いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

妊娠4ヶ月です。妊娠6週目から葉酸サプリを飲み続けています。

ネットで葉酸サプリは妊娠初期に葉酸サプリを飲んだ方がいいといわれていますがいつまで飲んでいましたか?

経験のある方教えてください、よろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

私は葉酸サプリをつわりが終わるまで飲んでいました妊娠5か月ぐらいまでだったと思います。

その後はなるべく食事でとるようにしていました。

出産して1年経ちますが赤ちゃんも問題なくスクスク育っています。

主治医は適量をまもれば飲んでも問題ないと言っていました。

また妊娠後期に1000μgの葉酸を利用していた場合、生まれた赤ちゃんの、喘息リスクが高くなったという報告があったということで妊娠後期は葉酸サプリをなるべく飲まない方がいいと言われました。

主治医の聞くのが一番だと思います。参考までに葉酸サプリをいつまで飲むかを書いてあったページを見つけたので貼っておきます。

URL:http://mid-forties.jp/pregnancy/folate.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。主治医に聞いてみます。

お礼日時:2017/10/17 01:02

日本ではここ数年で妊娠中の葉酸が体にいいので摂収を進めているのですが、それ以前にアメリカなどでは、葉酸の重要性を重くみて、量を増やしてきたといわれています。



厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、妊婦中の場合には通常摂取240μgにさらに240μg加えた480μgの摂取が推奨されています。

妊娠初期はつわりの影響で味やにおいに対して敏感になりやすく、食事量にも影響がではじめます。

一般的につわり自体は12~16週目で自然と治りますが、妊娠期は食べ物の趣向や好みが変わりやすいです。

そのため、食事とサプリメントを併用して自分が取りやすい形で葉酸を摂取していく必要があります。

また葉酸は産後も卒乳までしっかりと摂取していく必要があります。

授乳期には母乳の分泌に鉄が多く必要となるため、鉄不足や鉄欠乏性貧血といった状態になりやすいです。

葉酸は別名“造血ビタミン”とも呼ばれており、体内で正常な赤血球を作り出すには不可欠です。

産後の鉄不足や鉄欠乏性貧血を防ぐためにも葉酸の摂取が大切となってきます。

なお妊娠30週以降に入ってからは「生まれてくる子供の喘息リスク」を考えてモノグルタミン酸型の葉酸を過剰に摂取しないよう気をつけなくてはなりません。

1998年から2005年にオーストラリアで「母親の葉酸摂取状況(タイミング・量・由来)と、子どもの喘息発症リスクの関係」に関する研究がおこなわれました。

その中で妊娠後期(30~34週)にサプリメントによる摂取量の限度値である1000μgのモノグルタミン酸型の葉酸を摂取し続けた場合、生まれてきた子供が喘息を発症するリスクが高くなる可能性があると報告されています。

日本で販売されている葉酸サプリには、摂りすぎになるほど入っているものはないので、単独で利用する場合は妊娠中いつまでも飲んで心配ありません。

でも、複数のサプリメントを利用している場合は、その合計が安全な範囲(目安は1日400~600μg)であるか確認することが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。主治医に聞いてみます。

お礼日時:2017/10/17 01:01

赤ちゃんに先天性の異常が形成されるのは10週以前なので11週か12週まででいいと思います。

私の場合つわりがひどく食べれない時など葉酸のサプリを利用していました。
参考:https://matome.naver.jp/odai/2150640196985455701
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/10/17 01:02

授乳中も葉酸は必要な栄養素です!飲み続けてもいいと思いますよー

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/10/17 01:02

こんばんは



私の友人が、葉酸欠乏症で葉酸飲んでました

しかしサプリメントじゃなく、産婦人科から処方されてましたよ

胎児がきちんと育つように

だから、産婦人科の先生にお聞きするのが一番だと思います。

お身体大切に…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。主治医に聞いてみます。

お礼日時:2017/10/17 01:02
  • 鉄欠乏性貧血のまとめページ

    鉄欠乏性貧血とはどんな病気か  血液のなかにはさまざまな成分が含まれています。そのひとつに赤血球(せっけっきゅう)があり、そのなかに含まれるヘモグロビンは、体中に酸素を運ぶ重要なはたらきをしています。  ヘモグロビンは、酸素と結合するヘムという物質と、グロビンという蛋白質が結合してできていますが、ヘムの合成には鉄が必要です。鉄は胃酸により吸収されやすい形に変わり、十二指腸や小腸から吸収されます。人...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報