トリフルオロ酢酸

の検索結果 (25件 1〜 20 件を表示)

pH

トリフルオロ酢酸を使って1000mLの水をpH3.5に調製したいのですが,計算がよく分かりません.(実際にやってみればいいのですが・・・) 一応調べてみたのですが, トリフルオロ酢酸は強酸なので...…

締切

Boc基の脱保護

…Bocの脱保護に関して質問させていただきたいと思います。 Bocの付いたポリアミドを合成したのですが、トリフルオロ酢酸でBoc基だけ脱保護したいと考えています。 その際に、トリフルオロ...…

解決

アミド基の誘導体化剤を探しています

…高純度ベンジルアミンを誘導体化し、GCMSでベンジルアミン中の微量不純物を定性します。 そこで、高純度で不純物の少ない誘導体化剤を探しています。 不純物を定性したいので、誘導体化...…

解決

NMRの基準物質について

…NMRを測定する際の基本的なことで恐縮なのですが、教えてください。 今、PBT樹脂を重トリフルオロ酢酸(TFA)へ溶解して TMSを基準物質として測定しようとしているのですが、 TMSが混入されて...…

解決

HPLCでカルシトニンの定量がうまくいきません。

…HPLCでカルシトニンの定量がうまくいきません。 論文などを参考にしているのですが、検量線すら作れない状況です。 というのは、ピークは毎回同じ保持時間で検出されるのですが、同じ...…

解決

重水中での19F-NMRの基準シグナル

…19F-NMRでは基準物質としてCFCl3を0.00ppmとするらしいのですが、 D2O中で測定を行っているため、基準物質が溶解せず困っています。 例えばCF3COOH(トリフルオロ酢酸)は、どの重溶媒中であるのか...…

締切

フリーデルクラフツ反応について

…ポリマー上のフェニル基に対して フリーデルクラフツ反応を現在行っていますが、 塩化アセチルを溶媒として使っているため、大過剰で死にそうです・・・ その上、アセチル化反応も上...…

締切

酸を含む試料をロータリーエバポレーターで濃縮する際・・・。

…発酵食品(醤油および日本酒)中の活性画分を移動相に0.1%TFA(トリフルオロ酢酸)-水および0.1%TFA-アセトニトリルを用いた高速液体クロマトグラフィー(HPLC)で分取しています。 HPLCで分取した0.1%T...…

解決

疎水化

…ガラス表面が親水性のアミノ基でコーティングされたものの一部を疎水性にしたいのですが、なにを用いるのが一般的なのでしょうか? よろしければ教えてください。…

締切

脂溶性の定量について

…液体クロマトグラフィーを扱っております。 有効成分ではございませんが、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルの定量を行いたいのですが、水溶性ではない為、試料溶媒の選択に困ってい...…

締切

pHを固定すると重炭酸イオンの濃度は一定値になりますか?

…大気下,種々の濃度の重炭酸ナトリウム溶液を調製し,適当な緩衝剤を加えpHを固定したとき 重炭酸イオン濃度はどうなるのでしょうか? 炭酸ガス平衡が動いて溶かした重炭酸ナトリウムの量...…

締切

Boc脱保護の反応機構について

…Boc脱保護の反応機構について 題の通りなのですがBocを脱保護する際の反応機構がわかりません。 わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願いします。…

解決

無水トリフルオロメタンスルホン酸の保存法

…有機合成で、水酸基にトリフラートを導入するため無水トリフルオロメタンスルホン酸を使用します。 10gのアンプル(和光で購入しました!)を購入したんですが、全量使用しないため、余った...…

締切

酸性度?

…酸を添加剤として使う反応で、酢酸、トシル酸は同じ生成物、カンファースルホン酸は違う生成物となる文献があるのですが、その違いは酸性度(酸解離定数)の差があるのではと考えていま...…

締切

誰か教えてください

…RCOOt-Bu + CF3COOH → RCOOH となる反応の機構がわからないのですが、誰か教えてください。 おねがいします…

解決

有機合成の保護基

…水酸基やアミノ基の保護基といえば何があるのでしょうか。 探してもなかなか見つからないです。 また、それらの脱保護の方法についても知りたいです。 どなたか教えてください。…

解決

HPLCの分離対策に使う緩衝液について。

…逆相HPLCの質問なのですが、金属不純物の為に起こる テーリングや再現性が失ってしまう事から緩衝溶液として アセトニトリル水に燐酸カリウムを混ぜた溶媒を使って 分離を試みたいと思...…

解決

RP-HPLC

…RP-HPLC of the commercial purified pectinase and electro-eluted isozyme was carried out using a Shimpak C18 reverse phase column (25 cm×4.6 mm i.d)(Shimadzu, Japan) at a flow rate of 1.0 ml min-1 using a linear gradient of (a) 0.1% trifluoroacetic acid...…

解決

HPLC初心者です。

…HPLC(高速液体クロマトグラフ)とGPC(ゲル浸透クロマトグラフ)はどのあたりが違うのでしょうか? カラムが違うだけって訳ではないんですよね? (汗) 出来ればなるべくわかりやすい言葉でお願...…

締切

カルボン酸

…カルボン酸は電離しますか? また電離するとしたら完全電離するほど電離度ですか?…

締切

検索で見つからないときは質問してみよう!

Q質問する(無料)

おすすめ情報

Q&A検索履歴