話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

眼科医に聞いた老眼対策~誰でもなる?発症時期は?~

眼科医に聞いた老眼対策~誰でもなる?発症時期は?~誰にでも訪れる老化。特に症状が現れやすいのが眼であるが、老眼で悩んでいる人も多いのでは? 「教えて!goo」にも「老眼って誰でもなるんですか?」という質問が投稿されていた。そこで今回は眼科医に、老眼は誰でもなるものなのかどうか、発症は何歳ぐらいなのか、はたまたブルーベリーの効果などについて聞いてみることにした。

■誰でも症状は出る


お話を伺ったのは、大森海岸やまもと眼科内科の山本央子院長。

「老眼は、一般的には調節力の下がる40代後半からと言われています。早い方だと40代になって急にということも」(山本院長)

筆者の数少ない自慢の一つは、昔から視力がよく、裸眼で生活していることである。老眼とは無縁だと信じているのだが、誰でも老眼の症状は現れるものなのか?

「どなたでも症状は出ます。しかし、自覚的な症状なので、ご本人が全く感じないというケースもございます。老眼を治すのは難しいのですが、症状に合わせて対策をとることは出来ます」(山本院長)

そういえば、年々視力検査の結果が低下しているような……。では、どのような対策を講じればよいのだろう?

■ブルーベリーは効果がある?


「近くを見る能力の低下が俗に言う老眼症状です。近見作業の多い現代人は遠方を見る機会が少なく、これが眼の緊張状態に繋がるとも言われています。そのため、眼をなるべくリラックスさせ、余計な調節力を使わずに済む環境作りを心掛けるとよいでしょう。例えば、パソコンに20分向かったらほんの1~2分でも遠方を見る様にしたり、お休みの日にはなるべく遠くの景色を見る様にしたり、などです」(山本院長)

スマートフォンを一日中ずっと触っているという人は、たまに休憩を挟んで遠くを見るようにしよう。また、眼にはブルーベリーがよいとよく言われ、サプリメントなども販売されているが、効果にはあくまで個人差があるとのこと。

「老眼に対しての効果の程はグレーゾーンです。効果を実感する方とそうでない方がわかれると思います。医学的にはサプリはあくまで補助食品ですので、老眼が治るとは言えません。しかし、サプリ摂取は決してマイナスにはなりませんし、体内で作らないビタミン(例えばルテインなどの物質)が含まれるモノであれば加齢黄斑変性の予防に効果があるという報告がございます」(山本院長)

なお、加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせいしょう)は、加齢により眼の中心部に障害が生じ、失明の原因にもなりうる病気だ。

老眼は一度始まったら治すのは難しいが、症状の進行を早めるか遅らせるかはあなたの対策次第。若いうちから気をつけよう。

●専門家プロフィール:山本 央子
大森海岸やまもと眼科内科院長。日本眼科学会認定眼科専門医、医学博士。昭和大学臨床眼科大学院卒業後、昭和大学藤が丘病院助教、菊川眼科副院長などを経て、平成27年に大森海岸やまもと眼科内科を開院。所属団体は日本眼科学会、日本角膜学会、日本眼内レンズ屈折手術学会。

(酒井理恵)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

96

BAD

NICE

みんなの反応

290

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

このQ&Aを見た人はこちらのQ&Aも見ています

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック