4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

歌手が目指す武道館が狭き門である本当の理由

歌手が目指す武道館が狭き門である本当の理由街を歩いていると、どこからともなく聞こえてくるのは、今どきのアップテンポでノリのいい曲。それを聴いていると「洋楽のロック歌手たちの影響かな」と感じることがある。では実際、皆はどんな洋楽の歌手の曲を聴いているのか、「おしトピ by 教えて!goo」で聞いて見たところ、こんな声が寄せられた。

「好きな洋楽のロックバンドとその魅力を教えて」

■ロックの大御所たちがズラリ

「ボン・ジョヴィ…ノリが良い」(青梵天さん)、「ディープ・パープル…(前略)なによりも曲がカッコいい」(10mokunさん)、とロックのリズム感や楽曲の良さを挙げる回答が見られた。

他方、「エアロスミス…なんといっても、あのスティーヴン・タイラーのしわがれた声とあのキャラの濃い顔(以下略)…」(Mithraさん)、とリードボーカルの声質やキャラを評価する人も。

さらに、「ビートルズ…何といっても多くの人に今までとは違う音楽を教えてくれたメンバー(以下略)…」(狸小路3丁目さん)、と45年も前に解散したロックバンドの名前も出た。

時代を超えて、ロックの大御所たちが今も若い人たちに影響を与えているわけだ。

■ビートルズが武道館を変えた!

さて、そうした好きな歌手の歌を生(なま)で聴きたければ、彼らのライブ会場に足を運ぶことになるが、日本で有名な音楽ライブの施設といえば、昔も今も「日本武道館」だ。だが、名前の通りもともと音楽ライブではなく、武道の大会を行う施設である。それがなぜ「世界のロックの殿堂」とまで言われるようになり、日本や世界の歌手たちがこぞってライブをやるようになったのだろうか。

日本武道館事務局に聞いてみた。

「ビートルズが初めて日本武道館で音楽ライブをやったことからそのようになったのだと思われます」

1966年6月29日、世界的人気のロックグループのビートルズが来日。日本武道館で計5回のライブを行ったのだ。当時は「伝統的武道のためという趣旨に反する」という声もあり、かなり物議を醸したが、ビートルズが実績を残したことで、その後も次々と大物歌手が使用。結果として、一度は使ってみたいあこがれの音楽施設としてのステータスが確立していった。

■歌手が目指す武道館が狭き門の理由

ちなみに、同事務局の説明によると、収容人数は最大で1万2000名、片側ステージのみの使用では6000〜9000名くらいとなり、東京ドームの5万5000名と比べかなり少ない。しかも、年間スケジュールがタイトで、春は学校の入学式など、夏は武道の大会が目白目押し、秋になっても武道の大会が半数以上を占めるという。比較的音楽ライブがしやすいのは冬時期で、年末に開催されることが多いそうだ。

音楽ライブに使うにはそうした事情もあって狭き門というわけ。それでもなお、「日本武道館でやりたい」という歌手が今も後を絶たない。その一例として昨年、ビートルズの元メンバーの一人、ポール・マッカートニーが48年ぶりに日本武道館でライブを行おうとしたことは記憶に新しい(体調不良で幻の公演となってしまったが)。ポールさんのおかげで日本武道館の音楽施設としての注目度はさらに高まったといえよう。そして今日も武道館では夢を掴んだ歌手のライブが行われているのだ。

○参考文献:週刊昭和 16号「昭和41年 ビートルズ来日」(朝日新聞出版)


吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

22

BAD

NICE

みんなの反応

42

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて1!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック