千石船

の検索結果 (20件 1〜 20 件を表示)

千石船について

…江戸時代の千石船って新造船だとお値段いくらしたのですか(両)? 何艘も持ってる廻船問屋の話聞きますが。…

解決

琵琶湖に千石船を通す運河の大きさは?

…平清盛が琵琶湖と敦賀を結ぶ運河を作ろうとして失敗したって話もあるのですが 時代が下って江戸時代ぐらいの千石船を琵琶湖に通れるようにするには、どれくらいの大きさ(幅、水深)の運...…

解決

近世、盛岡藩 翻刻された史料 読み方について質問

…ずっと史料を読んできて、どうしても読み下すことができない部分がありました。 史料というのは「盛岡藩雑書」という家老の執務日誌なのです。 内容は下のとおりです。 「延宝五年正...…

解決

北前船について

…北前船ってどれくらいの事故率で沈んでたのですか、また保険のようなものはかけてたのですか?…

解決

木製帆船の造船所

…国内外どちらでも結構ですが、本物の大型木製帆船の製作を手掛けている造船所をご存知ありませんか?…

解決

北前船による京都と酒田のつながり

…北前船による京都と酒田のつながりを調べています。 時代背景と、どのようなものが交易されていたのかを 教えてください…

解決

佐渡島を観光します。

…佐渡島を観光します。 今週末北陸へ行くついでに佐渡島へ足を伸ばそうかと考えました。 車で行きますが車は直江津港に置いて人間だけ渡るつもりです。 日帰りで行こうと思うのであまり...…

解決

江戸時代の船輸送について質問です

…江戸時代には上方や、東北からの輸送を船に頼っていた事は有名な話です。 菱垣廻船・樽廻船などが活躍していましたが東京湾に入り、隅田川を遡ったそれらの船はどの辺りに停留し、小舟...…

解決

黒船について

…日本は黒船が来る前にロシアの軍艦といざこざを経験してますがこの場合相手のロシア軍艦が帆船だったのであえて黒船と称さずあまり大きく表ざたにしなかったのですか? それとも正式な...…

解決

海洋冒険小説を教えて下さい

…2年ほどに小型船舶1級を取得したまま船に乗る機会がなく (レンタルが馬鹿高いせい)、せめて航海を主体とした小説 でもよんで空想のなかで船を運転でも、っとかんがております。 そんな...…

締切

三国温泉に行きます。

…来年、カニを食べに福井の三国温泉に行きます。 大阪から、特急で、行くのですが、お昼ごはんとか食べるお店とか、駅近くにあるのでしょうか? それとも駅弁などを食べた方がいいです...…

解決

江戸時代の交通手段

…江戸時代の交通手段についてしらべています。 どんなものでもいいので、教えて下さい。 できたら、何故馬車が明治時代まで日本になかったのかも教えて下さい。 お願いします!…

解決

米の体積....

…米20キロを保存する木箱かステンスの箱を作りたいと考えています。 米の体積、容積はどれぐらいになるのでしょうか。 30cmx30cmx30cmの箱では入りきらないものなのでしょうか。 粒と粒の間の...…

締切

コロンブスより前に日本人が北米に到達した可能性

…日本人がコロンブスより先に北米大陸に到達した可能性はあるのか?という質問です。 某国人ではありませんので、北米を発見したのは日本人だと主張したいわけではありません。 日本と...…

解決

歴史面白話☆

…いよいよ文化祭も近づいてきました。 あたし達が高1の時に作った社会科研究会が 引退が近づく中、勧誘むなしく部員が入らずこのままでは廃部です… そこで社研は毎年恒例の部誌に最後...…

解決

江戸幕府の国防について

…当時、国防と言えば、海上防衛が主体で、海軍ということになります。 私は、これまで江戸幕府は鎖国をおこなっていたから、海軍を持つ必要はなかったと考えていました。 しかし、よく...…

解決

「日の丸」は、海賊の旗

…戦前・戦中を生きた人から、標記のような言葉を聞いたことがあります。 わけを尋ねると、もともと日の丸は海賊船ではない官許の貿易船であることを示すため、幕末に薩摩藩や幕府が船...…

解決

冬の四国旅行(高松・小豆島・徳島)について

…今年の年末、家族で四国旅行に行く計画を立てています。 (三泊四日) 高松を出発点に、小豆島に行く日を入れて、徳島までまわる計画です。 【プランA】 1日目:高松空港〜小豆島 2日目:小...…

解決

幕末期の洋式軍事学伝習が行なわれる前と後の戦い方の変化とは?

…西洋音楽の日本での受容について調べているのですが、 このことと開国後の軍事システムが密接に関係していることがわかりました。 西洋音楽が日本に伝わり、その後組織的に発展される...…

解決

明治から昭和初期の住み込み使用人の一生

…明治から昭和の敗戦までも、貴族や商家、豪農、あるいは官吏や高給取りの家には、住み込みで使用人が働いていました。 こうした人たちの多くは未婚や単身であるように想像するのです...…

解決

検索で見つからないときは質問してみよう!

Q質問する(無料)

おすすめ情報

Q&A検索履歴