人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

お酒が強いと麻酔が効きにくい?飲むほど強くなる?――お酒の噂を医師に聞いた

お酒が強いと麻酔が効きにくい?飲むほど強くなる?――お酒の噂を医師に聞いた大酒飲みに関わる噂は多数存在する。「教えて!goo」に投稿された「『お酒に強い人は麻酔が効きにくい』は本当ですか?」という質問もその一つ。はたしてこれは真実なのだろうか?医師に確認してみた。

■お酒が強い・弱いは基本的に「遺伝」で決まる


お話を伺ったのは、大西内科ハートクリニック院長の大西勝也先生。そもそも、お酒の強い・弱いは何で決まるのだろうか?

「基本的には、遺伝より決まります。アルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)の作用でアセトアルデヒドに変わり、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)の作用で酢酸に代わります。ALDHの働きが弱い人では、悪酔いや顔を赤くする原因物質であるアセトアルデヒドの分解が遅いため、アセトアルデヒドが体の中に残りやすくなります。つまり、アルコールで顔が赤くなりやすい、あるいは二日酔いを起こしやすいというのは、このアセトアルデヒドが原因なのです」(大西院長)

ADHやALDHのような酵素の働きは遺伝的に決まっており、ALDHの働きが弱い人は日本人の約40%を占めると言われているそうだ。

「ALDHの働きの弱い人が繰り返しお酒を飲む練習をすることで、お酒が強くなるわけではありません。酵素がないのでお酒が強くならないだけではなく、急性アルコール中毒の危険も増えます」(大西院長)

「吐くほど飲めばお酒が強くなる」と都市伝説的に言われるが、遺伝的にお酒が弱い人はたくさん飲んだからといってお酒が強くなるわけではない。危険なので、無理をするのは絶対にやめよう。

■お酒の強さと麻酔の効き目に関係はあるのか


では、投稿にあがっている「お酒が強い人は麻酔が効きにくい」というのは本当なのだろうか。

「確かに、お酒をたくさん毎日飲んでいる患者さんでは、全身麻酔の時に使う眠り薬(鎮静剤)や痛み止め(鎮痛薬)が、余分にいることが知られています。また、局所麻酔でも、アルコール常用者では、効きが悪いという報告もあります。しかし、それ以上に、個人差の方が大きく、全身麻酔において問題になるレベルではありません。局所麻酔でも、アルコールの強い人かどうかというより、例えば虫歯の周りの腫れ(炎症)が強いなど、環境の影響の方が大きいと思います」(大西院長)

同様に、「教えて!goo」では「お酒が強い人はお酒が原因となる病気にもかかりにくいのでは?」という疑問も寄せられている。これについてはどうなのだろうか?

「アルコールを長期に飲むと、肝炎や肝硬変のような肝疾患や膵炎のような消化器病だけではなく、脳卒中、がん、メタボリック症候群など多くの病気が発生します。これは体の中に入ったアルコール量の総和で決まりますから、逆にお酒の強い人の方が病気にかかりやすいです」(大西院長)

考えてみれば、当然と言える結果かもしれない。大西院長によると、お酒=悪なのではなく、適切な量を守って飲めば問題ないとのこと。

「お酒は、100%体に悪いものではなく、適量であれば問題はありません。1日平均純アルコールで約20g程度が推奨されますが、ビール500ml、ワイン グラス2杯、日本酒1合くらいまでが望ましいです。アルコールやアルデヒドを分解する酵素の量が人により違うので、少量の飲酒で顔面紅潮を来す人や女性、65歳以上の高齢者においては、より少量の飲酒が適当です。逆に、1日平均純アルコールで約60gを超えると、健康被害が著しくなるので注意しましょう」(大西院長)

ビールがおいしい季節となったが、何事もほどほどが肝心ということだろう。

●専門家プロフィール:大西 勝也
大西内科ハートクリニック院長。専門である心不全治療を中心に、循環器系、呼吸器系などの病気の診察を行う。『「息切れ」を極める!: Dr.大西が教える心不全とCOPDの治療の法則』など、著書多数。

(酒井理恵)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

92

BAD

NICE

みんなの反応

238

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック