女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

9/14公開『プーと大人になった僕』を予習しておこう!

9/14公開『プーと大人になった僕』を予習しておこう!『プーと大人になった僕』が、いよいよロードショーとなる。ディズニーアニメーションなどで知られるキャラクター「くまのプーさん」を実写化した映画ということで、楽しみにしている人も多いだろう。ところで、プーさんは日本でも人気のキャラクターだが、他の登場キャラクターを知らない人は意外と多いのではないだろうか。そこで今回は、本作で宣伝広報を担当する株式会社フラッグの熊谷祥明さんに、映画のストーリーとあわせてキャラクターの紹介、そしてプーさんに関する小ネタも教えてもらった。




■ストーリー


早速、『プーと大人になった僕』のストーリーについて聞いてみた。

「少年クリストファー・ロビンが、“100エーカーの森”に住む親友のプーや仲間たちと別れてから長い年月が経ちました。大人になったクリストファー・ロビンは、妻のイヴリンと娘のマデリンと共に大都会ロンドンで暮らしており、仕事中心の忙しい毎日を送っています。ある日クリスファー・ロビンは、家族と過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されそちらを優先してしまいます。会社から託された難題と、家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、かつての親友プーと奇跡の再会を果たすのです」(熊谷さん)
9/14公開『プーと大人になった僕』を予習しておこう!
今回、クリストファー・ロビンを演じるのはユアン・マクレガーということで、期待が高まる。

「プーに『森の仲間たちが見つからない、一緒に探してほしいんだ』と頼まれたクリストファー・ロビンは、仕方なく子どもの頃プーたちと過ごした“100エーカーの森”へ行くことに。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨー、カンガとルーの親子ら、仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出します。『仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?』と、問いかけるプーたち。急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、森に会議に必要な書類を忘れてしまいます。その忘れものに気づいたプーと仲間たちは、マデリンの助けを借り、親友のため、初めて“100エーカーの森”を飛び出しロンドンへと向かうのです。クリストファー・ロビンが忘れてしまった、本当に『大切なモノ』を届けるために」(熊谷さん)
9/14公開『プーと大人になった僕』を予習しておこう!
プーさんではおなじみのキャラクターが、ロンドンでどんな活躍をするのか、楽しみである。

■キャラクター紹介


今回、映画に登場するキャラクターについて紹介してもらったので、映画を見る前にぜひ確認しておいてほしい。

<ロンドンの住人>
「クリストファー・ロビン Christopher Robin」:主人公。少年時代に、サセックスのハートフィールドにある“100エーカーの森”でプーたちと過ごす。現在は、ロンドンにあるウィンズロウ商事のかばん部門で働いている
「イヴリン Evelyn」:クリストファー・ロビンの妻
「マデリン Madeline Robin」:クリストファー・ロビンとイヴリンの娘

<100エーカーの森の住人>
「プー Pooh」:いつもハチミツのことばかり考えているクリストファー・ロビンの親友
「ピグレット Piglet」:プーのことが大好きな、心優しいがとても臆病なコブタ
「ティガー Tigger」:お調子者で、いつも陽気な飛び跳ねる事が大好きなトラ
「イーヨー Eeyore」:シッポをよく失くす、おっとりしたお人好しのロバ
「カンガ Kanga」:ルーのお母さんで、森のみんなを見守る優しいカンガルー
「ルー Roo」:カンガの子で、やんちゃな頑張り屋さん
「ラビット Rabbit」:森で一番の働き者だが、頑固で怒りっぽいウサギ
「オウル Wol」:森で一番の物知りとされているが、勘違いや間違いも多いお話し好きのフクロウ
「ズオウ Heffalump」:ティガーが勝手にいると思い込んでいる、おそろしい想像上の生き物
「ヒイタチ Woozle」:イタチに似ていて、100エーカーの森の仲間たちが恐れる空想上の怪物

プーさんではおなじみのキャラクターが総出演し、大人になったクリストファー・ロビンとのやり取りも楽しみだ。
9/14公開『プーと大人になった僕』を予習しておこう!

■100エーカーの森のモデルとなった森とは


最後に、小ネタを紹介してもらった。

「ディズニーアニメーションで知られるこの物語の起源は、1924年にA・A・ミルンが発表した『クリストファー・ロビンのうた』という詩集に、クリストファー・ロビンとプーが登場した頃にさかのぼります。本作の冒頭で目にすることができるミルンの短編集に描かれていたプーたちの絵は、挿絵画家E・H・シェパードが描いたもので、オリジナル版の水彩画は今もニューヨーク公立図書館に所蔵されています」(熊谷さん)

ニューヨークの公立図書館に所蔵されているとは。ファンであれば、ぜひ一度見ておきたい。

「この作品の舞台の一つである“100エーカーの森”のベースとなった森が実際にあります。イギリスにある、アッシュダウン・フォレストと呼ばれる森にある“500エーカーの森”です。『クマのプーさん』の舞台となったこの森には、今もなお、『クマのプーさん』のストーリーに登場するエリアを歩き回ろうと、毎年何万人ものツーリストたちが訪れており、本作で実際にロケ地としても使用されました。この撮影では100エーカーの森の仲間たちを撮影するために、実際にぬいぐるみの動物たちを作り、出演者とリアルに触れ合えるように利用されました」(熊谷さん)

500エーカーの森というものが実際に存在するとは驚きだ……。

映画『プーと大人になった僕』の作品の魅力が十分伝わったことだろう。オリジナルのストーリーを忘れてしまった人は思い出しつつ、多くの人にプーさんやクリストファー・ロビンに会いに、映画館に足を運んでもらいたい。

●専門家プロフィール:熊谷 祥明(くまがい よしあき)
株式会社フラッグ PRプロモーション部 Webパブリシスト。

この記事についてどう思う?

みんなの反応

17

BAD

NICE

みんなの反応

79

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック