NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

認知症の方の交通事故は誰が責任を負うのか弁護士に聞いてみた

認知症の方の交通事故は誰が責任を負うのか弁護士に聞いてみた認知症患者による交通事故の報道が後を絶たない。クルマの運転だけでなく徘徊などでも、悲惨な事故につながるケースが多いようだ。そんな認知症患者を家族に持つ悩みからか、「教えて!goo」では「認知症患者の運転および事故時の保険の適応、家族の責任について」と題して質問が寄せられている。

■まずクルマの運転をやめさせること


質問者は、認知症の母が交通事故を起こした場合、「家族は責任を問われるのか」と聞いている。

「重大な不法行為を起こすことを予見できて、それを防ぐ努力ができるのに漫然と放置していた場合には、責任を追及される可能性があります。家族が刑事責任を問われる可能性は低いですが、損害賠償請求される可能性はありますね。(…中略)絶対に運転を止めさせて下さい」(poponponpoさん)

「保険会社の約款により異なるのかも知れませんが、前提として保険は下りるのだろうと思われます。ですが、保険の適応、適応外に限らず運転を止めさせてください」(hibikorekoujituさん)

回答では、法的責任以前に、車の運転をやめさせるようにというアドバイスが多かった。

■家族の監督責任が重要視される


認知症患者が交通事故を起こした場合に、誰が責任を負うか、認知症ではない人とどういう違いが出るのか、交通事故裁判に詳しい星野宏明弁護士にお話を伺った。

「まず、認知症でない人の場合、当然ですが行為をした本人が不法行為責任を負います。もしも金銭的な賠償が困難な状態(無資力)であった場合、配偶者や親族、同居人などが代わりに責任を負わされることはありません」

交通事故では、刑事責任に加え民事上の賠償責任も問われることがある。認知症でない人の場合、刑事責任はその行為をした本人が負う。ただし民事上の賠償責任について、本人に支払能力がなければ、賠償はされず家族などに代わりの賠償を求めることもできないとのこと。

「認知症の方が交通事故を起こした場合、民事上の責任については無能力者であると判断される可能性が高いでしょう。では誰がその責任を負うかというと、その方を監督する義務のある方が、もしも監督義務を怠っていたと認められた場合、代わりに損害賠償責任を負うことになります。ちなみに監督義務があるとみなされるのは、配偶者や親族、同居人のほか、入居する介護施設の運営者なども該当する場合があります」

認知症患者が交通事故の加害者になってしまった場合、本人に責任能力がないと判断され、家族などが事故の賠償責任を負うことになるケースが多いようだ。もちろん賠償の有無にかかわらず、時に取り返しのつかない被害を引き起こしてしまいがちなのが交通事故。家族や周囲がじゅうぶんに注意して、加害者になってしまうことを未然に防ぐ手立てをとること。また、そのような努力を社会全体で支えていける仕組みが何よりも大事なのはいうまでもない。

(与太郎)

相談LINE (Soudan LINE)

この記事についてどう思う?

みんなの反応

10

BAD

NICE

みんなの反応

35

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック