ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

子どもを平等に愛せないのはなぜ?

子どもを平等に愛せないのはなぜ?きょうだいのいる環境で育った場合、「お姉ちゃんの方が愛されている」「いつも弟ばかり可愛がられていてズルイ」と感じた経験を持つ人は少なくないはずだ。大人になるにつれ、自分の考え過ぎだったと理解するようになると思うが、どうやら思い過ごしではない場合もあるようで……。「教えて!goo」には「子ども達を平等に愛せないのは仕方のないこと?」と、親の切実な悩みが投稿されている。賛同する回答は得られなかったようだが、これは致し方ないことなのだろうか?

■大切に思っているからこそ、悩む


ベビーシッターで個別訪問型保育研究家の参納初夏さんは、

「親子とはいえ、人間同士です。平等に愛すること自体、とても難しいことだと思います」

と理解を示す。

「0歳の弟の方が、イヤイヤ期のお兄ちゃんよりかわいい、と思うこともあるでしょう。忙しいときに、お手伝いをしないお姉ちゃんより、お手伝いしてくれる弟のほうがかわいいと思うこともあるでしょう。子どもの年齢、性別、シチュエーション、自分の精神状態などが、人の好き嫌いに関係してきます。多くの方が、『嫌い』という感情を特定のわが子に抱いてしまい、平等に愛せない、と悩まれているのではないかと思います」(参納さん)

我が子を「嫌い」なんてなかなか他人には言えないだけで、人知れず悩んでいる人も多いというのだ。

「平等に愛せない、そう悩んでいる時点で、どちらも大切に思っている証拠ではないでしょうか? まず、一生懸命に子どものことを考えている自分を認め、褒めてあげてほしいと思います」(参納さん)

■子どもひとり一人と過ごす時間を設けよう


確かに、本当に嫌いだったらそこまで悩まないのかもしれない。しかし、少しでも「嫌い」という感情が伝わってしまったら、苦しむのは子ども。そうならないためには、どうしたら良いのだろうか?

「子ども一人ずつと過ごす時間を持ってみてください。二人目を出産された後、上の子と過ごすために、ベビーシッターを利用される方がいらっしゃいます。これをすることで、上の子は、突然現れたライバルがいても、パパやママが自分だけをみていてくれる時間があることで、心が安定し、赤ちゃんがえりがひどくならずにすんだそうです」(参納さん)

子どもがワガママを言うのは、もっと愛して欲しいから。どの子も、自分を一番愛して欲しい、と心の底で思っているのだという。

「その子だけと過ごす時間を持ち、『あなたがいてくれるだけで幸せよ』そんなメッセージを伝えられると素敵だな、と思います。そのメッセージを受け取った子どもは、日々、いろいろなことにチャレンジする勇気、パワーを受け取ることでしょう」(参納さん)

子どもを愛せないと感じるのは、親の精神状態が不安定なことが原因である場合も。子ども一人ずつとゆっくり過ごす時間が持てれば、子どもだけでなく、親の心も安定してくるはずだ。夫やおじいちゃん・おばあちゃん、ベビーシッターなど、周りに頼れる人がいれば積極的に頼ってみて欲しい。

●専門家プロフィール:参納 初夏
ベビーシッター・個別訪問型保育研究家。株式会社ファーストウォーク、ベビーシッターを考える会代表。大学で障害児教育を学んだ後、さまざまな保育現場を経験。ベビーシッターとして活躍しながら、後進の育成にも力を入れる。最近では、ヒューマンアカデミー株式会社の「ベビーシッター講座」の教材監修も行う。

(酒井理恵)

この記事についてどう思う?

みんなの反応

112

BAD

NICE

みんなの反応

328

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック