風邪を引いたらよくビタミンCを大量に摂れだの、汗をガンガンにかけだのと言いますが、実際はどうなんでしょうか?

ビタミンCは予防にいいかとは思いますが、風邪をひいてしまったあとでも治りを早くする効果があるのでしょうか?

風邪ひいて熱があるときに水分を大量にとって汗を大量にかけば熱の引きが早くなったりするのでしょうか?

どなたかどうか教えてください。現在夏風邪で熱38度です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

風邪もウイルスと寒さからくるものがありますので.


熱を出す方法はいろいろあります.
1.熱いお茶を飲んでどんどん汗を出す.水分を取る
2.キツイ酒をお湯でわって布団に潜って汗出す.
3.生姜湯+酒+片栗粉+水を火にかけて,あんかけのようになれば,熱いうちに食べた,布団にも繰り汗が出るなで潜って我慢して,どんどん汗を出す.
***汗を出すことで不要なものを出して,体温を下げていくので,熱の引けは良くなります.着替えがたくさん要ります
欧米では水ふろに入れて熱を下げるといわれています.これも1里あり
体験談41℃の熱が一晩で36℃に下がったことはありますが,お薦めしません.死にそうに心臓が動きました.熱いふろに入り,熱いうどんや2.をしたのです.まさか36℃には下がるとは思いませんでした.心臓の弱い人には薦められません.
38℃ならば、OKでしょう。水分補給と汗を出すのでいいと思います. 
    • good
    • 1

夏風邪ですか?イヤですね。



ご質問の回答ですが、汗をかいた方が熱が下がると言うのは本当です(だと思ってます)。
ですから水分は必ず補給した方がいいです。
水よりも、ポカリやアクエリアスなど身体に吸収しやすいものを飲む事をお勧めします。
また、汗をかいたら必ず新しいものに着替える事です。←大事です!!
そのままでいると、濡れた体でいるのと同じですから更に熱が出てしまいます。
食べ物は食欲があるのでしたら消化の良いものを(おかゆなど)とるとか果物なんかはビタミンも豊富なので良いと思います。
後はひたすら寝る事です。
専門家ではないのでたいしたことは言えませんが・・・
早く良くなるといいですね。お大事に。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q性行為の後、唾液がよく出るようになった…心配無用ですか?

今日のお昼、性行為をした後で口の中で唾液がよく出るようになりました。
Dキスをいっぱいしていたので、何かが移ったのかな…?と病気等の心配をしています。
性病等はその日中に症状が出たりしませんよね?
また、唾液がよく出る性病なんてありますか?
たまたま、体の調子が悪いのかな?と思ったりもするのですが、性行為の後でこのような症状が出たので気になっています。

Aベストアンサー

>唾液がよく出る性病なんてありますか?
とりあえずは聞いたことないですね。

私も「よだれ」が出ますよ。

心配いらないのでは。

Q徹夜で風邪ひかないか?

テストが近いので徹夜で勉強したいのですが、1週間くらい徹夜したら風邪ひいちゃうでしょうか?
私の友達は寝なかったら風邪でダウンしてしまいました。

あと徹夜は体力いると聞きますが、本当ですか?
徹夜すると風邪ひくか教えてください!

Aベストアンサー

徹夜をするということは、頭やカラダを酷使してオーバーワークさせているということです。休みなしで動きっぱなしですね。
そうなれば体力は使いますし、体力が落ちれば抵抗力が減ります。
普段はひかない風邪でも、カラダが弱っているのでウイルスにやられやすいでしょう。

また寝ないで一週間はムリですから、別の形で睡眠は少しずつでもとることになると思います。
そう考えると徹夜をするより、適度な睡眠をとるほうが効率的に思えますね。

まだ時間があるのなら、
・睡眠時間をある程度削り、適度にとる。
・徹夜ではなく早めに床につき、早朝起きて勉強するよう心がける。
・睡眠不足だと抵抗が落ちやすいので、栄養価の高いものをとる。
・効率が悪そうだったり、体力が不安なら、無理をせず充分睡眠をとる。
・ある程度決まった生活パターンを組み、それにカラダを慣れさせる。

このあたりから始めてみたらどうでしょうか?
徹夜をして時間をとれば、勉強が進むというわけではないと思います。
無理をせず効率よくし、自分にあった生活スタイルを探してみてくださいね。

徹夜をするということは、頭やカラダを酷使してオーバーワークさせているということです。休みなしで動きっぱなしですね。
そうなれば体力は使いますし、体力が落ちれば抵抗力が減ります。
普段はひかない風邪でも、カラダが弱っているのでウイルスにやられやすいでしょう。

また寝ないで一週間はムリですから、別の形で睡眠は少しずつでもとることになると思います。
そう考えると徹夜をするより、適度な睡眠をとるほうが効率的に思えますね。

まだ時間があるのなら、
・睡眠時間をある程度削り、適度...続きを読む

Q薬局でよく出る薬。

来月から薬局で実習を行う予定です。
事前に予習をしておきたいので薬局でよく出る薬、
これは覚えておいた方がよいというものがあったら
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
製薬会社(研究開発)勤務の名前だけ薬剤師です。

>事前に予習をしておきたいので薬局でよく出る薬
これは漠然とした素人の質問ですよ(苦笑)。仮にも薬学生の質問とは思えません(辛口に言えばですが・・)。
薬局の性格によって中身はかなり変わります。院内薬局なのか院外なのか、院外ならクリニックからの処方箋が主なのか、その辺はどうなのですか?
一つヒントを差し上げるなら、患者人口の多い疾患領域での最新の薬の使われ方を勉強しておいたらいいでしょう。代表的なところでは、心虚血性疾患(狭心症を含む冠動脈疾患)、心房細動、脳卒中、糖尿病、鬱、アレルギー(鼻炎)、アトピー等々。治療(診療)ガイドラインやお医者さんの書いた総説などを読むとかなり役に立つと思いますよ。

お役に立てば幸いです。

Q月イチで風邪をひいてしまいます

30代の女性です。

最近、月に一度の割り合いで風邪を引いてしまうようになり、困っています。
以前は、多くても春先と秋の入り口の、年に2回引く程度で、その季節に健康管理に気を付ければ、引かずに済むこともできました。

ここ最近、春も夏も関係なく、年に数回以上も風邪を引くようになってしまいました。
最近も3月の下旬に風邪を引いたのですが、今、また風邪気味で喉が痛いのです。
昨年の冬も、3回ほどは引いています。
自分の身体はどうなってしまっているのだろうかと、心配になります。

しょっちゅう苦しい思いをするのも嫌ですし、職場にも頻繁にマスクを付けていったり、体調悪そうにしていると、風邪というのは嘘なのではないかと疑われてしまったりして困っています。
ダイエットをして極端な食事制限をしているとかいうことはありません。

普通、風邪を引くと免疫が出来て、しばらくは風邪は引かないものと思っていたのですが・・・。
風邪を引きやすくなるというのは、免疫が低くなっているというこのなのでしょうか?
風邪を引きやすい身体を元に戻すには、どうしたらいいのでしょうか?
教えてください。
よろしくお願いいたします。

30代の女性です。

最近、月に一度の割り合いで風邪を引いてしまうようになり、困っています。
以前は、多くても春先と秋の入り口の、年に2回引く程度で、その季節に健康管理に気を付ければ、引かずに済むこともできました。

ここ最近、春も夏も関係なく、年に数回以上も風邪を引くようになってしまいました。
最近も3月の下旬に風邪を引いたのですが、今、また風邪気味で喉が痛いのです。
昨年の冬も、3回ほどは引いています。
自分の身体はどうなってしまっているのだろうかと、心配になります。
...続きを読む

Aベストアンサー

免疫力が落ちてきています. 人混みへ出る時はマスクをしてウイルスを予防します.
かぜを引くと言う事は,喉が乾燥し,温度が低くなるとウイルスが繁殖してしまいます.この異物に対し,自己免疫力を働かせる為に熱を出してかぜをやっつけてくれるのです.

 http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/kaze5.htm
 http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec17/ch188/ch188d.html

以下の食事をします.
  http://www.yakujien.com/Pages/hukuyou/kaze.html
  http://soho.weblogs.jp/activememory/2006/03/post_9ec7.html
  http://arte.sakura.ne.jp/cooking/cooking-kaze.htm
  http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~hoken/04syokuseikatu/byoukinosyokuji/kaze.html

  

免疫力が落ちてきています. 人混みへ出る時はマスクをしてウイルスを予防します.
かぜを引くと言う事は,喉が乾燥し,温度が低くなるとウイルスが繁殖してしまいます.この異物に対し,自己免疫力を働かせる為に熱を出してかぜをやっつけてくれるのです.

 http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/kaze5.htm
 http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec17/ch188/ch188d.html

以下の食事をします.
  http://www.yakujien.com/Pages/hukuyou/kaze.html
  http://soho.weblogs.jp/activememory/2006/03/post...続きを読む

Q漢検でよく出る問題

漢検準2級を受けるのですが、よく出る問題とかありますか?
それか、よく出る問題が載ってる問題集、ホームページなど知っていましたら、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

本屋で調べるのが一番です。
頻出問題集を解いてください。
私は、旺文社のそれをやりました。(いろんな出版社から頻出のは出ています。ユーキャンのも過去問題集と見比べたらよさそうでした。高橋書店のは過去問題と見比べたら、もうひとつな感じがしました。問題が古そうでしたね。)私は、その後、過去問題集を解いたら、満点とはいきませんでしたが、合格圏内にはあるようでした。
まだ勉強中なので点が伸びる可能性はあります。
頻出問題集と過去問題集をしないと受かりません。
いくら頻出といっても勉強するには1ケ月から数ヶ月はかかります。
楽に勉強できるわけでは有りませんので、あしからず。

Q冬のジム帰りで風邪ひかないですか?

20代 女です。(関東在住)
これから会社帰りにジムデビューしようかと思っています。
一人暮らしのため家でお風呂に入るのが面倒なので
ジムに行く日はジムでお風呂に入る予定です。

しかしジム(駅)から家まで原付で15分かかります。
一応厚着はしていますが
お風呂上りに週3日も原付で風に当たりまくったら
湯冷めして風邪ひいちゃうか心配です。

ジム通いの皆さんは冬はどういうふうに帰宅しているのでしょうか?
歩き?自転車?原付?
普段どおりの服装でも寒さを防げていれば風邪をひかずにジムに通えているのでしょうか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

私は会社帰りにジムに寄るので、
いい汗かいて風呂に入って、
それから外出モードの防寒着を着込んで電車に乗って帰りますね。
自宅最寄り駅からは徒歩のこともありますし、自転車のこともありますが。
湯冷めして風邪ひくなんてことはありません。
そもそも、そんなヤバい体調ならジムに行くこともないし。

Qガスがよく出るのです

こんな話はあれなんですがガスがよく出るんです
出すぎというのは何か腸の病気でしょうか?

Aベストアンサー

以前「特命リサーチ200X」でやってましたね。
やはり、過敏性腸症候群の可能性があるかもしれませんね。

参考URL:http://ntv.naver.co.jp/go.php?url=http%3A%2F%2Fwww.ntv.co.jp%2FFERC%2Fresearch%2F20011104%2Findex.html

Qみかん ビタミンでも風邪予防なりますか?

サプリメントは効かないです
みかん は食べてると風邪予防にいいですね

肌が黄色になるくらい食べると、風邪ひきにくいようですね
今は子供のころと違い ミカン高いので・・・

他の方法で補いたいのですが
ニンジンを食べるとか・・・



詳しく教えてください
肌黄色にしたいです
いや しなくてもいいんですが
お肌と風邪は関係あるみたいで・・・


みかんが風邪に効くというのは迷信なんでしょうか?
http://www.kisyu-mikan.jp/kenko.htm

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013790260
β-クリプトキサンチンは、温州みかんで特に含有量が多く1個当たり1~2mg程度含まれ、
オレンジやレモン、グレープフルーツなどの他の柑橘類の約60倍以上になります。

身近なところでは、にんじんに多い?カロテンやトマトに多いリコピンなどと同じ仲間です。

【風邪予防】 ビタミンA・C、シネフィリン、ヘスペリジン

シネフィリン・・・温州みかんだけに含まれ、他の果物にはない(オレンジにもない)風邪に有効な成分で、気管支の筋をゆるめる作用があり、のどに関係した風邪に効果があるそうです。

ビタミンA・・・皮に多く含まれ、腸内でビタミンAに変わります。
これが不足すると角膜炎などの眼病となったり、肌が粗くなったり、骨や歯の発達が悪くなります。

【整腸作用】 ペクチン、セルロース

【美肌作用】 ビタミンC、クエン酸、ペクチン


柑皮症(かんぴしょう)とは、色素であるカロテンの過剰な摂取で皮膚が黄色くなることをいう。

ミカン(蜜柑)のようにカロテンが多い食物を極端に過食すると、皮膚がミカンの皮のように黄色になることから、柑皮症といわれる。

みかん食べすぎて体が黄色いこれは良くないこと?!

サプリメントは効かないです
みかん は食べてると風邪予防にいいですね

肌が黄色になるくらい食べると、風邪ひきにくいようですね
今は子供のころと違い ミカン高いので・・・

他の方法で補いたいのですが
ニンジンを食べるとか・・・



詳しく教えてください
肌黄色にしたいです
いや しなくてもいいんですが
お肌と風邪は関係あるみたいで・・・


みかんが風邪に効くというのは迷信なんでしょうか?
http://www.kisyu-mikan.jp/kenko.htm

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013790...続きを読む

Aベストアンサー

題名
みかん ビタミンでも風邪予防なりますか?

質問内容
みかん食べすぎて体が黄色いこれは良くないこと?!

いったいどっちだろう。
まあ、両方に答えますと、

みかん ビタミンでも風邪予防なりますか?

ある程度の予防効果があるかもしれません。
が、それによって本当に予防できるかどうかとなると怪しいです。
体調の維持は総合的な結果によるものです。
みかんだけで大丈夫な筈はありません。
なんだかんだで風邪にはバランスの良い衣食住ですよ。

みかん食べすぎて体が黄色いこれは良くないこと?!
何事も過ぎるのはよくないですよ 。
某番組で体に良いといわれた食材がスーパーから消えたなんて話がありますが、あれもどうかと思いますね。
前述しましたが、何事もバランスです。
薬だって多すぎれば毒です。

Qガスは便秘でなくてもよく出るものですか?

ガスは便秘でなくてもよく出るものですか?

また便秘でない人も出さなくては健康に悪いものですか?

Aベストアンサー

便秘で出ないときもあります。
便秘でなくても、日々食しているものによって、ガスの量は変わってきます。
ガスは、なるべく出した方がいいです。

Qカボチャを食べると風邪をひかない理由

昔から「冬至にカボチャを食べると風邪をひかない」と言われていますが、なぜ風邪をひかないのでしょうか?
カボチャに免疫力を高める効果があるのですか?
私は寒くなる時期には、必ず風邪をひいています。
風邪の予防法を教えていただくと嬉しいです。

Aベストアンサー

かぼちゃは、β-カロチン(ビタミンA)が豊富なほか、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄などをバランスよく含んだ栄養面ですぐれた野菜です。

この数多い栄養成分の中でも、含有量の多さで目をひくのがβ-カロチンです。

近年、このビタミンAが風邪、C型肝炎などの感染症やガンといった免疫力低下によって発症する病気の抑制に効果的であることで注目されています。

β-カロチンには、粘膜などの細胞を強化して、免疫力を高める働きがあります。
免疫力が高まると、外から体内に侵入してくる有害な細菌やウイルスを撃退するだけではなく、抗がん作用も高まります。

さらにβ-カロチンには、体を酸化から守る坑酸化作用もあります。
体内の細胞の酸化は、ガンや老化など様々な病気の原因となっています。

体を酸化から守るためには、日常の食事から抗酸化成分を豊富に摂ることが重要ですが、その抗酸化成分の代表がβ-カロチンです。

かぼちゃには、β-カロチンに加えてポリフェノールやビタミンC、Eなどの抗酸化成分が豊富に含まれており、抗酸化力が極めて高い野菜です。

かぼちゃには体を温める効果があるので、冷え性の方にはうってつけの野菜です。
温かいスープにして飲めば保温効果は抜群で、病後の体力回復にも効果があります。

また、冬至に食べるとよいといわれるのは、その時期、かぼちゃを常食していると、風邪の予防になると考えられるからです。
ビタミンAとCが粘膜の抵抗力を高め、細菌感染を予防する効果を発揮します。

体力がなく、貧血ぎみの方が常食すれば、鉄分、カルシウム、ビタミンCなどの効果で、症状が改善されるでしょう。

胃や腸の潰瘍に、かぼちゃのポタージュがよく飲まれます。これはカロチンとビタミンCに、細胞粘膜を正常に保つ効果があるとされるからです。

かぼちゃのビタミン類、ポリフェノール、ミネラル、食物繊維等は、皮やワタに多く含まれています。調理の際は、これらの部分も上手に使うが良いでしょう。

ちなみにビタミンAとビタミンEは脂溶性なので、油と一緒に調理すると体内での吸収率が良くなります。

かぼちゃは、β-カロチン(ビタミンA)が豊富なほか、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄などをバランスよく含んだ栄養面ですぐれた野菜です。

この数多い栄養成分の中でも、含有量の多さで目をひくのがβ-カロチンです。

近年、このビタミンAが風邪、C型肝炎などの感染症やガンといった免疫力低下によって発症する病気の抑制に効果的であることで注目されています。

β-カロチンには、粘膜などの細胞を強化して、免疫力を高める働きがあります。
免疫力が高まると、外から体内に侵入してくる有害な細菌やウイ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報