話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

心理カウンセラーに聞いた、子どもに夫婦の営みを見られたときの対処法

心理カウンセラーに聞いた、子どもに夫婦の営みを見られたときの対処法子どもがいる夫婦の中には、夫婦の営みを子どもに見られ、どのように対処したらよいのか判断に迷った、という声があるようだ。「教えて!goo」にも「夫婦の行為を子どもに見られたとき」という質問が寄せられており、類似の質問も多数投稿されている。夫婦の営みを子どもに見られたとき、苦しまぎれな回答をしてしまうのは仕方のないことだろうが、本当にその場限りの行動だけでよいのだろうか。そこで今回、心理学の側面からアドバイスしてもらうべく、練馬カウンセリングルームのSATSUKIさんに対処法を聞いてみた。

■子どもに対する変わらない愛情を伝える


まず、夫婦の営みを子どもに見られた場合どのように対処すべきか、ストレートに質問した。

「子どもの年齢にもよりますが、目にしたことが何かわかる年齢であれば、自分が大人になることを急に実感することになるため非常に混乱します。ですから、親は子に変わらず愛情をもっているということを、普段より気を配って一生懸命伝えるべきです。言語的でも非言語的でも構わないので、その子が受け入れやすい形でのコミュニケーションで伝えるようにしましょう」(SATSUKIさん)

自分が愛されていると思っていたのが幻想で、親の愛が自分に向いていないと感じ、大きな衝撃を受けることもあるようだ。幼い子どもの場合は、どうしたらよいのだろう。

「見たものが何か分からない幼少のお子様でしたら、何も触れない方がよいでしょう。しかし、悪い影響を及ぼしていないかどうか、その後の行動の変化、例えばお絵描きや人形遊びに今までと変わったことはないかなど、注意深く見守る必要があります。子どもの話を傾聴してあげることが重要です。話の流れによっては、抱きしめてあげたりすることも必要かと思います」(SATSUKIさん)

精神になんらかの影響を与えている可能性もあるので、精神面のケアを怠るべきではないということのようだ。ちなみに、兄弟や姉妹の有無によっても若干状況は違うという。

「兄弟などがいた場合は、同様の経験をしたのが自分だけではないと心的に共有されますので、衝撃が緩和されることも期待できます。しかし、ひとりっ子には相当辛いことですので、一層の配慮が必要でしょう。見たことに対して親の方から話題にする場合は、慎重に対応すべきです」(SATSUKIさん)

兄弟で見てしまった場合は、若干和らぐとはいえ、子どもが抱えるには辛いことに変わりはない。迅速かつ慎重に対処すべきだろう。

■見られないように配慮することが重要


「見られない、察せられない」のが一番だろうが、他に気をつけることはあるか聞いた。

「思春期の子どもにとっては、関心が高い内容ではあります。しかし、見たものを情緒的に処理する能力は、必ずしも年齢に比例するとはいえないので注意が必要です。夫婦喧嘩と夫婦の営みは、子どもに知られないように外で。特に、受験や部活の試合といった大切なイベントが控えているときには、一層の気配りが必要です」(SATSUKIさん)

センシティブな問題なので、その影響も計り知れないものがある。子どものことを第一に考えるのであれば、夫婦の営みを行うタイミングにも気を配るべきとのこと。

子どもがいる家庭であれば起こる可能性がある今回のケースでは、影響がマイナスに作用した場合の挽回は困難を極めるだろう。愛する子どもであるからこそ、より一層の気配りが普段の生活から必要と再認識した大人も多いのではないだろうか。

●専門家プロフィール:SATUKI
練馬カウンセリングルーム代表。セラピスト。精神医療現場での経験を活かし、相談者ひとりひとりの人生の歴史にも耳を傾け、課題に一緒に取り組む姿勢で改善、終結することを目指している。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

100

BAD

NICE

みんなの反応

327

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック