話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

なぜツラい二日酔いを経験してもまた飲み過ぎてしまうのか?

なぜツラい二日酔いを経験してもまた飲み過ぎてしまうのか?何かとストレスのかかる現代社会にあって、ついついお酒を飲み過ぎてしまう人は少なくない。だが、その報いとして、翌日にはツラ~い二日酔いが待ち構えている……。そんな事態はできるなら避けたいところである。そこで、「教えて!gooウォッチ」「二日酔いをふせぐ方法を教えて」と聞いてみたところ、こんな声が寄せられた。

■しっかり食べながら飲むこと


「…(前略)ソルマック。つまみをよく食べながら飲む。飲み終わったら水をいっぱい飲む(以下略)…」(狸小路3丁目さん)、「飲む前にウコンの力を飲むといいですね」(あーいちさん)、と水や生薬配合ドリンクなどを活用するという回答が見られた。

他方、「…(前略)つまみをちゃんと食べる(以下略)…」(yukkoさん)、としっかり食べながら飲むことを勧める人もいた。

さらに、「…(前略)蜆の味噌汁と大根おろしを…」(大国主命さん)、と二日酔い防止の具体的な料理名を挙げる回答もあった。

■酒の場で格好をつけたくて……


ところで、あのツラい二日酔いを一度味わえば「もう二度と飲み過ぎない」と学習しそうなものであるが、二日酔いの経験は一度や二度ではないという人は多そうである。辛い二日酔いを経験しても、なぜお酒を飲み過ぎてしまうのか。その理由について、心理カウンセラーの田中よしこさんに話を伺ってみた。

「特にお酒が好きなわけでもない、アルコール依存性でもない。それなのにお酒を飲むのが止められない場合、まず考えられる理由の一つ、それは“酒を飲む場”が好きだからではないでしょうか」

さらに田中さんはこう指摘する。

「後輩や同僚にお酒が強いところを見せたい。飲みニュケーションとして、円滑な人間関係のために飲む。『他人からどう思われるか』を気にし過ぎたり、『人間関係』を目的にしたりで、つい飲み過ぎる方が多いようです」

■本来の目的を見失わないこと


そして次に多い理由は、嫌なことを忘れたいなどの「現実逃避」のためだという。嫌なことを忘れようとして飲み始め、忘れた途端気分が良くなり、羽目を外して飲み過ぎる……というわけだ。

ではこのような飲み過ぎを回避できるのだろうか?

「自分のマックスの量をある程度把握し、二日酔いになる少し手前でコントロールするしかないですね。それにはまず自分の飲む本来の目的(円滑な人間関係、嫌なことを忘れるなど)をしっかり認識していないとコントロールするのは難しいでしょう」

酒は人生の潤滑油として飲むものであり、決して二日酔いになるために飲むものではない。そのことを肝に銘じ、翌日も平穏に過ごせるよう、ほどほどに楽しむのが一番である。自分への教訓も含めつつ……。

○プロフィール 田中 よしこ
カウンセラー・笑顔調律師/カウンセリングルーム「*Collet*」代表。海外勤務だった会社員時代、「欧米ではカウンセラーに悩みを話すのは 日常的なこと」に衝撃を受ける。2012年12月、気軽に行きたくなるようなカウンセリングルー ム*Collet*を設立。自身の経験をもとにしたアドバイスが分かりやすいと定評 で、20代~40代の女性を中心に県外からもクライエントが通っている。メディアでのコラムなども人気。


吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

22

BAD

NICE

みんなの反応

52

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック