話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

不倫の慰謝料請求の裁判。不倫した相手の女性にはどんな質問がされるの?

不倫の慰謝料請求の裁判。不倫した相手の女性にはどんな質問がされるの?不倫は道徳的に許されない行為であることは、皆さんも重々ご承知だと思う。しかし、それを知っていながら、既婚者の相手と関係を持ってしまったり、相手に惚れてしまう話はよく耳にする。もしかしたら、その原因は不倫が慰謝料請求されてもおかしくない不法行為である認識が薄いからかもしれない。

「教えて!goo」「不倫の慰謝料請求の裁判って、不倫した相手の女にはどんな質問などがされるんでしょうか?」と意見が寄せられていたが、もし相手の伴侶から慰謝料請求されたとして、裁判ではどんなことが聞かれるのだろうか? 専門家の回答を含めてご紹介したい。

■相手と知り合った経緯、不倫関係に至ったきっかけ……


裁判と聞くと大ごとであり、一体どんなことが聞かれるのか、筆者も容易に想像ができない。まずは、一般ユーザーが寄せてくれた回答を参考にしてみたい。

「相手方配偶者といつ頃、どこでどういう様にして知り合ったのか。そして、どの様な経緯で不倫の関係に至ったのか。相手は配偶者があるのをいつ知ったのか。その際の気持ち。不倫に関してどの様に思っているのか。不倫を継続したいのかどうか。不倫相手の配偶者にどの様に思っているのか。等々です。男性にも同じ様なことを聞きます。大筋変わりません」(中年紳士さん)

言われてみればそうかもしれない。知り合った経緯、不倫に至ったきっかけ――。「不倫はいけないことだ」とみなが知っている事実だけに、重要なポイントになりそうだ。

また、相手が既婚者であることをいつ知ったのか、その時の気持ち。これも把握することで、ふたりの関係性がよりハッキリしそうである。

■不倫をした側の罪は大きい


別のユーザーからも同じ項目を挙げる意見が寄せられていた。なかには慰謝料、相手の伴侶の責任問題についても挙げられていたので、合わせて目を通しておきたい。

「慰謝料ですが、離婚する場合としない場合ではかなりの差がでてきます。裁判となった場合、相当な証拠を提出しても5年間ではいいところ2人合わせて500~600万円程度になるかと考えられます」(jasdf-0110さん)

「よく巷では、不貞行為をされた側にも責任があると言われますが、裁判ではそのような内容はなかなか通用しません。責任が認められる可能性があるのは、不貞行為が始まる以前から複数年間の『性生活』が無い状態であることが最低条件になってきます。その理由も、病中病後で相手側が身体的に不可能であった場合等は除かれます。また、同居はしているが既に夫婦としては『破綻』している状況があれば『婚姻破綻』ということも少ないですが認められる可能性もあります」(jasdf-0110さん)

繰り返しになるが、不倫は不法行為である。相手の伴侶から損害賠償請求をされてもおかしくない行為であり、法的にも不倫をした側のほうが、責任が重いのは言うまでもないだろう。

■弁護士が回答。裁判で聞かれることは?


ちなみに、専門家によるアンサーはどうだろうか? 裁判で聞かれることについて、弁護士が回答を寄せてくれているので、最後にご紹介したい。

「相手に対する質問内容ですが、何を争っているのかによります。独身だと思っていた。離婚間近だと思っていたなど、相手の女性がどういう弁解をするかによって、その弁解を崩すための質問を考えます。男についても同様です」(専門家プロファイル_鬼沢健士さん)

なるほど、当然といえば当然だが、相手が主張している内容によって、質問されることも変わってくるということのようだ。

相手が結婚している身でありながら関係を迫ることは、相手の家族を崩壊してしまいかねず、相手を不幸にし、自分も幸せになれない。

「こうして裁判になる可能性があるんだ」と胸に刻み込みながら、不倫をする行為についていま一度考えたいものである。

この記事についてどう思う?

みんなの反応

147

BAD

NICE

みんなの反応

402

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック