添付しました画像の問題について、途中までしかわかりません。
→面積を等しくするには底辺が等しくて、高さも等しくなればいい。
→①OPの式がy=2yになる場合 ②ABに平行で高さが等しくなるのは上にもできる。

※①は簡単にわかりましたが問題は②です。②の場合、y=2x+8とy=xの2乗の交点を求めると【解答】には書いてあったんですが、何故、y=2x+8になるのかよくわかりません。

わかりやすく説明していただけないでしょうか?


宜しくお願い致します。

「二次関数の問題(中学3年の数学)」の質問画像

A 回答 (2件)

直線ABと並行で直線OPと距離が同じ直線が反対側(上)にあるのは理解できますね。


直線ABのy軸切片の値が4ですから、その反対側の直線のy軸切片の値は8であることになります。
傾きに関しては説明の必要はありませんね。
この説明で伝わりますでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Zincer様

ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2017/10/13 15:59

→面積を等しくするには底辺が等しくて、高さも等しくなればいい。

…(1)
そのとうりです。
◯1は、y=2x でy=2x+4 をy軸方向に4下に下げた直線です。その直線とy=x^2の交点P
同じく、今度は、y=2x+4をy軸に4上に上げた直線です。その直線とy=x^2との交点P '
も、また、(1)の理由で同じになります。要は同じ考えで、方向が違うだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sc348253様

ご回答いただき、ありがとうございます。

お礼日時:2017/10/13 16:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング