話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【長谷川豊】確信した。恐らく5年以内に「保守改革政党」が野党第1党になる。

【長谷川豊】確信した。恐らく5年以内に「保守改革政党」が野党第1党になる。今回の都知事選を受けてやはり感じたことですが……

私、この間の参院選を受けて、別のコラムになるのですが
「5年後くらいにはおおさか維新が野党第1党になるのではないでしょうか」
と書かせていただいたんですね。今回、かなり「予想」ではなく「実感」を覚えました。
ええ。
私、上記予想、当たるとみます。恐らくですが今月、おおさか維新は党名を全国的に通用する名前に変更します。おそらく5年以内くらいをめどに、野党第1党になるのではないでしょうか。いや、正確に言えば、「保守改革政党」が野党第1党になると思います。

今回の都知事選、野党は4党が共闘しました。しかも、候補者は第一線で活躍していたジャーナリストであり、知名度は抜群でした。
それで、ここまでの大敗をしたのは……簡単です。

なんのビジョンも示せなかったからです。

今までの「野党」は「文句を言っていればよかった」存在でした。「与党の足を引っ張っていればそれで満足していた」存在でした。

もうね、こんな姿勢、誰も求めていないんですって。
そんな政党、誰でも支持しないんですって。

日本の文句を言って、レッテルを貼って、自分以外の意見の人に「ネトウヨ」「戦争支持者だ」とレッテル貼りをして悪口を言い、単に人の足を引っ張っている連中なんて……もう誰でも相手にしなくなるでしょう。

政治に必要なのは「ビジョンを示すこと」です。どんな日本にしていきたいのか。

日本のことを愛し、大切にしながら出来るだけ今まで通りの日本のシステムで行くのか(保守)
日本のことを愛するからこそ、今までの利権構造と戦って新しい日本にしていくのか(保守改革)

私はほぼその2択に絞られてくるように思えます。

今回の小池百合子さんは、完全に保守改革のど真ん中でした。選挙応援には名古屋の河村たかし市長が駆け付けましたし、河村市長はおおさか維新と連携を協議中です。
近い未来、日本に

「日本を愛するからこそ、古い利権体質を亡ぼそう」

という一大ムーブメントが起きる、そんな予感が漂う東京都知事選挙だったと思います。

長谷川豊 (Hasegawa Yutaka)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

224

BAD

NICE

みんなの反応

545

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック