話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

「心が折れそう」婚活に疲れた女性たちへ

婚活に失敗した結果…「婚活」という言葉が流行してはや数年が経ちますが、最近いわゆる「婚活疲れ」を理由に恋と仕事のキャリアカフェにいらっしゃる方が増えています。

もう何年も婚活をしているけれど、くたびれてしまった。魅力的でない人ばかり紹介されて、自分も世間的にはこのレベルなのかと思うと、心底傷つく。妥協しなくちゃとは思うのだけれど、なかなか踏ん切りがつかない…。教えて!gooにもたくさんの相談が寄せられています。

婚活疲れ

婚活に疲れました…

婚活に疲れた

■「心が折れそう」


質問者たちは30歳前後の女性。結婚相談所、パーティ、合コンなど婚活にいそしんでいますが、少々お疲れの様子。心が折れそうな彼女たちへ、

   「結婚につながるのって、ときめきではなくて、もしかすると、『この人好みじゃないのになーんか楽ー』くらいの印象を受ける人かも。もっと自然体というか…結婚を意識せず(難しいですが)、様子見くらいの感じでいろんな活動しながら試す、くらいの感じがいいのではないかなーと思いますよ?」(wakowellさん)

   「夫と初めて出会ったとき『これはないな』と思いました。普通というより地味で不細工なので、惚れるわけがない部類の男です。でも『どんな男でも3回はデートして決めよう』と思ってデートを重ねているうちに、『この人となら結婚後もうまくやっていけそう』と思いました」(happy_luckさん)

   「合コンとかパーティって、瞬発力っていうか、ゆっくり時間をかけて知り合う感じではないので結構詰めて行っていると疲れますよね(^_^;)のりのよい性格ではないということなので、その出会い方では自分らしくないのではないでしょうか」(LOTUS18さん)

   「疲れたなら一休みしてもいいじゃありませんか^^ …気持ちの中に『焦り』があると自然に余裕がなくなって、相手にも伝わってしまったりしますよ」(ichi1007さん)

   「生活は婚活“的”じゃないかと思っています… 異性かどうかや年齢は関係なく、人間だけではなく、他者や世界に対して“この人ステキだなあ”“綺麗な景色だなあ”と思うような、感動する心が必要かな?と思います」(wakowellさん)

   「今年こそ!来年こそは!と焦るから疲れるんだと思います。まずは自分の世界を広げて、友達を増やしてみては?」(kumako516さん)
 
など、親身になったアドバイスが並びます。

■結婚抜きでも幸せになることが先


婚活というと「結婚情報サービスや出会い系のサイトに入会して、がむしゃらに結婚を目指すこと」を思い浮かべる人が多いようですが、何もそれだけが婚活ではありません。婚活のアプローチはひとつではないのです。

こうしたサービスは年齢などのスペックが重視される傾向にあるので、疲弊しがち。「婚活」という便利な言葉があるばっかりに、その実態が何なのか考えずにただそれとなく「婚活らしいこと」をやってみる、そして疲れる、自分が嫌になる…。

もし「彼氏が欲しい」「結婚したい」と思うなら、それ抜きでも「幸せ」になることが先決。「別にまあ、自分だけでも十分幸せだけど、ついでにあなたも幸せにしてあげてもいいよ」くらいの、力みのないポジティブオーラを放つことがパートナーを得るための近道です。


五百田達成 (Iota Tatsunari)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

関連記事

この記事についてどう思う?

みんなの反応

10

BAD

NICE

みんなの反応

31

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

このコラムのQ&A

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック