話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

ベタつかずカンタン!ゆで卵カットのテクニック

ベタつかずカンタン!ゆで卵カットのテクニック朝ごはんについていると、嬉しくなってしまうのがゆで卵。塩でもマヨネーズでもお醤油でも、なんでも受け入れてしまうニクいやつだ。まるかじりでももちろん美味しいが、お店で出されるように美しくカットして食卓にお出ましさせたいもの。ということでゆで卵に包丁を入れてみると……。黄身がベタついてグチャッとつぶれてしまう! なんとかならないかと「教えて!goo」で調べてみると「ゆでたまごを上手に半分に切るには。」という質問を発見!

質問に寄せられていた回答をみると「よ~く切れる包丁で、しっかり一気に引き切りをすれば、キレイに切れますよ。」(RosaCaninaさん)や「テグスが一番キレイに切れます。」(meipiさん)などの情報があった。さらに調べてみると、なんと包丁にラップを巻くだけでキレイにゆで卵をカットできるという裏技があった。今回はこの裏技を紹介!

■ラップを巻くだけ!


用意するものは、包丁、ラップ、キッチンペーパーだ。まず包丁にラップを巻く。ラップはぐるぐる巻きにせず、1枚を折るように巻こう。山折りの部分が刃に当たるように巻くのがポイントだ。怪我に注意して巻いていこう。

巻き終わったら、あとはゆで卵を切るだけ。するとどうだろう。黄身がベタつかずにキレイにカットできるではないか。一度刃を入れるたびに、濡らしたキッチンペーパーで刃を拭こう。

詳しくは動画をチェック!


ニコニコ動画で見る→bit.ly/2mVIuje

■原因は包丁の身の部分にあった!?


通常の包丁でなぜゆで卵の黄身が潰れてしまうのかというと、包丁の身の部分とゆで卵の黄身の間に摩擦力が大きく働き、黄身が引っかかって潰れてしまうのだ。その摩擦力を軽減するためにラップを巻いている、というのがこの裏技の種明かし。

ラップを巻いていても、包丁の切れ味は落ちないので、いつもの力で切ることができる。しかし、包丁は包丁。ラップを巻いているからと言って油断しないように、怪我に注意して楽しく料理をしよう。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

4

BAD

NICE

みんなの反応

9

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック