話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

セールス電話への正しい対処法とは?ニコニコニュースとmixiに寄せられた意見まとめ

セールス電話への正しい対処法とは?ニコニコニュースとmixiに寄せられた意見まとめ先日、「教えて!gooウォッチ」では「セールス電話を一発で断りたい!有効な方法は?」という記事をリリースした。あるECショッピングモールに出店したという質問者、規約上トップページに電話番号を明記する必要があり、それ以降セールス電話が頻繁にかかってくるようになってしまったという。

記事の中では、販売している商材を聞き、「それなら親戚にその業者がいるので結構です」と回答する手段などを始め、いくつかの対処法を紹介している。

これに対し、配信先のmixi、ニコニコニュースのユーザーから多くのコメントが寄せられた。果たして賢い対応の仕方はあるのだろうか。その中身を紹介してみたい。

■やはり“即切り”が一番?mixiユーザーのコメントは


セールス電話への対処法についてのmixiユーザーのコメントで最も多かったのは、「無言で切る、これ以外ありません」、「何も言わずに切ったらいいだけじゃ?」など、問答無用ですぐに電話を切るという意見だ。確かに、電話を受けた側が時間を奪われることなく対処できる。

ただ、中にはこんな意見もあった。「うう……テレアポ経験者としてはコメント欄を見るのも辛いのう……ただごくまれに需要と供給が見事に合致して感謝までされる奇跡を起こす事もあるんだよ」、「コールセンターいたからか、逆に無下にできず、用件と、知らない所からなら、情報の入手先きいてから必要なければちゃんと言ってデータ消去も頼んだ事はあった。全然違う話題で盛り上がり、何度か同じ人の愚痴聞き相手になった事もあった(笑)」
このようなコメントを読むと、セールス電話をかけている側にも悩みがあるということを忘れたくないと思う。
それに比べると「『電話等の勧誘で顧客増やそうとしてるトコはいやです。必要であれば自ら探しますから』と電話を切っています」というコメントのように、自分はこのような方法でセールスされることを望まないのだということを正々堂々と説明する方が自分も相手も傷つかずに済みそうである。

また、「折り返しお電話差し上げますので、会社名、部署名、お名前、電話番号をお願いします。と言うと逆にガチャ切りされるんだけどw」や、「自宅にかかってきたセールス電話には『同業者です』と対応。事務所なら『本社にお問い合わせください』これで大体二度目はない」といった対処法は、ある意味、痛いところを突くような賢いやり方なのかもしれない。

■ニコニコニュースユーザーは「間に合ってます」と断る


ニコニコニュースユーザーのコメントを見ても、mixiユーザーのコメント同様、「何も言わずに切るなぁ」(gisupekeさん)のような即電話を切るという意見が多かった。「間に合ってますでだいたい済ませる」(ひじりひじきさん)のように、「間に合っています」と一言告げて電話を切るというスタイルも多く見受けられた。

そんな中、「3回ほど『○○さんはいますか?』って電話に『先日亡くなりました……』ってウソついたらあっさり引き下がってくれた」(龍之介さん)、「耳が遠いおじいちゃんのフリ最強」(シリウスの瞬さん)と言ったユニークな意見もチラホラ。

ただ、質問者はECサイトに出店していて、お客さんからの問い合わせの電話である場合もあるため上記のような手段を使うのは難しいかもしれない。

まずは相手の話をある程度聞き、セールスだと分かった時点で「間に合ってます」のようにキッパリと、あるいは「折り返し電話しますので会社名、部署名を」というように賢く対処するのが最善ということになりそうだ。

とはいえ、一番良いのは無差別に片っ端から電話をかけてくるようなセールス業者がもっと効率的な売り方を見出すことだと思うのだが……。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

25

BAD

NICE

みんなの反応

72

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック