話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

新橋に「怪獣酒場」オープン!ウルトラマンを知らなくても楽しめるのか早速行ってみた

新橋に「怪獣酒場」オープン!ウルトラマンを知らなくても楽しめるのか早速行ってみた川崎にオープンして話題となった「怪獣酒場」。ウルトラシリーズに登場する怪獣が経営する酒場という斬新な世界観が魅力の居酒屋だが、川崎という立地からなかなか行けていなかった人も多いのではないだろうか。そんな怪獣酒場が、5月21日から新橋にオープンするとのこと。職場のウルトラシリーズ好きな上司が「行くぞ!」と言い出すに違いない……ということで、予習のためにオープン前のプレス内覧会に参加してきた。その様子をレポートしよう。

■怪獣酒場の入り口はすさまじいインパクトが


「ウルトラマンって小さいころにちょっと見てたくらいだけど、大丈夫かな……?」と不安を胸に抱きながらの訪問だった。そんな筆者の度肝を抜いたのは、入り口を守るようにたたずむバルタン星人(左)とメフィラス星人(右)。
怪獣酒場 新橋蒸留所の入り口にたたずむバルタン星人とメフィラス星人。
で、でかい……身長180cmを超える二人(?)に並ばれると、圧倒的な威圧感が。メフィラス星人は今回この「怪獣酒場 新橋蒸留所」の店長に就任したとのこと。すでに川崎の怪獣酒場で店長を務めるバルタン星人は応援に訪れたようだ。
バルタン星人とメフィラス星人が目の前に並ぶとかなり怖い。

■怪獣酒場入り口の恐怖!「ジャミラの真実の口」


バルタン星人とメフィラス星人という筆者にもわかる有名な宇宙人たちに出迎えられ、驚きながらも中に入ると、出てきたのは「真実の口」だった。
怪獣酒場の入り口にある「ジャミラの真実の口」。
あー、これは知ってる。ジャミラね。うん、知ってる。小学生のころスーパーファミコンの「ウルトラマン」でよくやられたから。そう思いながら、無造作に手を突っ込むと……
「ジャミラの真実の口」に手を入れると……。
ジャミラの目が! ビクンと数ミリ飛び上がってしまった。このギミックについて特に説明はなかったが、どうやら川崎の怪獣酒場にも導入されているおなじみのシステムらしい。早速不意を突かれてしまった。

■怪獣酒場のグッズ売り場はめちゃくちゃ充実している


奥に進むとグッズ売り場が。ウルトラシリーズ関連の各種グッズのほか、新橋蒸留所限定のアイテムも多数登場している。
怪獣酒場 新橋蒸留所のグッズ売り場。
中でも目を引いたのは、新橋蒸留所オープン記念で発売されたバルタン星人の手の形をしたトング(1000円+税)。見た目に不思議な可愛さがある。
怪獣酒場 新橋蒸留所オープン記念のバルタン星人トング。
あと気になったのは「ゴモラの皮」と「グビラのひれ」。インパクトの強い食材名だ。
怪獣酒場 新橋蒸留所で販売される「ゴモラの皮」と「グビラのひれ」。

■怪獣酒場の店員さんはダダ


さらに奥に進んで客席へ。店員さんがお迎えしてくれた。これには「あっ、ダダだ!」とすぐに気づくことができた。
怪獣酒場 新橋蒸留所店員のお兄さんとお姉さん。
奥に写っているお兄さんが、店員のお姉さんたちに「店員はみんなダダが人間に化けているんだよ」と説明していたのが印象的だった。オープン2日前の光景である。

■ハイクオリティな怪獣酒場の展示物


お店の中央には、ででーんとそびえる蒸留釜が。蒸留釜に乗っかっているのは……えーと、見たことはあるんだけど……「ウルトラマン 怪獣」で画像検索すると、どうやら彼は「ザラブ星人」らしい。初代『ウルトラマン』に登場してから、シリーズ中でたびたび登場している常連の宇宙人のようだ。
怪獣酒場 新橋蒸留所の蒸留釜。
他にも多数の怪獣が展示されているが、わからない怪獣の名前も画像検索すればたいてい出てくるので、ウルトラシリーズに詳しくなくてもけっこう楽しめる。
怪獣酒場 新橋蒸留所の客席。

■「怪獣酒場 新橋蒸留所」という名前のワケ


お店の人が言うには、中央の蒸留釜でお酒を蒸留し、奥で怪獣たちが蒸留酒をつくっているとのこと。なるほど、だから「新橋蒸留所」なんですね。

そうしてつくられたという蒸留酒がコレ「怪獣酒場 新橋蒸留所 ビアシュナップス」。残念ながら試飲はできなかったが、シュナップスといえばドイツの代表的な蒸留酒。通常はジャガイモや果実が原料に用いられるが、こちらはビアシュナップスということで、香ばしい感じの味わいだろうか。
怪獣酒場 新橋蒸留所の特製「ビアシュナップス」。
「蒸留所」の名前は伊達ではなく、他の飲み物にも並々ならぬこだわりが感じられる。バルタン星人の円盤をイメージした青い「ブルー・スペースシップ」、ピット星人の円盤をイメージした茶色い「レイクサイド・スペースシップ」といったカクテルも充実。
怪獣酒場のオリジナルカクテル2種。「ブルー・スペースシップ」と「レイクサイド・スペースシップ」。
また、特製スーベニアグラスがお持ち帰りできる「怪獣ドリンク」も1900円+税で提供される。
怪獣酒場の特性スーベニアグラスがお持ち帰りできる「怪獣ドリンク」。
ドリンクメニューには「秘密の液体1号~3号」が用意されており、ベースのドリンクにこれを注いで飲むメニューが存在する。秘密の液体が何なのかはいくら食い下がっても教えてもらえなかったが、どうやらウィスキーに類する何かの可能性が高いようだ。ウィスキーマニアは品名を当ててみるのも面白いだろう。ジンベースのドリンクにウィスキーを注いで飲むというスタイルも斬新だ。
「秘密の液体」を注いで飲むスタイルのドリンクメニュー。

■怪獣酒場は食べ物がうまい


ありがたいことに、取材陣には怪獣酒場の食事メニューが振舞われた。こちらは「グドンも歓喜! 特製ツインテールカツサンド」。ツインテールは筆者も知っている。グドンというかっこいい怪獣に食われる、エビのような味がするという間抜けな顔のかわいそうな怪獣だ。見た目のインパクトにだまされてはいけない。太いエビの身がぎっしり詰まって、ぷりぷり大満足の仕上がりなのだ。
怪獣酒場のお食事メニュー「グドンも歓喜! 特製ツインテールカツサンド」。
そして特にオススメなのが「バルタン星人からの1品~熱々蟹味噌グラタン~」。器がバルタン星人のハサミの形をしている。なんだかバルタン星人の味噌を食べているような気になってくるが、濃厚な蟹味噌が贅沢に使われており、お酒のつまみにぴったりの逸品。お世辞でなくうまい。
怪獣酒場のお食事メニュー「バルタン星人からの1品~熱々蟹味噌グラタン~」。
これは「合体! ギラス兄弟 2色のラムチョップ」だが、残念ながら食べることはできなかった。お店で味を確かめてほしい。
怪獣酒場のお食事メニュー「合体! ギラス兄弟 2色のラムチョップ」。

■怪獣酒場はお酒が好きでグルメならきっと楽しめる!


ウルトラシリーズをよく知らない筆者としては、不安な取材だったが、実際に訪れてみると、食べ物や飲み物にこだわったお店であることがわかった。お酒のラインナップも充実しており、新橋という立地にふさわしい、グルメでお酒好きな大人のためのお店なのだ。

ウルトラシリーズファンはもちろんだが、このお店なら、お酒が好きで美味しい食べ物が好きという人なら、ウルトラシリーズにそこまで詳しくなくてもきっと楽しめるだろう。

また、ここで紹介した内容のほか、誕生月のお客様だけが入れる特別な「決断の部屋」も用意されているらしい。オープンに合わせて、5月が誕生日の人は6月末まで入室が可能だ。5、6月が誕生月の人は、ぜひこの機会にその内容を確かめてほしい。

なお、「教えて!goo」では、「好きな怪獣は?」ということで、読者からの意見を募集中だ。ウルトラシリーズファンの皆さんは、ぜひ投稿していただきたい。

「新橋蒸溜所 怪獣酒場」オープン! - 怪獣酒場

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

5

BAD

NICE

みんなの反応

24

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

このコラムのQ&A

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック