話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

ネットニュース全盛 デジタル化の後に残る新聞の新たな”価値”

ネットニュース全盛 デジタル化の後に残る新聞の新たな”価値”元旦の新聞広告は各企業がこぞって力作を掲載するものだが、今年はどんな広告が印象に残っただろうか。だが、最近は紙の新聞を購読していないご家庭も増えてきたという。「教えて!goo」には「あなたは(あなたの家は)新聞を取っていますか?」という投稿があった。

ネットユーザーである教えて!goo読者の回答は「取っていない」が半数以上だろうと予測していたのだが…。

■活字離れといっても新聞は根強い人気!?


「取ってます。ネットのニュースも見ますが、どうしても興味のあるものだけに偏ったり、目に付くのは芸能ニュースが多いので、一通りの記事をざっと確認できる『新聞』という媒体は必要ですねー」(rabbit_9999さん)

「取ってます。主に親が読んでいて、私はネットでニュースなどを見てます」(居候ネコさん)

「我が家では時々、新聞の解約も考えています。最近、新聞を読む時間がすごく短くなりました。何故? ネットで先に知ってしまいますし、広告欄が多くなってしまい肝心の記事欄が少ない。(中略)近い将来新聞紙はなくなるのか? 少し不安では有りますが」(tibinaさん)

などなど、購読している人の方が多かった。しかし、新聞を読んでいても最近はスマホなどでネットニュースも読んでいて、解約も考えている人も。では、なぜ解約を考えているのに取り続けているのだろうか。理由を探ってみると…。

■購読を止められない理由とは?


「家内はデパートや近所のスーパーなどのチラシも毎日楽しみにしているようですよ」(yotani0425さん)

と、新聞そのものではなく折込チラシ目当ての人もいれば、

「猫のトイレ用に多数必要なので、購読分以外にも返品分を安く買っているくらいです。実際は『返品分を売ってもらうために購読もしている』と言ったほうが正しいのかも。記事はあまり読みません」(XR500さん)

「購読しています。新聞の記事を読むことが一番なのですが、二次使用ができるので便利です。大根を包んで冷蔵庫に入れるとか、梅雨時に洗濯物を部屋干ししている時に洗濯物の下に新聞紙を敷くとか」(belle-demainさん)

というように、ペットのトイレシートや野菜の包み紙など“家事に使える紙”として捉えている人もいるようだ。

まだまだ新聞の人気は根強いようだが、それは新聞そのものだけでなく“折込チラシ宅配”や“紙の宅配”としての価値もあるようだ。このような人がある程度いれば、紙の新聞がなくなることはないだろう。


花守深雪 (Hanamori Miyuki)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

関連記事

この記事についてどう思う?

みんなの反応

0

BAD

NICE

みんなの反応

12

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック