「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

ら抜き言葉って分かりますか?私、どうしてもらを抜いて始めれますか?とか言ってしまいます。

質問者からの補足コメント

  • 始めれる
    始められるどっちですか?

      補足日時:2017/10/14 20:07

A 回答 (9件)

気付いたならば、意識していると治ってきますよ。


「食べれる→食べられる」は良く聞きますよね。
「言っちゃった」と思った言葉をメモしたりするといいかもしれませんね。
    • good
    • 2

始めれる、私に言わせれば、論外!。


とれる、とられる、あたりなら、該当する漢字もたくさんあり、迷うことがあっても。
    • good
    • 1

補足読みました。

ドラママです。
「始められる」が正しいですよ。
    • good
    • 1

蛇足その1


北海道地方で例えば「食べる」の命令形が「食べれ」になったりしますが、
共通語(標準語)で「食べれ」は正しい命令形ではありません。
したがって「食べれる」はら抜き言葉と判定できます。

蛇足その2
ら抜き言葉が多くみられるのは語幹が1音の語ですが、
近年は2音以上の語にも広まっているようです。

蛇足その3
正しい可能形や可能動詞に「れ」を付け加えた「れ足す言葉」をしばしば耳にします。
正しい可能形にしようという意識が誤って働いたのかもしれません。
○ 行ける → × 行けれる(「行くことができる」と言いたい)
○ 読める → × 読めれる(「読むことができる」と言いたい)
○ 飲める → × 飲めれる(「飲むことができる」と言いたい)
○ 切れる → × 切れれる(「キレることができる」と言いたい?)
    • good
    • 1

可能形「~れる」の末尾の「る」を取り除いてみて、


正しい命令形「~れ」になる場合は、「ら抜き言葉」ではありません。
正しい命令形「~れ」にならない場合は、「ら抜き言葉」です。

ら抜き言葉の例
 例:来れる(可能形)→来れ(正しい命令形ではない)
 例:出れる(可能形)→出れ(正しい命令形ではない)
 例:寝れる(可能形)→寝れ(正しい命令形ではない)
 例:見れる(可能形)→見れ(正しい命令形ではない)
 例:起きれる(可能形)→起きれ(正しい命令形ではない)
 例:始めれる(可能形)→始めれ(正しい命令形ではない)

ら抜き言葉ではない例(可能動詞を含む)
 例:喋れる(可能形)→喋れ(正しい命令形)
 例:通れる(可能形)→通れ(正しい命令形)
 例:読める(可能形)→読め(正しい命令形)
 例:聞ける(可能形)→聞け(正しい命令形)
 例:言える(可能形)→言え(正しい命令形)

-----------------


① 可能動詞
 →「五段活用」の未然形に「る」が付く。
 例:書ける、打てる

②「五段活用」「サ行変格活用」の動詞の可能形
 → 助動詞「れる」が付く。

③「上一段活用」「下一段活用」「カ行変格活用」の動詞の可能形
 → 助動詞「られる」が付く。
 例:見られる 出られる 寝られる 来られる

ということになっています。

③の動詞に「られる」ではなく「れる」を付けたのが、「ら抜き言葉」です。
大正から昭和にかけて表われ始め、戦後に目立って使われるようになったとのこと。

日本国語大辞典には、ら抜き言葉の「来れる」「見れる」「出れる」「寝れる」などが「可能動詞」として採録されています(ら抜きではない本来形の説明も当然あり)。
ちなみに、「来れる」「見れる」「出れる」の用例には、川端康成の戦前の作品などが引用されています。
    • good
    • 1

中学生の時、国語で習いませんでしたか?5段活用とか上2段活用、下2段活用など。


その法則に従えば、「ら」を入れるかと入れないかは明確にわかります。

「きれる」と言った時、「切れる」は正しいが、「着れる」は間違い。「着られる」が正しい。

アナウンサーは正しく使っているが、アナウンサーを辞めた(元アナウンサー)人が時々間違って使っているのも聞くと嘆かわしい。
    • good
    • 2

「ら」を入れると受動態に勘違いされる場合があります。


食べることができるを「食べられる」とすると、ドラゴンか何かに飲み込まれる感じを受けます。
見ることができるを「見られる」とすると、カンニングされたり、覗かれているようにもとれます。

http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joh …
文化庁の見解ですが、「ら抜き言葉」は今に始まったわけではなく昭和初期から始まり戦後増大したとしています。文化庁も町府外だという立場ではありますが、口語と文語でまたちょっと違うみたいですね。
    • good
    • 1

一部の地域の方言では、ら抜きの方が正式で、逆にらが入る場合は、ら入り言葉として、非難されるようです。


実際問題、どちらでも通用する場合があるので、ケースバイケースなのでは無いでしょうか?(これが、非難されるとしたら、あくまで標準語の範囲と言う事でしょう)
    • good
    • 1

最近、多いですよね。


私は「ら抜き言葉」がものすご~く気になります。
今や、TVでもよく耳にします。
ただ、ちょっと安心するのが、インタビュー等で「ら抜き言葉」でしゃべっていても、テロップ(字幕)ではしっかり「ら」が入って書かれていること。
質問者様はご自分で気づいているようなので、1つずつでも直していかれるといいでしょうね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング