マーベル映画シリーズの伝説の始まり『アイアンマン』を紐解く! >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

「アニメ界の梁山泊」と言われ続けたスタジオぴえろ。設立者の布川ゆうじ氏とはいったい何者なのかっ!?

「アニメ界の梁山泊」と言われ続けたスタジオぴえろ。設立者の布川ゆうじ氏とはいったい何者なのかっ!?我々が幼き頃より夢中になって見てきたありとあらゆるアニメ番組で「布川ゆうじ」と書かれたクレジットをいったい何度見てきたのだろう……。アニメの創世記よりアニメーターに演出家、そして『魔法の天使クリィミーマミ』や『おそ松さん』を生み出した株式会社スタジオぴえろ(※現:ぴえろ株式会社)の設立の話しを水島裕さんに直撃してもらった!

■アニメとの出会いは「新聞の広告」がきっかけ?


――そもそも布川さんがアニメの世界に入ったきっかけはなんですか?

新聞の折り込みにあった「絵の好きな方募集」の広告ですね。最初は「看板屋かなー?」って感じで(苦笑)。

――えーーー!そんな流れ?(笑)そこはどんな会社だったんですか?

渋谷警察の近くにあった朋映プロといって、ビルの屋上に建てられたプレハブ小屋の会社でしたよ(笑)。

――うわーーーそうなんですか(苦笑)。そこでなんの仕事をしたんですか?

『宇宙少年ソラン』の下請けをしていて、すぐにセル画を描かされました。

いきなりセル画を描くことになったと語る布川さん

――入社してすぐにですかっ?(驚)

そう(苦笑)。アニメの「ア」の字もわからないのに、いきなりセル画を渡されてね。当時は手塚治虫さんの『鉄腕アトム』が大ヒットして、世間も乗っかるようにアニメのプロダクションを起こしていたんですよ。みんな『アトム』の真似をしたいわけ。だから僕みたいな素人でもとにかく納期に間に合わすため、セル画を描かされて(笑)。

――教わる期間もほとんどなくてですか?

うん。みなさん忙しかったから(キャラクターの)歩き方とか基本だけ教わって。

――すごいな!そこからアニメーターの道を歩んで行ったんですね。

そうですね、ずっとアニメーター。他にもいろんな作品をやりましたよ。『黄金バット』とか『ガボテン島』とか。虫プロに移った時は、長編の『千夜一夜』とか『クレオパトラ』。そして動画から原画まで最初にやったのが『ハクション大魔王』でしたね。



――おー、全部知ってる。そうそうたる作品ですね!

和気藹々と談笑する布川さんと水島さん

■アニメーターから演出家へ


――布川さんがアニメーターから演出家になったのはなぜですか?

アニメーターをやっていると「絶対こいつには勝てない」っていう才能の塊みたいな人がいてね。

――アニメーターはどういった部分が才能なんでしょう?

アニメは総てを絵で表現しないといけないわけで。そしてありとあらゆる角度の絵を描くわけですよ。絵の画力と、想像力はもちろん、何よりも絵を動かすセンス。何かが動くには道理があるわけよ。鳥の羽ばたきも、風や木や雲や水の動きも。全部想像力で描けるようになるには当然時間もかかるし、覚えるまで途轍もない努力も必要でね。

――なるほど、なるほど。

だからアニメーターは基本的に役者。絵の役者なんですよ。ならば自分はこの人たちのコントロールをする立場になろうと思い、演出家になりました。そして最初にやったのがタツノコプロでの『いなかっぺ大将』で、ここではその後『タイムボカン』シリーズを担当して『ヤッターマン』の2クールの時期にタツノコを辞めました。
演出家を目指すようになったと布川さん



■演出家としての苦悩


――人気絶頂だった『ヤッターマン』の2クールの時期になぜ会社を辞めたんですか!?

演出家として甘えがでてきてね。

――え?どういう事だろう?

例えば演出家のある意味優秀な人はあくまで自分を最高の演出家だと思っていて、アニメーターは演出家の指示の下にアニメーションを作るのが当たり前っていう感覚なんですよ。そうなると演出家はアニメーターに無理な要求をしがちになって。

――ああ、なんかわかります(苦笑)。

でも僕はアニメーターも経験してるから、そっちの気持ちもわかる。となると、1カットに7人くらい動かすシーンがあると、はっきり言ってアニメーターとしては枚数を描く分、面倒くさいわけですよ(笑)。

――そうでしょうね(笑)。

でもそれを演出家は要求するわけ。「7人をそれぞれこうやって動かして欲しいのですが」って。そうするとアニメーターの人たちがみんなブツブツ言うわけですよ。「なんでここで7人も動かす必要があるのか?」って。

――なるほどーーー(笑)。

聞こえてくるわけよ。俺自身も悩むけど、そこを突っぱねられない。しばらく考えて「まぁ……じゃあ……3人止めますかね」みたいな(笑)。そこで妥協をすると、演出が甘くなるんです。もう演出家としての自分が限界だっていうのがあって。それと先代の吉田竜夫さん(※タツノコプロダクションの設立者・初代社長)が亡くなって、現場にもいろいろあったところで、何人かの仲間が「布川、独立しないか?」とお声がかかって。もう勢いに乗っかって「じゃあやろうか!」みたいな感じで出発しました。

「じゃあやろうか!」で設立したのが当時のスタジオぴえろだった

■スタジオぴえろの設立


――なぜ社名を「スタジオぴえろ」にしたんですか?

地元の(山形県)酒田では5月になるとお祭りがあり、サーカス団が来ていましてね。当然サーカスにはピエロがいて、ピエロっていうのはサーカスにとって必要じゃないですか。ただ花形のスターにはなれない。やっぱりスターは空中ブランコだったり、猛獣使いとか。ピエロは道化として繋いでいくみたいな役割でしょ? そこがアニメの立場と似ているなぁ……と思ってね。それにアニメのキャラクターというお面をつけて演じているところなんて、まさにピエロみたいな役割なんじゃないかと。で、俺も乗せられて会社を設立したのでまさしくピエロのないみたいな感じだった。だからすんなりと「ぴえろ」って決めたんですよ。

――なるほど!でも、その当時の制作会社からしたら、かなりユニークな名前ですよね?

そうですね、すいぶん周りからは反対されましたよ(苦笑)。

会社名はユニークすぎて周囲からは反対も

――やっぱり反対されましたか(笑)。

電話で「はい、ぴえろです」と言いたくないみたいでさ(笑)。

――そうか、そうか(笑)。でもインパクトありますよね~。

一回聞いたら忘れられないだろうという思いも込めてね。

現在はぴえろでの一線を退き『NUNOANI塾』でご自身がこれまで培ってきた映像制作における演出技術とプロデューサー力をさらに発展させるために必要とされる「企画の読解力」「演出のノウハウ」を新たなクリエイターたちに伝えていくため講師としても活躍中!


『いなかっぺ大将』『ヤッターマン』『ハクション大魔王』のキャラクターをその場で手描きしてくれた!「goo POPLETA」では布川ゆうじさんが手がけた作品にまつわる悲喜こもごもを語ったインタビュー「『おそ松さん』のヒットの裏に布川ゆうじ氏あり!ヒット作を生み出すルーツとなった作品とは? 」を掲載してるので、ぜひチェックしてみて!


影響を受けた作品のインタビューや手書きPOPはこちら


●布川ゆうじプロフィール
布川ゆうじ株式会社ぴえろ取締役最高顧問。山形県酒田市出身。虫プロ、スタジオジャック、タツノコプロダクションにてアニメーター、演出家として数多くの作品を手がける。代表作『ハクション大魔王』『いなかっぺ大将』『タイムボカン』『ニルスの不思議な旅』『魔法の天使クリィーミーマミ』『おそ松くん』『NARUTO』『BLEACH』他、テレビ作品80作品以上、映画20タイトル以上の企画、制作に携わる。

●インタビュアー:水島裕
インタビュアー:水島裕声優、タレント、ナレーターとしてテレビ、ラジオ、CM等でマルチな活動を展開。日本民間放送連盟賞(ラジオ・CM部門)や日本アニメグランプリ最優秀賞キャラクター賞を受賞。代表作はサモ・ハン・キンポー作品の吹き替え、『タイムパトロール隊オタスケマン』『六神合体ゴッドマーズ』他多数の主役を務める。TBS系列『ひるおび!』(月~金:11時00分ー13時50分)では毎日ナレーションを担当中。


「goo POPLETA」は、まだ出会ったことのない作品と出会えるPOPメディア

この記事についてどう思う?

みんなの反応

17

BAD

NICE

みんなの反応

51

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック