dポイント最大50倍で史上最大級のお得に!

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

まるで秘密基地!高架下の小さなホステル「タイニーハウス」は居心地抜群だった

車輪のついたトレーラータイプのホステル「Tinys Hostel」必要最小限のモノだけ持ち、トレーラーハウスのような小さな家に住む「タイニーハウスムーブメント」が、アメリカをはじめ世界中に浸透中だ。日本でも東日本大震災以降、ムダなモノを持たずシンプルに生きる「小さな暮らし」が見直され、「タイニーハウス」への注目が高まりつつある。そういった流れに着目したユニークな複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho」が、この春、横浜・日ノ出町に誕生した。いったい、どんな施設なのだろうか。取材してきたので、写真を中心に紹介しよう。

■全部で3種類!車輪がついたかわいい宿泊施設


「Tinys Yokohama Hinodecho」は、京急線「日ノ出町」駅から「黄金町」駅方面に4分ほど歩いた高架下にある複合施設。タイニーハウスの企画・開発などを手がけるYADOKARIと京浜急行電鉄が、日ノ出町・黄金町エリアの沿線高架下の活性化の一環として4月28日にオープンした。

施設は、宿泊のできる小さなホステル「Tinys Hostel(タイニーズホステル)」と、宿泊者以外も利用できるカフェ&バーラウンジ「Tinys Living Hub(リビングハブ)」、SUPなどの水上アクティビティーの拠点となる「Paddlers+(パドラーズプラス)」から構成されている。

宿泊施設「Tinys Hostel」の外観宿泊者以外も利用できるカフェ&バーラウンジ「Tinys Living Hub」

このうち「Tinys Hostel」は、全部で3棟用意されている。どのタイニーハウスも木のぬくもりが感じられるかわいらしい外観で、まるで隠れ家や秘密基地のよう。しかも建物の下にはちゃんと車輪までついている!

「Tinys Hostel」の入り口「Tinys Hostel」の内観

■ひとりでも気軽に利用可能


3棟のタイニーハウスはそれぞれ別々のコンセプトで建てられており、建物に使用されている木材やインテリアなども異なっている。そのうち1棟は丸ごと貸切タイプになっており、最大4名まで利用可能。家族や友達、カップルなど、気心の知れた仲間でプライベートの時間を楽しむのにピッタリだ。

「Tinys Hostel」は建物に使用している木材やインテリアも1棟ごとに異なる「Tinys Hostel」は建物に使用している木材やインテリアも1棟ごとに異なる

残り2棟はいずれも4名相部屋のドミトリーで、片方が男性用、もう片方が女性用になっている。もちろん、ひとりでも気軽に宿泊することができる。

いずれのタイニーハウスもベッドはもちろん、トイレやシャワー、エアコン、流し台、セキュリティBOXなどが完備しており、団欒を楽しめるちょっとしたスペースまで設けられている。想像以上にゆったりくつろげるスペースになっているので、週末などに宿泊して気分をリフレッシュするのにもよさそうだ。

二段ベッドがふたつ備えられているベッドは思ったよりもゆったりしている
流し台やコンセントもあるので、ちょっとした料理なら作れそうだトイレももちろん完備
エアコンも装備されているゆったりくつろげる設備が用意されている
シャワールームも完備天井が高く窮屈な感じはしない

ちなみに施設内のカフェ&バーラウンジ「Tinys Living Hub」は、コミュニティスペースとしても利用され、イベントやワークショップなどが定期的に開催されるとのこと。宿泊者以外も参加できるそうなので、気になるひとはチェックしてみてはいかが?

「あなたは『タイニーハウス』に宿泊してみたいですか?」ということで「教えて!goo ウォッチ」では意見を募集中だ!

■施設情報

Tinys Yokohama Hinodecho
場所:〒231-0066 神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166先

「Tinys Yokohama Hinodecho」公式ページ

この記事についてどう思う?

みんなの反応

44

BAD

NICE

みんなの反応

141

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック