話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

料理のまずい妻を改善したい

料理のまずい妻を改善したい最初から料理上手な女性は意外と少ないもの。実は料理下手な妻に悩んでいる男性も多いのでは?

まずい料理を作る専業主婦の妻を改善するには?

結婚して3年の相談者さんの悩みは、奥様の料理がまずいこと。「自分で一生作れば」と言われたり、泣かれるそうですが、改善するのは無理でしょうか?

■鍵は「愛情」と「興味」


料理が上手なdubiousさんは、「食べることに飽くなき探究心があるかどうか、また、食べてくれる相手に喜んで欲しいと思うか(中略)…料理が好きか」この3つのどれかに当てはまらないと、美味しい料理は作れないと語ります。

細かい作業が多く、手間ひまかかるのに、1日に3度も作る料理。「食べる人への愛情」か「料理への興味や探究心」がなければ、忙しい中やっていられませんよね。逆にどちらかをうまく刺激すれば、料理の腕の上達は期待できます。

■言い方に問題アリ!


まずは「食べる人への愛情」について考えましょう。料理がまずい場合、ストレートに「美味しくない」とか「自分のお母さんの方が美味しい」なんて言う男性、多くないですか?それではただ怒りを買うだけで、最初から諦める女性がほとんどですよ。

「女って結構単純な生き物なので、褒められないと伸びない分、褒められると恐ろしい程伸びていきますよ(笑)」(mitokiraさん)

そう、キーワードはとにかく「褒める」。

「いいところを見つけて褒めてあげましょう。悪いところには目をつぶりとにかく褒めて」(myuuraさん)

ただ味を褒めるだけでなく、

「今日も一日これで頑張れるよ」(myuuraさん)

「改善された時には『今日の凄い美味しいね!店出せるんじゃない?』」(mitokiraさん)

多少大げさでも、確実に女性の気分は上がります。

一つでも褒められれば、自然と「もっと美味しい料理を作りたい」と思うものですよ。

■食への興味が湧く4つの手段


そもそも食への興味がなければ、やる気や探究心も生まれません。まずは、

「一緒に作れば(中略)…まず褒める、その後に『こうしたら、もっと良くなる』とかポジティブな言い回しでアドバイス」(hijyousyudanさん)

和気あいあいとした雰囲気を心掛け、2人で料理を習慣にしてみては。

「良い料理店でお食事などされ、『舌を肥えさせる』」(Rafiさん)

お店選びは奥様の好きな料理を優先しましょう。

野崎洋光さんの料理本をお勧めするkobukobutaさんは、「初心者にもわかりやすく教えてくれているし、野崎先生の人柄がにじみでていて、私も頑張って美味しい料理を作ってみたい」と思うそう。好きな料理家を見つけるのも、1つの興味に繋がります。

料理教室を勧めるron1121さんは、「基礎の基礎から詳しく家庭料理を教えてくださいます。レシピ通り作るだけでなく、季節感、作る行程の大切さも学べます」

いずれも「食べながら褒める」のは必須ですよ!!


吹き出し この記事についてコメントしよう!

関連記事

この記事についてどう思う?

みんなの反応

1

BAD

NICE

みんなの反応

13

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック