話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

仕事は結果がすべてなのか!?

仕事は結果がすべてなのか!?よく仕事において結果がすべてだというが、それまでの過程はどうでもいいのだろうか。「教えて!goo」「仕事は結果が全て」という質問を発見。この質問に社会人の方々からいろんな意見が寄せられていたので早速見てみよう。

■仕事は過程も大事!


「一番いいのが『結果を出し、さらに過程もいい』だから。そもそも過程が悪いが結果がいいというのはどういう状況ですかね。途中でミスを繰り返したがなんとか最後に辻褄合わせたということ? それならもちろん途中のミスがなければもっと利益があがってたはずでしょう」(turborangerさん)

「毎回直前になって仕事をぎりぎりクリアするような危ない橋を渡ってるような人は、たとえそれまでは何とかなっても今後危ういとか、危機管理がなってないならば仕事は任せたくないでしょう。だったら、全く成果が出ないのは問題だが、7割のパフォーマンスでも地に足の着いた活動で成果が出せる人の方がいいかもしれませんからね」(larme001さん)

というように、過程も大事だという意見が多かった。確かに、結果がよくても後味が悪いこともあるだろう。数学でも同じ答えを出すのにスマートな解答とそうでない解答があるという。人により良い印象を持ってもらうには、スマートな過程を見せられるかどうかも仕事の上では大事なのだ。

では次に、過程を大事にしないとどうなるのだろうか。

■過程を大事にしないと社内で浮く可能性も


「会社は腕のよい仕事人の寄せ集めではいけないんです。そういうプロセスを踏まずに自分流儀で仕事をする人は、一匹狼であり、結果が出せても会社は(まともな会社なら)歓迎しません。会社は組織的に(システマチックに)仕事をするところであり、(結果が出せる)プロセスを用意しておいて、それに従えば(それなりの腕と技術があれば)誰でも結果が出せるようにするのです」(isoworldさん)

「結果が全てとは限りません。周りの方との協調性も大事です。仕事で成果を出すのは大事ですが、会社はグループですので。全体の環境に合わせるのも必要と思いますが?」(白水2015さん)

特に社員の方々の場合、過程(やり方)を無視して結果だけを追い求めると社内で軋轢を生じさせてしまい、結果は出せても社内で評価が下がってしまうこともあり得るとのことだった。そのように自立心旺盛で自分のスタイルで仕事をしたい人は独立すればいいだろう。しかし、独立したところで取引先やお客様とのいい関係をキープするには過程も大事にせざるをえないだろう。やはり仕事は過程も大事、というより過程の方が大事なのかもしれない。

花守深雪 (Hanamori Miyuki)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

関連記事

この記事についてどう思う?

みんなの反応

6

BAD

NICE

みんなの反応

30

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

このコラムのQ&A

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック