話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

クラフトビールはなぜ人気?

クラフトビールはなぜ人気?今、クラフトビールが人気だ。クラフトビール「シブヤビール ENERGY~MACA~」が本日発売になるなど、その人気はまだまだ今後も続きそうだ。そんな新しいジャンルビール、すでにたくさん銘柄があるが、皆はどの銘柄をよく飲んでいるのか。「おしトピ by 教えて!goo」で「好きなクラフトビールの銘柄を教えてください」と聞いてみたところ、こんな声が寄せられた。

■各味1本ずつ買って飲み比べ


「『Liefmans Fruitesse』(ベルギー)。ベリーの風味が強いので、ビールが苦手な方も飲みやすいと思います」(ムーミン村さん)、と特定銘柄を好んで飲む人もいれば、

「…(前略)うちも種類だけは結構飲んでいます。大抵各味1本ずつ買う程度で、味の違いとなるとそこまで解らないけどね(以下略)…」(浅井長政さん)、といろいろな銘柄を試しているという回答も見られた。

ただ中には、「地ビールですよね?ほとんど飲まない」(マイウエチャンさん)、「ていうか、飲んでも美味しいと思いません!」(サーベイさん)、と残念ながら飲ない、好きではないとの回答もあった。

■自分なりの好み、こだわりが持てる


ところで、専門家はクラフトビールの人気について、どう分析しているのか。クラフトビア・アソシエーション(日本地ビール協会)に聞いた。

「首都圏、関西圏を中心にクラフトビールを“売り”として、飲食店(ビアパブ、レストランなど)が急増し、露出が高まったことが大きいです」

ほかに、20、30歳代(男女とも)を中心に、いわゆる「大手ビール」と異なって、種類が豊富なため自分なりの好み、こだわりが持てることが人気の要因と分析。また、クラフトビール解禁から20年が経過し、業界全体の醸造技術が向上し、品質の良いビールが安定的に供給されるようになってきたことも影響していると指摘する。

■香りも味も異なる100超のビアスタイル


具体的に、クラフトビールのよさは何か。

「香りも味も異なる100を超えるビアスタイル(ピルスナー、ヴァイツェンなどビールの種類のこと。クラフトビア・アソシエーションの定義で104種類に及ぶ)が存在していること、そして、作り手(ブルワー)のこだわりが商品に表現されていることが、良さではないでしょうか」(ラフトビア・アソシエーション)

そうした種類の豊富さと作り手のこだわりが、ユーザーのクラフトビールへの好奇心をくすぐるわけだ。

最後に、初心者へお勧めのクラフトビールの楽しみ方をアドバイスしてもらった。

「やはり、自分の好みのスタイルを探すことが一番の楽しみになるかと思います。まずは『ビアフェス』のように多数のビアスタイルを楽しめるイベントで好みのビアスタイルを探すことが手軽な入門になるかと思います」(ラフトビア・アソシエーション)

そこで気に入ったビアスタイルがあったら、その名前を覚えておく。すると、世界中の醸造所が作る同じビアスタイルのものと呑み比べる楽しみが生まれるという。

興味があるが飲んだことがない人、まずはいろいろなビアスタイルを味わってみては。


吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

2

BAD

NICE

みんなの反応

2

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック