話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

何でも「マスクをしたまま」の人たち、どこまで許せる?

何でも「マスクをしたまま」の人たち、どこまで許せる?時が変われば、常識も変わるものだ。「以前までは誰もしていなかったのに…」と思いながら、まわりをながめてみると、みんなが平然とその行為をしているようなことがある。歩きスマホしかり、あらゆる場所でのマスク着用しかり、である。

「教えて!goo」で目にした「マスクをしたまま話していい場面の限界って?」という質問には、その困惑がよく表れている。質問者さんは「例えば」といくつかのケースを挙げ、「市役所で職員がマスクをしたまま応対」「電車の車掌がマスクをしたままアナウンス」など、実際に職場で目にするマスクたちを引き合いに出す。

その上で「マスクをしたままでいい場面の限界」について意見を募っていた。

■対面で接客するものは仕方ない


「電車、市役所、学校、タクシーはアリじゃないでしょうか?(中略…)病気をもらわない為の健康管理の一環」(v8ne2triさん)

確かに、他人から病気をもらわないための予防としてマスクをしている場合もある。特に平常心やとっさの判断力が求められる運転士さんなどは、体調管理が乗客の安全に直結するとも言えるので、マスクはクルマの保安部品と同等のものかもしれない。一方で「責任の所在をあやふやにする行為だ」という声も。タクシーには顔写真付きの案内板があるくらいなので、そういった感情も理解はできる。それは何かあった時に外せば良いことだとは思うが。

■マスクの進化もあるので問題ない


「コールセンターの運営に関わっていますが、マスクしたまま話すオペレーターはかなり多くいますね」(Luci_さん)

現在のマスクは素材も進化しており、以前よりずっと声が通るそうだ。オペレーターは喉が命でもあるため、「仕事に支障がないのであれば」とLuci_さん。歌手や声優でも喉を守るためにマスクをつけているという話も耳にしたことがある。生活の些細な支障よりも商売道具を大事にする姿勢は、むしろプロ意識と思える。

■態度によっては……


「昨今のマスクを付けていて当然という態度や、『自分のためでは無く人のためにしてやっている』という態度ならアウトです」(cucumber-y)

その点で、やはり「顔を隠す」ことへの抵抗感も根強いようだ。企業面接の履歴書には顔写真を添付するものだが、さすがにマスクは外すだろう。はっきりと見せておいたほうがいい場面もある、ということはある。または、一言断ってから付けるようにするのもいい。

さて、どうやら意見への返答を見ていると、今回の質問者さんは病気でもなく予防でもないのにマスクをつけている人に対して、どうも抵抗感が強いように見受けられた。ぱっと思いつくのは、マスクをつけたまま動画を配信する人も多いサービスもあるが、「顔をわからなくする」ことへの不信感や不安感ということだろうか。

ツラい人には切実なことだからこそ、寛容であってもいいようにも思うが、みなさんはどう思うだろうか?

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

25

BAD

NICE

みんなの反応

80

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック