話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

部屋の片付けもメールの返信もしたくない!これって病気?それともただの怠け者?

部屋の片付けもメールの返信もしたくない!これって病気?それともただの怠け者?やることはあるのに、いざそれができる状態になるとダラダラしてしまう。そんな状況に心当たりのある人はいないだろうか? たとえば買い物に行くとか、遊びに出掛けるとか。というのも、「教えて!goo」「これって病気??ただのぐうたら??」 と、真剣に悩みを寄せる声を発見したからだ。部屋を片付けるのが面倒くさい、メールも全然返していないという相談者さん。本人いわく身体の異常はなく、メンタルな疾患には該当しないとのこと。その前提で話を進めるとして、どうすればぐうたらを解決できるだろうか? 考えてみたい。

■やる気が起きるまで何もしない


寄せられた回答を覗いてみると、まず「やることがあるほど、ぐうたらになってしまうのでは?」と、指摘する意見に目が行った。

「予定がひとつ後日にあるだけで、それが終わるまではな~んにも出来ません(中略)まずは、予定とかを何も入れずに、なんにもないっていう状況を作る。すると、ある日突然やる気になる!部屋が片付くと、外に出ようという気になるので、友だちとも会える!『病的』ではあるけど、病気ではないと自分では思っておりますが」(mujinkunさん)

疲れが溜まっている時は、夕飯のおかずを買いに出かけるのでさえ、億劫になってしまうものだ。疲れた体をゆっくりと休ませて、「何かしたい」と思うまでダラダラと過ごすのも悪くない選択だと、筆者も思う。

■人と会う約束を作る


その状況がイヤなら、ムリやり約束を作ってしまって、状況を打破する手もあるかもしれない。

「私の場合は、誰かを家に呼ぶってとき、その直前に猛烈に“カタヅケ魂”が湧き上がり、一晩で部屋中がきれいになっちゃったなんてことが、何回もおきてました。で、そのたびに自分ってまだまだ大丈夫かも……って思ったものです。もし自分のダメダメ度チェックをなさりたいなら、友達を家に呼ぶと約束してしまったらどうでしょうか」(nOsさん)

たとえば恋人、友人など、部屋に人を呼ぶ約束を作ってしまえば、否応でも片付けなければならない。オシャレもするだろうし、気持ちもシャキッとするだろう。ただし、気心知れた友人だと、「汚いままでも……」と思ってしまうため、まだ部屋に一度も上げたことない人がオススメかもしれない。

「私は、たまたま、趣味関係で仲間ができ、忙しくなってきたらなんとなくぐ~たら感もとれました。(中略)太陽の光を浴びることは、思った以上に、人間に元気をあたえてくれます。ぶらぶら散歩したり、とりあえず部屋に光を入れてみては?」(mirumiru34さん)

やはり遊び仲間を作ることは、大事なポイントになるようだ。ほかにも、特に意味もなく太陽の下を散歩することを提案する意見も見られた。

■簡単なことから行動してみる


専門家のアドバイスはいかがだろうか? 心理カウンセラーの丸本敏久さんが回答を寄せてくれているのでご紹介したい。

「自分の生活パターンを理解して、そのうえでどうすれば良いかを考える必要があります。今できない事に対して100%を目指しても実行できていないなら、まず手始めに10%だけでも実行することを習慣つけてはいかがですか?高い目標を置くのではなく、すぐに出来る簡単な目標から少しずつレベルを上げていく方が、あなたにはあっているのではないでしょうか? 誰でも日常的にそんなことは、良く起こることかもしれませんが、あなたの一番動ける方法を探すことが大切かもしれません」(丸本敏久さん)

なるほど。散らかっている部屋を全部片づけるとなると大仕事だ。たとえば「ソファーの上だけ片付けよう」と決めて行動できると、次の片付けにも意欲的になれるかもしれない。

相談者さんに共感する人は少なくないだろう。誰しもが抱えがちなこの悩み――。あなたならどうやって解決するだろうか?

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

105

BAD

NICE

みんなの反応

258

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック