教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

たけのこ、タケノコ、筍、竹の子。表記がたくさんあるけど、違いは?

たけのこ、タケノコ、筍、竹の子。表記がたくさんあるけど、違いは?4月に旬を迎えた「たけのこ」が好きな人も多いだろう。そんなみんなが大好きな「たけのこ」だが、あなたは表記の仕方に悩んだことはないだろうか。たとえばたけのこを文字変換する際、「たけのこ」「タケノコ」以外にも、「筍」「竹の子」がある。果たして、これらの表記はどう使うのが正解なのだろう……? ライターの筆者も、個人的にとても悩んでしまうため、今回はたけのこをどう表記するのが正しいのか。国語教育の専門家である、Lan-Lan教育研究所代表の越智由季子さんにご意見を伺ったのでご紹介したい。

■たけのこ、タケノコ表記の違いは?


まずは、「たけのこ」と「タケノコ」の表記の違いから。筆者が個人的に意識しているのは、漢字表記では硬い印象を持たれてしまうため、読みやすくするために、あえてかな表記を使うことが多い。たけのこの場合も、これが当てはまるだろうか?

「『たけのこ』に限らず、表記に使用する文字にはイメージがあります。ひらがなは柔らかい感じ、カタカナは軽い感じ、漢字は硬い感じを読む人に与えます。そのうえで、『たけのこ』についてお話いたします。まず、ひらがなの『たけのこ』、カタカナの『タケノコ』は、読者層が漢字では読めない場合にも使います。子どもが読む絵本などですね」(越智さん)

かな表記については、筆者が考えているイメージで、おおよそ問題はないようだ。では、ひらがなとカタカナの違いについてはどうだろうか?

「食材としてというより、植物の種(シュ)を意味する場合は、カタカナの『タケノコ』と書くのではないでしょうか? 動植物の学名は、学術的なものでカタカナ書きが一般的です。また、カタカナ書きには強調などの技法もありますので、文学作品などで意図的にカタカナで表記する場合もあります。上記の子供向け絵本など、柔らかさを出したい場合はひらがなも使うでしょう」(越智さん)

うーむ、なるほど。いずれにせよ表記の傾向、伝え方の問題であり、「こうしなければいけない」というのはないのかもしれない。

■竹の子、筍表記の違いは?


では、漢字変換の「筍」「竹の子」についてはどうだろうか? 

「次に、漢字表記ですが、『筍』は“旬”にタケカンムリですので、“旬の食材”にふさわしいネーミングですね。音読みでは『ジュン』『シュン』です。では、『竹の子』とどう違うか。食材になるものが『筍』なら、『竹の子』はまさに“竹の子ども(小さいもの)”であり、植物としての竹のほうに力点が置かれているように思われます。竹として成長することを前提としている、とでも言ったらいいでしょうか。ひと言でいえば、両者は『食べられるか食べられないか』『食材であるか否か』で使い分けることが多いようです」(越智さん)

なるほど、そうだったのか……! つまり、筍は食材として使うもの。対する竹の子は、食べることができなくなり、竹として成長するものと考えたらいいのかもしれない。

「私が使う場合、食材としてならやはり『筍』ですね。筍ご飯などとも使います。ただ、この字を読めない可能性がある人を対象とする場合は、文章の内容によって『タケノコ』『たけのこ』を使い分けるかもしれません。『竹の子』という表記は、かつての竹の子族を思わせることもあり、私はほとんど使いません」(越智さん)

■「笋=たけのこ」って知ってた?


ちなみに竹の子、筍以外に、もうひとつ漢字があるのだが、みなさんは知っているだろうか? 余談になるが、この漢字の由来についても越智さんが教えてくれたので、あわせて紹介したい。

「もうひとつ、たけのこには『笋』という字があり、これも『シュン』『ジュン』『たけのこ』『たけのかわ』と読みます。二十四孝という説話のなかに、孟宗という漢詩があります。『泪滴朔風寒 蕭々竹敷竿 須臾春笋出 天意報平安』この春笋が、筍のことです。もっとも『笋』は滅多にお目にかかることがない漢字ですよね」(越智さん)

最後になるが、たけのこ、タケノコ、竹の子、筍の表記について「特にこれが正解というものはないように思いました」と、越智さんは付け足す。とはいえ、使い方に迷ってしまったら、こんなポイントで判断の目安にしてみてはいかがだろうか。

「教えて!goo」では「野菜のひらがな表記とカナカナ表記」ということで野菜の表記に悩む相談者とそこに寄せられた回答を紹介中だ。

■専門家プロフィール:越智由季子さん

Lan-Lan教育研究所代表。大学在学中から、塾講師を始める。塾指導経験は、山田義塾、栄光学舎、ラサール進学教室、むさしゼミナール、早稲田アカデミーなど。厳しい中にも、愛情あふれる熱血指導には定評がある。現在、地元・浦和の進学塾で、小学生・中学生を指導中。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

18

BAD

NICE

みんなの反応

56

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて1!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック