話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

最低な元カレを忘れたい……こんな私に励ましの言葉を!

最低な元カレを忘れたい……こんな私に励ましの言葉を!彼氏彼女くらいの深い関係になってくると、お互いの真の性格や普段見えない部分を目の当たりにさせられる。「教えて!goo」に質問を寄せた、今年の春から大学生になるというある女性は、元カレに関する思い出や記憶に悩まされているらしい。「最低な男と恋愛してしまいました」 投稿された質問文を読んでみるとこれがたしかにかなり芳しくない性格の元カレで、彼女に対して「お前と付き合ったのは人生の汚点」「(歴代彼女の中で)一番出来損ないの彼女」といった言葉を平気でぶつけていたようである。質問者の女性は今、「あんな奴早く忘れたい。触れた感覚さえ、愛おしいけど気持ち悪い」と悩んでいるとのことで、「私を説得してほしいです。もうそんな奴が忘れられるように。気にしなくなれるように。お願いします。助けてください」(nappaaさん)

さて、どのような回答が寄せられたのだろうか。

■「勉強になった」と思ってみては?


「過ぎてしまった事は、『忘れましょう』 男を見る目が無かったのです。この経験を、次の恋愛に活かしましょう」(kurikuricyanさん)

「長い人生の中で、彼の事は一瞬の時間です。出会ったのにも、必然が隠されています。何かをあなたが気付く…そのことが目的で出会ったのではないでしょうか?心が落ち着いたら、分析をしてみると、今は気付けない何かに気づくことが出来ると思いますよ」(nekomannmaさん)

「勉強になったと思おう」とは、恋愛を慰める際の常套句でもあるが、それだけに真理が含まれている部分もある。この経験を活かすも無駄にするも本人次第であり、すでに経験したことは事実としてある。せっかくの経験したのだから、活かす方向で気持ちを前向きに持っていきたいところである。

「人を傷つけたりして喜ぶ人は実際世の中にいます。なんでも人のせいにしか思えない人も実際世の中にいます。1ヶ月で別れられたことの方を喜ぶべきです。」(gicoanさん)

今後付き合いが長引けばさらにダメージを負わされていた可能性は非常に高い。それを思えばたしかにひと月で別れられたことは喜ぶべきかもしれない。

■もっと自分を持って!


一方でやや厳しめの回答も。

「一か月やそこらで『今までで一番愛してくれて一番愛した人に』と、言い切る貴女の人間性を疑います。彼も酷い男かも知れないが、一か月やそこらでお互いを知るには短すぎではないですか?」(i-tosiさん)

若い恋愛ゆえに盲目的な傾向が強まることはある。視野が狭まってしまうと普段なら気付けることを看過してしまいがちである。

「まだ十代の女の子なので仕方がないかなとも思うのですけれど、『この子、自分がないな』と読んでいて感じました。感情はものすごくあるのでしょうが、言動の動機が常に自分ではなく他人になってしまっています。(中略)…なんだか他責傾向が強いわりに不満が多い印象です。あなたはどう思っていて、どう動きたいのですか。そこに責任は持てますか。誰か助けて!じゃなくて、自分が強くなればクソみたいな奴なんてどうでも良くなります」(aochiyogamiさん)

つまり別の角度からいうと、今回最低な彼氏と恋愛をしてしまったのは、自分を持たない彼女の弱さにも起因するということである。

10代の女性ならこれから先まだ何度も恋愛をするはずである。今回のことを糧に、また同じような彼氏と巡り合わず済むように、内面的に成長していくことを期待したい。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

13

BAD

NICE

みんなの反応

35

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック