蘇軾

の検索結果 (36件 1〜 20 件を表示)

蘇軾(蘇東坡)の『飲湖上初晴後雨』の和訳の読み方

…日本語を勉強中の中国人です。 蘇軾(蘇東坡)の『飲湖上初晴後雨』の和訳を見つけましたが、読み方が知らないので、困っています。 どなたか題目『湖上に飲す初晴後雨』の読み方も含め、...…

解決

八大家について

…八大家について 韓愈、柳宗元、欧陽しょう、王安石 會鞏、蘇洵、蘇軾、蘇轍を八大家と いうのはなぜですか? 是非、教えて下さい。…

解決

宋詞とは?

…「宋詞」とは、日本で言うところの「唐宋八大家文」の中の蘇軾の書いた文章のような作品のことを指すのでしょうか。 まず、そのことをお教えいただきたく思います。 また、「宋詞」は...…

解決

「唯願人長久」の歌詞について

…よろしくお願いします。 フェイ・ウォンの「但願人長久」を聴いていたら、二点気づいたことがあります。 専門用語が分からないので、適当な表現が見つからず分かりにくいとは思います...…

解決

朝鮮八道の気質を表現した四文字熟語の出所について

…李氏朝鮮時代の「朝鮮八道」に関して、各道の人(男性)の気質を表現した四文字熟語の出所(どの時代に誰が書いた何という文献から発しているか)を知りたいです。 確かそれぞれの意味は、 ...…

締切

飛仙?

…青空文庫にあった『残されたる江戸』という作品の中の「灯籠流し」の章の以下の部分がよくわかりませでした。 どういう意味でしょうか? 「飛仙を挟んで悠遊した蘇子の逸楽を、グッと砕...…

解決

ちょっと教えてください。

…ちょっと教えてください。 与可画竹,起初自己并不看重。 四方的人?,?着白?来?他作画的,在他的?口脚与脚互相碰?。与可??他?,把白??在地上?道:“我将用?些白?做袜子!" 文人??道着他的?,作??柄...…

解決

轆轤

…何故この字を使うのでしょうか? 語源は? 教えてください。 よろしくお願いします。…

解決

人間到る処、青山あり

…ってゆーことわざは 「青山(せいざん)」は墓地のこと。 どこへいっても自分の骨を埋める場所くらいあるので、もっと広い世の中に出て、大いに活躍すべきであるということ。 と意味が書...…

解決

英語の「swallow」 と 日本語の「嚥下」の関係

…英語で「飲み込む」という意味のswallowは「燕」という単語と同じ綴りですが、日本語でも飲み込むという意味の「嚥下」には「燕」という字が中に入っています。 このswallowと嚥下に何か関...…

解決

春宵一刻値千金の意味

…「春眠暁を覚えず」は、よく使われる言葉ですが、ほとんどが本来の意味と違って使われていると思います。 そこで「春宵一刻値千金」の正確な意味も知りたいので教えてください。 よろ...…

解決

値千金のホームラン

…よく野球中継などで、実況アナウンサーが、 「値千金のホームラン!!」 などと、言っていますが、「値千金」とは、 どういう意味なのでしょう?…

解決

中国語ネイティブの方、意味を教えてください

…只縁身在此山中 前後の文はなく、これだけです。 どう訳すのが適当でしょうか? 意訳でかまいません。 お願いします。…

解決

臥薪嘗胆

…臥薪嘗胆…

締切

書家

…こんにちは。 書家の人の作品を見て、書道ってすごいなって思いました。 そこで、いろんな人の作品を見てみたいと思っています。 ただ、初心者なので、どれから見ていけばいいのかわ...…

解決

青の意味

…色の青は普通ですが、この他、墓や塚の意味があるらしいとのことです。 その例として青墓町、青塚町、青山等があります。 このことはWebを検索の結果、わかりました。 しかし、何故か...…

解決

草書?行書?漢字の読み方と意味の調べかた

…こんにちは 添付画像にある石に彫られた漢字とその意味を知りたいのですが、何か調べる方法はないでしょうか? よろしくお願いします。 *スミマセン、二時間ねばりましたが、結局エン...…

解決

書道の古典について

…書道で古典といったら みなさんは何が思いつきますか? 自分が好きな書道古典はありますか?…

解決

滝廉太郎の「花」の歌詞の意味を教えてください。

…滝廉太郎の「花」の歌詞の意味を教えてください。 古い言葉なので、分からない語句があります。 宜しくお願いします。…

解決

竹島羽衣「花」の歌詞について

…「花」の歌詞を初めて文字で見ました。 その中で、「見ずやあけぼの 露浴びて」 「げに一刻も 千金の」 とありましたが、「見ずや」と「げに一刻も」の意味を教えてください。 文字で...…

解決

検索で見つからないときは質問してみよう!

Q質問する(無料)

おすすめ情報

Q&A検索履歴