南極海のくじらにPCBがしかも高濃度で検出されたということがありましたが、
これはなぜですか?
極にオゾンホールができたようにこれも北半球で出たPCBが大気の流れに乗って
南極にやってきたんでしょうか?
どなたか回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

参考ページの下の方を見てください。



PCBは気流に乗って南極まで到達し、食物連鎖で上位に属する動物ほど
高濃度のPCBが検出されているみたいですね。
くじらの場合は広い範囲を回遊しているので、南極にもしPCBが到達
してなくとも検出されたと思いますが。

参考URL:http://www.id.yamagata-u.ac.jp/EPC/hormon/2007.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考ページも大変役に立ちました。

お礼日時:2001/07/09 14:49

食物連鎖上位、にくわえて、生き物の寿命も関係します。

クジラは長生きしてるんじゃないでしょうか。蓄積される前に死んじゃったら終わりですから。(たとえば、「最上位」にいる人間の血を吸っている蚊は、短命なため、PCBの心配はない)

鯨のなかでも、マッコウクジラのような歯クジラは、食物連鎖でかなり上になると思います。シロナガスクジラなどのヒゲクジラは、オキアミなどが主食ですが、違いがあるかもしれません。

たぶん、海中や空中は長年の循環で広くPCBを含んでいるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

寿命の方には考えが及びませんでした。
なるほどなあ・・・。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 02:34

tarankoさんの参考URLを見てみました。

確かに食物連鎖上位の動物ほど高濃度PCBが検出されるようですね。しかし、確か種類によって違うでしょうけど鯨の主食はオキアミだったような・・・。だとしたら鯨は食物連鎖上、そんなに上位ではないのでは、と思い「鯨」「食物連鎖」でyahoo!で検索したところ、下記参考URLが見つかりました。やはり、鯨は食物連鎖上最上位ではないと考えている人もいるようです。ということは、鯨だけに高濃度のPCBが検出されるというより、白熊などの肉食動物はもっともっと高濃度のPCBにさらされているということなのでしょう。ましてや人間ともなると・・・おぉーこわっ。話はちょっとそれましたが、PCBの大気、海洋中の循環については「奪われし未来」シーア・コルボーン著に詳しく載っていたかと思います。ご参考まで。

参考URL:http://luna.pos.to/whale/jpn_zat_foodchain.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 02:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCB廃棄物処理について・・・

PCB廃棄物処理を詳しく知りたいです。
今、私の住んでいる室蘭市に処理施設が設置される計画があります。もしそうなってしまうとどのような影響などがでるのか心配です・・・
北海道室蘭市におけるPCB廃棄物処理受け入れについて教えて下さい!

Aベストアンサー

産廃振興財団のHPに解説があります。

PCBの中にはダイオキシン類が混じっているため、毒性があります。
それを分解し、安全なものに替える施設ですので、社会的に必要は施設です。

PCBは、現在も古い電気製品に使われていますし、トランス等は、各所有者が保管する義務がありますが、永い年月で所在が不明になったり、漏れ出すなどのトラブルもでています。
処理施設では、そこまでの搬入経路や分解処理前での漏れがないものである事が重要でしょう。
事故が起きた際の対応について、どの様な対策が取られているか確認される必要があります。

参考URL:http://www.sanpainet.or.jp/

Qオゾンホールができる仕組み→南極上空の大気が薄い理由

「南極上空は大気が元々薄いので、特にオゾン層が
薄くなる。その場所をオゾンホールという。」
という記述がよく見られるのですが、なんで南極上空
は大気が薄いのかの説明がわかりません。
教えてください。

また北極にはオゾンホールが見られないのでしょうか。
見られないとしたら、その理由も教えてください。

Aベストアンサー

「南極上空の大気が薄い」という説明はどこでご覧になりましたか?そんなことはありませんよ。

 オゾン層というのは、地上約10~50kmの高さにある成層圏の中で、比較的オゾンが多い場所があり、これがオゾン層と呼ばれています。

 南極でオゾンホールが現れるのは、オゾン層が破壊される化学反応が低温の場合に進むためで、オゾンホールが現れるのは南半球の冬の季節で、最盛期は9月下旬から10月上旬です。

 では、北極でもオゾンホールが現れても良いのではないかと思われると思いますが、陸地と海の分布の差で、そうはならないのです。

 南極は極付近に大陸があり、その周りが海という環境から、極付近の上空の気温が非常に低くなりやすいのに対し、北極は極付近が海で周りが大陸のため、南極ほど上空の気温が下がらないのです。

 ですから、今まで、南極のオゾンホールと同じようなオゾンホールが北極で現れた事はありません。ただし、オゾンの量が少なくなる現象は現れており、今後もフロンなどのオゾン層破壊物質を放出し続けると、北極付近でもオゾン層が破壊される可能性は十分にあります。

参考URL:http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/hp/3-10ozone_depletion.html

「南極上空の大気が薄い」という説明はどこでご覧になりましたか?そんなことはありませんよ。

 オゾン層というのは、地上約10~50kmの高さにある成層圏の中で、比較的オゾンが多い場所があり、これがオゾン層と呼ばれています。

 南極でオゾンホールが現れるのは、オゾン層が破壊される化学反応が低温の場合に進むためで、オゾンホールが現れるのは南半球の冬の季節で、最盛期は9月下旬から10月上旬です。

 では、北極でもオゾンホールが現れても良いのではないかと思われると思いますが、陸地と...続きを読む

Q勘定科目 PCB廃棄物処理料金

PCB廃棄物を処理してもらい、処理料金を支払いました。
その時の勘定科目は何を使うのが適当でしょうか。
どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

PCBなどの廃棄物の処理費が恒常的に発生する製造業ならば、製造原価の区分に「廃棄物処理費」という科目を設定します。

PCBなどの廃棄物の処理費の発生が稀(まれ)であり、その額が比較的大きいときは、特別損失の区分に「廃棄物処理損失」という科目を設定します。

Q北半球の寒さと南極氷の融解との関係

他の人から聞いた話ですが、今年の冬、北半球で寒いのは南極での氷の融解が進んだことと関係しているとテレビで言っていたということです。
その理由については分からないのですが、そういう話が出ているのでしょうか?
もしそうだとしたらどのようなメカニズムでそのようなことが起きるのか、解説していただけるとありがたいと思います。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E6%B5%B7%E6%B5%81

北半球の高緯度地域が比較的温暖なのは 北太平洋海流が起こるからと言われる

http://www.s-yamaga.jp/nanimono/taikitoumi/kaisui-daijunkan.htm

グリーランドや西欧州の沖で 海水が冷やされて凍ると 塩分が濃く低音の海水が副次的に出来て 深層海流となり 深海の流れは何万年もかけて地球の海に広がる

http://ovd.aori.u-tokyo.ac.jp/fujio/misc/2005zen.pdf
氷が大量に解けると 低温で真水に近い海水が海の表面に広がり 海水の循環を妨げることがある

過去に寒冷化の原因となりうる 北半球の大陸氷河と北太平洋海流 深層海流 海水の縦の循環の喪失
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%A2%E3%83%AD%E3%83%BC
映画だが・・・・

表層の塩分濃度や温度のデーターが 変動しているのか それかどのていど 縦循環に影響を与えているのか 素人にはわからないです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%A4%A7%E8%A5%BF%E6%B4%8B%E6%B5%B7%E6%B5%81

北半球の高緯度地域が比較的温暖なのは 北太平洋海流が起こるからと言われる

http://www.s-yamaga.jp/nanimono/taikitoumi/kaisui-daijunkan.htm

グリーランドや西欧州の沖で 海水が冷やされて凍ると 塩分が濃く低音の海水が副次的に出来て 深層海流となり 深海の流れは何万年もかけて地球の海に広がる

http://ovd.aori.u-tokyo.ac.jp/fujio/misc/2005zen.pdf
氷が大量に解けると 低温で真水に近い海水が海の表面...続きを読む

QPCB含有機器の処理期限について

PCB処理特別措置法で平成28年7月15日までにPCB廃棄物を適正に処理するように決まっていますが、使用中(具体的には微量PCB含有高圧トランス)でもその期限までに廃棄物にして処理をしなければいけないのでしょうか。
色々と検索して調べているのですが、どうもそこのところがはっきり書いてあるのが見つかりません。
もっとも高圧トランスですので、そのころにはとっくに推奨交換期限(20年)を過ぎているのですが(既に過ぎている)、そこまで使用していたと仮定した場合を想定しています。

Aベストアンサー

現在、運用中の変圧器は廃棄物では有りません。

電気設備として、立派に運転されているものは、設備として法律も認めています。

但し、その設備が運用を止め、設備から外された段階で廃棄物となりますので、

其の時点からは廃棄物の適用を受けます。

ですから、其の時点でどうするかを検討されれば良いのです。

Q大気汚染とオゾン層破壊

大気汚染とオゾン層破壊は別問題なのでしょうか?
大気汚染について調べなければならないのですが、それにオゾン層の破壊を含めてしまうとズレてしまうような気が…

Aベストアンサー

一般に、大気汚染とオゾン層破壊は結びついていますが、別物としてとらえてもいいのではないでしょうか。

簡単に書くと、

大気汚染・・・・・・工場などの煙突から排出される二酸化硫黄や
窒素酸化物 (NOx) が、酸性雨や光化学スモッグなどの原因になること

オゾン層破壊・・・・・・廃棄された冷蔵庫などから放出された
フロンガスなどが酸化して、オゾン(O3)を酸素(O2)と活性酸素
(O)に分解すること

ということだと思います。

参考URL:http://www.gwarming.com/index.html

QPCBに触れた場合。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて作業していたとの話も聞きましたが、健康な状態でなく、傷口があった場合にはどうなるのでしょう?
 高濃度のPCBが体内に一度に吸収されると言うことになるのでしょうか?
・その場合には中毒症状は早く発現するのでしょうか?
・関連サイトを見ると、PCBの付着した衣類等も産業廃棄物扱いとなるらしいですが、私はPCBに触れた手で色々な所を触っています。
 そういった箇所を傷口のある人が触れたり、舐めたりした場合には、体内に吸収されてしまうものなのでしょうか?

  かなり神経質な考え方だと思いますが、自分を含め今後の家族の事を考えると心配になってしまいます。
  どなたかお知恵を拝借いただければ幸いです。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に誤解をしているようですが、PCB自体に毒性があるのではなく、製造時に副生物として発生するダイオキシンにより人体に害を及ぼしています。

カネミ油症の場合は、米糠油の製造工程でPCBが混入したものを調理で使用し、直接摂取して中毒を起こしています。

ですので、直接触れても吸収される可能性が低く量的にも少ないので、一時的なものであれば、それほど心配する必要はありません。
もし、その程度で発症するならば、数100万人単位で発症しているはずです。
気にしすぎるほうが、健康によくありません。

Qオーストラリアの紫外線量とオゾンホールについて

 オーストラリアの紫外線量について疑問に思うことがあり質問させて頂きました。

 紫外線量というのは低緯度であるほど多くなると言われていますが、
(ダーウィンとメルボルンではダーウィンの方が紫外線量が多い)

オゾンホールは南極大陸のあたりに分布していますよね? オゾンホールの詳しい分布図が入手できないので何ともいえないのですが、何となく
メルボルン辺りはオゾンの量が少ない地域であるように見えるんですが・・・
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/PLANET/05/05-4.html

メルボルン辺りはまだまだオゾンホールの開いた地域には該当していないのでしょうか?また、メルボルンあたりの地域は今後どれくらいでオゾン減少地域に該当するようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

地球に横から太陽の光が当たっている様子を想像してみてください。
赤道に近いところでは地面に垂直に光が当たりますが、南極や北極に近づくと斜めから光があたるようになります。
つまり単位面積当たりの太陽光の量に違いがあります。オゾンホールは極地方にあるので直接紫外線が通過するというよりは、そのあたりでは紫外線が減衰しないと考えるほうがいいかもしれません。
紫外線の絶対量で比べれば赤道地方のほうが多いのでしょうが、透過率で比べればオゾンホール付近の方が大きいのだと思います。
もともと紫外線が多いところでは生物もそれなりに対応しているのでしょうが、普段紫外線の少ないところで、紫外線が増えてくれば問題になるのでしょうね。

QPCB所有事業者の届出に関して

PCBを所有している事業者の
届出はどのように行えばよいのですか。
特別管理産業廃棄物管理責任者は必ずその事業者の
従業員でなければならないのですか。
届出等を代行してくれる所はありますか。
サイトをいろいろ探しましたが、法律条文等だけで
明快なものがありません。
どなたか具体的かつ明快なお答えをお願い致します。

Aベストアンサー

特別管理産業廃棄物管理責任者について、次のように規定されています。
(責任者の資格)
第2条 責任者の資格は、次のとおりとする。

一 別表の第1号に掲げる要件を満たした者。この場合において、廃棄物の処理に関する技術上の実務に従事した経験(以下「実務経験」という。)とは、法第7条又は第14条の処分業の施設及び第8条(第9条の3を含む)又は第15条の処理施設に従事した経験とする。

二 別表の第2号の知識及び技能を有すると認められる者。この場合において、知識及び技能を有すると認められる者とは、責任者講習を修了した者とする。

三 排出される特別管理産業廃棄物が感染性産業廃棄物のみの場合で、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則(昭和46年厚生省令第35号)第8条の17第1号イに定める者を責任者として設置する場合は、責任者講習受講の必要はない。

そして、届出書には、
一 氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
二 事業場の所在地
三 責任者の氏名、職名及び資格と記入欄が有りますから、事業所の従業員であることが必要です。

詳細は、参考urlをご覧ください。

問い合わせ先は、最寄りの都道府県・保健所設置市の産業廃棄物担当部局もしくは下記です。

 (社)日本照明器具工業会
 電 話  (03)3833-5747
 FAX  (03)3833-8455
 〒110-0005 東京都台東区上野3-2-1 フジオビル7F

参考URL:http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/haitaibu/sanpai/kisei/tokukan/tokuyoko.htm

特別管理産業廃棄物管理責任者について、次のように規定されています。
(責任者の資格)
第2条 責任者の資格は、次のとおりとする。

一 別表の第1号に掲げる要件を満たした者。この場合において、廃棄物の処理に関する技術上の実務に従事した経験(以下「実務経験」という。)とは、法第7条又は第14条の処分業の施設及び第8条(第9条の3を含む)又は第15条の処理施設に従事した経験とする。

二 別表の第2号の知識及び技能を有すると認められる者。この場合において、知識及び技能を有すると...続きを読む

Q大気中の二酸化炭素濃度について

大気中の二酸化炭素濃度は過去数万年の間に様々な原因によって変動してきた。この変動の原因を述べよ。
数万年となるとどういう話に持ち込めばよいでしょうか?産業革命や森林伐採も入るかもしれませんが、他にはどういった要因が考えられますか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

一番に思いつくのは自動車の排気ガスかな…。
まさかこんなに車が増えるとは、発明した人も想像つかなかったでしょう。
今は排ガス規制が設けられてますが、自分が子どもの頃は規制がなく、ムチャクチャくさくて、真っ黒で、喘息なった人がたくさんいます。
あとは工場の煙とか、火力発電所とか、大陸で時々起る大規模山火事とか…。

数千万年単位だと、大規模な地殻変動による火山の連続噴火とかもあるんですが、数万年だとやっぱり人間のふるまいが主な要因でしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報