はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

ペペロンチーノの下にご飯?大阪・谷町発のB級グルメ「ペペ飯」を実食

ペペロンチーノの下にご飯?大阪・谷町発のB級グルメ「ペペ飯」を実食「B級グルメ」という言葉が使われ出したのは1980年代の中頃だという。好景気に町が華やいでいく中、高級料理ばかりではなく、庶民に愛される安価な大衆料理に価値を見出そうという視点から生まれた概念だ。

その後、ご当地グルメを「B級グルメ」としてPRすることがムーブメントになっていくにつれ、なんでもかんでも「B級」として売り出していくことに対する疑問の声も聞こえるようになった。が、筆者は「B級グルメ」が大好きである。大衆的な味わい自体が好きだし、その土地土地に創意工夫を凝らしたグルメがあることは食べ歩きの最大の楽しみだと思う。そこに行かなくては味わえない食べ物があるというのは、もどしかくも胸が躍るものだ。

■大阪市中央区・谷町発祥の仰天グルメ


そんな中、大阪にまた一つ新たなB級グルメが生まれて注目を集めている。そのグルメの名は「ペペ飯」。「ぺぺめし」と読む。なんだか可愛いようで掴みどころのない名前だが、「ペペロンチーノ×ご飯」、というそのままな組み合わせの料理である。「なーんだ、それでペペ飯ね」とスルーしそうになってしまうが、ペペロンチーノにご飯って炭水化物と炭水化物じゃないか!だいたい、パスタとご飯ってどうやって組み合わせるのだろうか……。「ペペ飯」は谷町四丁目の「和魂 ほむら」という居酒屋から発祥し、近隣の飲食店がそれをこぞってアレンジしてご当地グルメ化したものだという。これはぜひその実態を確かめに行かなくては!

■その正体はスープパスタ茶漬け?


「ペペ飯」発祥の地である「和魂 ほむら」へやってきた。複数の飲食店が入ったビルの通路を奥に進んだところにお店があるのだが、通路にも「ペペ飯」をPRする旗などが置かれ、イチ押しメニューである旨が伝わってくる!
ペペ飯1
「和魂 ほむら」は居酒屋。豊富なおつまみメニューと美味しい地酒等が取り揃えられており、テーブル2つとカウンター席からなる店内はお客さんで大賑わい。カウンターに座った私の後ろは女子会をしているグループで、女子会ならではの赤裸々なトークに気を引かれつつも、生ビールをグイグイ飲んでお通しのお刺身を味わいながら、オーダーした「ペペ飯」のできあがりを待つ。ふと箸袋を裏返してみたら「ペペ飯を国民食に」という言葉が書かれていて笑ってしまった。

照明も抑えめで、居心地のよい雰囲気の店内。
ペペ飯2
おつまみメニューは沖縄料理をはじめ、「魔女のカレーうどん」「イカスミビーフンチャンプルー」など、イメージが浮かばない謎のメニューまであって幅広い。

さて、いよいよ運ばれて参りました「ペペ飯」!
ペペ飯3
パッと見たところ、梅干しと刻み海苔、しその葉が印象的で見た目はさっぱりとしたスープパスタ。スープを一口飲んでみると、鶏だしの濃厚な旨みが沁みる。これ、このスープにラーメン入れてもうどん入れても絶対美味しいやつだ!

とろみがあり、ニンニクの風味と輪切り唐辛子のピリッとくる辛みが溶け込んでいてたまらない。パスタをいただいてみると、プツッという歯ごたえが心地良いアルデンテ状態。パスタを少し掻き分けたところに、確かにご飯が顔を出しました。
ペペ飯4
食べる前はまったく味の想像がつかなかったし、炭水化物×炭水化物のいかにもチープでジャンクな美味しさなのかと思っていたが、その方向ではなく、鶏だしのお茶漬けに麺も入っているような感じ。あくまでさっぱりとした食べ応えで、しそと梅干の香りもあるためか、和食をいただいているような気分になった。添えられた蒸し鶏も柔らかくてスープの味と見事に合って美味しい。

パスタは二つ折りにして茹でてあるとのこと。これは、ご飯とパスタがよく混ざり合い、それぞれの歯ごたえや味わいを一緒に楽しんで欲しいからだそうだ。確かに、それらをレンゲでガバッっとすくって食べた時の口の中の幸福感ときたら!

これは筆者が勝手に試してみたことなのだが、卓上の「コーレーグース(沖縄料理に使われる辛み調味料)」を少しかけていただくと、より鶏だしの旨みが引き立って後を引く味になった。かけ過ぎに注意しつつお試しください。

思った以上のスピードでペロリと平らげてしまった。次に来るときは絶対他のおつまみを楽しんで、最後のシメとして「ペペ飯」を食べたい。「ペペ飯」にはハーフサイズ(400円)も用意されているので、シメまでに少し食べ過ぎても大丈夫なのだ。

ちなみに「和魂 ほむら」では、毎月11日を「ペペ飯の日」(数字の「1」と「ペペ」の「へ」が似ているからだそう)と定めており、その日には周辺の飲食店でも各店のオリジナルアレンジ版「ペペ飯」を食べることができる。「和魂 ほむら」でも11日には限定のペペ飯が食べられるらしく、過去には「トムヤムクンペペ飯」、大きめのプリンがごろっと入った「プリンペペ飯」などが販売されたそうだ。B級グルメ好きのみなさんよ、毎月11日は谷町四丁目に足を運んでみて欲しい!

ちなみに「和魂 ほむら」店主から、大阪になかなか来れない方のために「チキンラーメン」を使った超簡単なアレンジペペ飯のレシピが紹介されている。遠方の方はぜひコチラをご参照あれ。

「おしトピ by 教えて!goo」では、皆さんのコメントを募集中!

「谷町名物のぺぺ飯、あなたも食べてみたい?」

「和魂 ほむら」
住所:大阪府大阪市中央区谷町3-2-14 戎谷四ビル 1F
営業時間:18:00~1:00
定休日:日曜・祝日


吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

28

BAD

NICE

みんなの反応

49

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック