里崎智也さんからビデオメッセージがもらえる

加給年金

の検索結果 (123件)

年の差夫婦ほどお得!?加給年金って何?

厚生年金に加入した人が、65歳から受給する年金のことを老齢厚生年金という。老齢厚生年金には、一定の要件を満たすことで金額が加算される「加給年金」という制度があることをご存じだろうか? 特に、年齢差が大きい夫婦の場合は是非ともチェックしておきたい加給年金。受給条件について、専門家に聞いてみた。■まずは加給

専門家

個人事業主が加入する年金を教えてください。

会社勤めを辞めてフリーランスになると、サラリーマン時代よりも、社会保険制度を理解する必要に迫られます。教えて!gooには年金に関するこんな質問が寄せられました。「個人事業主の年金の待遇について」質問者は、個人事業主(フリーランス)として働くことになり、年金について調べています。サラリーマン時代は、厚生年金保険料を支払っていたのに対し

コネタ

夫婦共働き、夫の定年後も妻は仕事を続けた方がお得なのか?

日本は今後、未曾有の超高齢化社会に突入することが避けられそうにない。平均寿命も長くなっている。今の若い人の多くが定年後、悠々自適な第二の人生をスタートさせるというのは幻想になる可能性が高い。夫の定年後も年下の妻が仕事を続けるといったケースは珍しくないが、公的年金や健康保険など

専門家

加入者103万人突破!話題の個人型確定拠出年金(iDeCo)とは

毎月の給与明細を見て年金の掛け金が「高いなぁ」と思う人はいないだろうか。それでも老後、十分に暮らしていけるのか心配な人も多いはずだ。そんな不安が高まる中、個人でも老後の生活資金を確保しようとする人が増えてきている。いろいろな手法があるが、最近注目されているものの一つに「個人型確定拠出年金(以下iDeCo

専門家

バツイチ男性との再婚で知っておきたい年金分割・退職金分割

近年、結婚しない男女の増加が社会問題化しているが、離婚するカップルも増えているようだ。厚生労働省が今年9月に発表した「平成27年 人口動態統計の概況」によれば離婚率は35%以上にも及んでいる。反面、その後の再婚率は意外に高く、女性は約60%、男性は約70%の割合で再婚に至っている

専門家

【今さら聞けない】確定拠出年金のイロハを税理士に聞いてみた【前編】

厚労省の統計によれば、男性の平均寿命はとうとう80歳を超え、女性に至っては87歳と、もう90歳の大台が見えている。長寿は医療技術の進歩や生活水準の安定の証左であり、喜ばしいものではあるが、その反面お金の心配はますます増すばかりである。60歳で定年退職したとしても、20年以上の生活費を工面し

専門家

【今さら聞けない】確定拠出年金のイロハを税理士に聞いてみた【後編】

前編では、確定拠出年金という老後の蓄えを準備する一手段があることをご紹介した。その後半で、専門家から最近では企業単位で確定拠出年金の導入を進めていることが多いという話があった。「教えて!goo」に寄せられた「確定拠出年金について教えてください」という質問を通して、その実態を見ていこ

専門家

老後費用として必要な貯蓄額はどれくらい?

歳を重ねるたびに、気がかりになるのが老後の生活…。老後に必要な資金として、どれくらいの貯蓄を用意すれば安定した生活が送れるのでしょうか。教えて!gooには、老後費用に関するこんな質問が寄せられています。「老後費用はどのぐらい貯金すればいいのでしょうか?」相談者は、老後費用として必要な貯金が夫婦で3000万円と聞い

コネタ

扶養から外れて働く妻…目指すべき年収はどれくらい?

子育てが一段落した後、仕事を始める主婦が増えているようです。夫の扶養を外れて働く場合、どのくらいの収入を得れば家計にプラスになるのか…考えてしまいますよね。教えて!gooには、こんな質問が寄せられています。「扶養から外れて働くので得なのは?」相談者は、2人の子どもを持つ専業主婦。下の子ども

コネタ

40代50代で離婚した女性の老後資金を貯める方法

年々40代50代の離婚率は高くなっており、50代で離婚する人の割合はここ10年で急増したとも言われている。「教えて!goo」では「40代50代で離婚した女性の老後資金はいくら?」という記事を配信した。シングル女性に必要な老後資金はなんと5600万円。家一軒買えてしまう額だ。女性一人で本当に

専門家

Q&A検索履歴