話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

切れない包丁を手っ取り早く切れやすくする方法3連発!

切れない包丁を手っ取り早く切れやすくする方法3連発!包丁の切れ味が悪いが、砥石がない。そんなピンチに見舞われた。そんなときに思い出したのが「教えて!goo」で取り上げた「切れなくなったハサミを切れるように復活させる裏ワザ」である。早速、包丁の切れ味を復活させるべく、記事のハサミのメンテナンス方法を参考にしつついろいろ試してみた。

⬛手軽にできる包丁メンテナンス!

用意するものは、陶器の茶碗、アルミホイル、大根の首の部分、クレンザーである。まず、一つの目の方法は、陶器の茶碗を裏返して、底で包丁をこする、という方法だ。二つ目の方法は、アルミホイルを適当な長さにカットし、二つ折りにする。あとは紙を切るような要領で、アルミホイルを数回切る、という方法だ。三つ目の方法は、大根の首の部分にクレンザーをぬり、包丁の刃先に当てて剣先に向かうように上下させる、という方法である。この方法を行うと、汚れや錆びのある包丁につやが出て切れ味が良くなるのだ。
自宅にあるもので、お手軽にできる包丁メンテナンスの様子は、動画でチェック!


ニコニコ動画で見る→bit.ly/1Q6A6aU

⬛本格的に研ぐなら砥石を!

今回実践した方法は、あくまでも包丁が切れにくくなった時の応急処置であり、やはり、砥石は持っておいた方が良さそうである。研ぎ石がすぐには用意できない時などには非常に効果的なので、試してみてほしい。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

431

BAD

NICE

みんなの反応

1199

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック