『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

医師に聞いた。大人になっても産毛が残るのはなぜ?

医師に聞いた。大人になっても産毛が残るのはなぜ?髪の毛の生え際などに生えている、薄くて軟らかい毛。この毛が何なのか、あなたは正しく説明できるだろうか?
「教えて!goo」「おでこの生え際に生えてる毛ってなんですか?」という質問には、
「産毛といい、赤ちゃんの毛です。特に処理する必要はないと思います」(loveandpainさん)、「産毛といいます。抜いていると禿げるので注意しましょう」(pompom212さん)

など多くの回答がつき、大半は「それは産毛でしょう」との見解。しかし、正確に言うとこれは産毛ではないのだそうだ。その点について、医師に聞いてみた。

■赤ちゃんを守る「産毛」は3歳頃から抜け始める


AGAルネッサンスクリニック福岡院院長・長井医師によると、

「うぶ毛は『産毛』とも『生毛』とも書きますが、ほとんどの哺乳類に見られる体毛が退化しながら残ったものと言われています。特にお母さんのおなか(子宮)の中で胎動する時に皮膚がすれたりしないよう、羊水でふやけすぎないようになど、機能的な理由で産毛は生えています。3歳くらいから抜けていくのは、脳の発達と共に体温調節がうまくできるようになるからではないか?と考えられています」(長井医師)

とのこと。赤ちゃんの体を守るために生えるという産毛。産毛は成長と共に抜け、生え変わっていくものなのだそうだ。

「大人になっても生え際や背中にある毛は、産毛ではなくホルモンの影響を受けた体毛として残っています。体毛が残る人もいれば、残らない人もいます。これは遺伝の影響だと考えられています」(長井医師)

体毛がホルモンの影響を受けるということは、一般的にもよく知られていることだろう。では、男性と女性でどのような差があるのだろうか?

「体毛には、(1)男性ホルモンの影響を強く受けて生えるひげ・胸毛・背中・手足等の硬い毛と、(2)二次性徴の時に見られやすい、男性・女性両方のホルモンの影響を受けて生えるわき毛や陰毛、(3)まつ毛、眉毛などあまりホルモンの影響を受けないものの3種類あります。
産毛に関していえば男性と女性で大きな差はないと思われますが、目に見える硬毛(こうもう)といわれる毛に関しては、一般的に男性の方が多く生えやすいと考えられます。しかし男性でも体毛がとても薄い方もいれば、女性でも背中の模様のように硬毛が残る方もいます。これも遺伝によるものでしょう」(長井医師)

一般的に男女の違いはあれど、個人差があるとのこと。頭のてっぺんから足の先まで、一部を除き私たちの全身を覆っている毛。生まれたときから当たり前のように生えているので意外と知らないが、一つ一つにきちんと役割があるらしい。

(酒井理恵)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

116

BAD

NICE

みんなの反応

267

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック