人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

従四位

の検索結果 (113件 1〜 20 件を表示)

大名の官位

従四位下侍従と、従四位下、従五位下では、それぞれ格式などどの様な違いがあったのでしょうか?…

解決

従三位中納言と正三位参議どっちが上?

…江戸時代の武家の官位は複雑です。 位階が低くて官職が高いのと位階が高くて官職が低いのが存在しているようです。 どっちが上ですか。 1)従三位中納言(水戸家)と正三位参議(典厩家) 2)...…

解決

大名の位階

…大名の位階で、幕末以外でもたまに「従五位上」というのをみかけますが、これはどういう大名家にどういう場合に叙位されたのでしょうか? 四位以上は正従(・上下)ありますが、五位は大...…

解決

日本史に強い方お願いします

…漢字が読めずに困っています。 『従四位下大膳大夫』なんと読めばいいんですか?? 教えてください。…

解決

有力譜代の官位

…http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html ↑こちらのウェブサイトをみると、彦根井伊家でも従五位下の当主が何人かいますが、譜代筆頭・三十五万石の家であっても国持ち大名の様に初官従...…

解決

蔵人について

…官位役職の「蔵人」についてですが 蔵人別当(くろうどべっとう) 蔵人頭(くろうどのとう 又は かみ とも) 蔵人正(くろうどのしょう) 五位蔵人(ごいくろうど) 1 一番地位の高い蔵人はどれ...…

解決

土佐山内家の藩主名乗り

…江戸時代、「国持大名」は代々将軍から偏緯を賜ることで他の大名と区別されていたようです。(島津斉彬、伊達綱宗など) 土佐藩主の山内家は、24万石で「従四位下、侍従」と国持大名の待...…

締切

官位と国名

…官位について教えてください。 織田信長は上総之介を自称していた、と言われています(間違っていたらすみません)。 1・正式受任でないのに名乗りを挙げるのは良いのでしょうか? 2・「...…

解決

家光親裁と毛利秀元

…山本博文東京大教授の「江戸城の宮廷政治」の図(家光親裁のときの大広間座配)によると、大広間中段の井伊直孝・土井利勝や御三家、仙台・加賀・薩摩の各中納言につづいて、大広間下段...…

解決

ちょうちん奉行

…タイトルの身分は高かったのでしょうか?…

解決

豊臣秀吉の肩書き

…もし当時に今のような名刺があるならば 豊臣秀吉は長浜城主になった後に大坂城主になるまでの 過程ではどのような肩書きになるのでしょうか? 大坂城主になるまでは長浜城主のままなので...…

解決

前田慶寧は改名しなかった。

…毛利敬親は改名したのに前田慶寧は改名しなかったのはなぜだとおもいますか?…

解決

女性が心に染みる名言ってどんなのがありますか?

…女性が心に染みる名言ってどんなのがありますか?…

解決

浅野内匠頭と吉良上野介の上下関係

…内匠頭は江戸城の調度品担当長官、上野介は群馬県 担当副長官と考えます。殿中刃傷事件の要因として、 群馬の副長官の内匠頭に対する"いじめ"が挙げられる はずです。 上野介と...…

解決

近衛中将助安について

…伊予の隅々:伊予市前近衛中将助安について この人物の情報をご存知の方は 近衛中将とは何か? 助安の系図を教えてください。 伊予だけに限りません。…

締切

これ何て読みますか?

…ゼミが万葉集の大学生です。 歴史に詳しい方に聞いた方がいいかと思い質問させて頂きます。 これ何て読むんでしょうか? 「從五位の上」 「從」は従なのは分かるんですけど・・・。 ...…

解決

五騎の騎は馬一騎?

…1室町時代から戦国時代に関する小説や現代語訳された古文書などに「土岐山城守手勢五騎」などと出てきます。 この場合の五騎とは馬に乗れる身分の上級武士の数でしょうか。 また一騎に...…

解決

叙位について

…叙位について教えてください。叙位叙勲と言ったほうがよく耳にしますが、叙勲は大勲位から勲八等(現在は勲八等停止)まで、公益に貢献したことを表彰するために勲章とともに、その証で...…

解決

柳沢出羽守と松平出羽守の両立は武家名乗り?本物は?

…勉強になっております。 語句など知識に間違いがあれば遠慮なくそれもご指摘下さい。 最適な用語を学びたいと思っています。 1.出羽守の官職を持つ、公家がいたのでしょうか。 2.出羽守...…

解決

井伊家(彦根藩)35万石

…譜代の井伊家が 親藩である水戸徳川家(常陸35万石)と同格なのは何故でしょうか? 外様の前田や島津は謀反など色々配慮して高禄なのは分かりますが……

解決

検索で見つからないときは質問してみよう!

Q質問する(無料)

Q&A検索履歴