、この場合、
ヌタウナギと「脊椎動物」とをまとめて「有頭動物(Craniata)」と呼び、現在でもこの分類を採用している書籍などは少なくないのだそう。
現在では再び単系統性が支持されるようになっており、円口類という分類群が復活しておりますが、
これだけ ゆらいでいるものを「主な脊椎動物」に含めることはないでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング